THE BLUE HEARTSのデビュー作『THE
BLUE HEARTS』はリスナーの人生を変
えてしまうような力を持ったアルバム

世界を変えるような音楽は多分ないが、聴く人の世界観や価値観を変えてくれる音楽は確実に存在する。このアルバム『THE BLUE HEARTS』もそのひとつだ。リリース以来、多くのリスナーに勇気を与え、その背中を押してきたに違いない。日本のロックの金字塔。名盤中の名盤である。

 本稿作成にあたってネットをあれこれ調べていたら、メジャーデビューシングル「リンダリンダ」のチャートリアクションがオリコン最高38位だったと初めて知り、筆者の感覚としてはもっと街にあふれていたような印象があったので、かなり意外だった。それほどTHE BLUE HEARTSがシーンに現れた時──当時はそれをはっきりと言葉にはできなかったけれど、今になって思うに──それまで自分の中で常識だと思っていたことが、音を立てて崩れていくような感覚を得たことはよく覚えている。1987年、東京都内某私鉄沿線の学生街。今はほとんど見なくなったが、学生街には1ゲーム50円のゲームセンターが必ずあり、筆者もご多分に漏れずよくゲーセンで遊んでいた。この10年も前なら不良の溜まり場にもなっていただろうゲーセンだが、当時はそんなことはまったくなく、すでにオタク化したゲーマーも少なくなかったと思うし、当然高校生も多かった。ある日、人気のゲームをプレイしていた私の隣の席にイヤホンをした学生服姿の高校生が座り、さらにその友だちが数名、彼を取り囲むように座った。彼らの髪の色は黒、髪型も極めて普通、学生服も標準タイプ。どこにでもいるような高校生たちであったが、その中のひとりがイヤホンをした子に向かって尋ねた。「何聴いてんの?」「THE BLUE HEARTS」「今度貸してよ」「いいよ」──そんな会話だった。今となっては驚くことは何もない、それこそ何気ない会話だが、筆者にとっては日本のロックシーンの潮目が確実に変わったことを実感させられた瞬間だった。
 この年はBOOWYが大ブレイクを果たしていたほか、BARBEE BOYSやTM NETWORKも台頭してきており、所謂バンドブーム黎明期であったのだが、それまでパンクロックを中心としたインディーズバンドを好んで聴いていた者としては、「バンドが流行ってきているけど、パンクは市民権を得るところまでいかないだろう」と妙な予測をしていた。今思えば好事家のひねくれた自意識から導き出された想像でしかなかったのだが、根拠がなかったわけでもない。それまでパンクバンドと言えば、アナーキー、THE STALIN、LAUGHIN’ NOSE──《なにが日本の××だ 何にもしねぇでふざけんな》「東京イズバーニング」(アナーキー)やら、《吐き気がするほどロマンティックだぜ》「ロマンチスト」(THE STALIN)やら、「PUSSY FOR SALE」(LAUGHIN’ NOSE)やら…である。そもそも初期パンクはR&Rへのカウンターカルチャーでもあった節があるし、日本のパンクがその精神を受け継いでいたとすれば汎用性は低くて当然。一般層が好んで聴くことはないだろうと思っていた。そんなところに現れた、《吐き気がするだろ みんな嫌いだろ まじめに考えた まじめに考えた 僕 パンク・ロックが好きだ 中途ハンパな気持ちじゃなくて 本当に心から好きなんだ 僕 パンク・ロックが好きだ》(「パンク・ロック」)と歌うTHE BLUE HEARTSは衝撃的ではあった。正直言えば当初は相当稀有なバンドに感じられたし、もっと言えば、自分の中では違和感すらあった。これをそれまでのパンクロックとして語るには整合性が取れなかったのだ。それだけTHE BLUE HEARTSの個性は突出していたとも言える。それでも1stアルバム『THE BLUE HEARTS』はよく聴いた。いつも大音量で聴いていた記憶がある。違和感は拭えなかったものの、理屈抜きにその魅力を感じていたということだろう。
 このアルバム『THE BLUE HEARTS』は12曲で収録時間は約34分。楽曲は概ね3コードのR&Rで、テクニカルな演奏を鼓舞するような箇所や過度なエフェクトはほとんど見られない。歌詞は素晴らしいものばかりだが、難しい言葉は使われていない。シンプルな作品と言っていいと思う。しかし、このアルバムには間違いなく、何かとてつもない成分が入っている。特別な音が入っているということではない(人に聴こえない周波数に何かが収録されているようなこともないだろう)。いいメロディーといい歌詞、ギター、ベース、ドラムの3ピースが醸し出す確かなグルーブ、それらが合わさって産まれるバンドマジックと言ってしまえば簡単なのだが、そんなチープな表現では表すことができない“何か”が確実にある。そして、その“何か”は聴く人の世界を変える力を持っている。それは聴いた瞬間に聴く者の気持ちをアゲるという短期的な効果があることはもちろんのこと、人生を変えてしまうほどの力もあるようだ。前者はTHE BLUE HEARTSを聴いて身体を揺らしたり、カラオケで「リンダ リンダ」を歌って狂乱する輩(=先日の筆者)だろうし、THE BLUE HEARTSを聴いてバンドをやろうと思い立ち、今ステージに上がっている人たちが後者に当たるだろう。
 THE BLUE HEARTSに影響を受けたミュージシャンの名前を挙げるとすると、それこそ枚挙に暇がない。バンドブーム以降のバンドは有形無形、大なり小なりの影響を受けているに違いないが、THE BLUE HEARTSの場合、ミュージシャンのみならずさまざまなシーンに影響を与えたことが見逃せない。劇団・第三舞台の主宰・鴻上尚史や作家の吉本ばなながファンを公言していたことは有名だし、漫画家の森田まさのりはかなりのファンだったのだろう。『ろくでなしBLUES』においてTHE BLUE HEARTSメンバーをモデルとしたキャラクターを登場させている。漫画と言えば、『迷走王 ボーダー』(狩撫麻礼原作・たなか亜希夫作画)も外せない。1986年から1989年まで漫画アクションで連載され、バブル期にその流れと逆行するようなその日暮らしを送る主人公たちを描き、カルトな人気を誇った漫画であるが、ラジオから流れてくるTHE BLUE HEARTSを聴いたことをきっかけに物語は主人公・蜂須賀がバンドを始め、東京ドーム公演を行なうという展開になる。つまり、THE BLUE HEARTSの出現がコミックのストーリーを変化させてしまったのだ。THE BLUE HEARTSに接した主人公・蜂須賀はこう言う。「“ブルー・ハーツ”は“実体”などなくなって久しいクソったれた《イメージ社会》がついに飽和点に達したことを告げる者たちだぞ!!」と。《どぶねずみみたいに美しくなりたい 写真には写らない美しさがあるから》「リンダ リンダ」の歌詞を的確に評しているようでなかなか興味深い。興味を持った人はお読みいただきたい。かように、音楽シーンのみならず、さまざまな影響を及ぼしたTHE BLUE HEARTSのパンクロック。聴く人の世界を変えてきた“何か”は、時代が変化しても損なわれることなくアルバム『THE BLUE HEARTS』に刻み込まれている。今も、そしてこれからもその効力を失うことがないであろう名盤である。

著者:帆苅竜太郎

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

4コメント
  • THE BLUE HEARTSのデビュー作『THE BLUE HEARTS』はリスナーの人生を変えてしまうような力を持ったアルバムだ - 音楽ニュース http://t.co/nRbXaxJAsG @OKMusicOfficialさんから
  • RT @ROCKNROLLMANS: THE BLUE HEARTSのデビュー作『THE BLUE HEARTS』はリスナーの人生を変えてしまうような力を持ったアルバムだ - 音楽ニュース http://t.co/oUEuBhidqV @OKMusicOfficialさんから
  • THE BLUE HEARTSのデビュー作『THE BLUE HEARTS』はリスナーの人生を変えてしまうような力を持ったアルバムだ - 音楽ニュース http://t.co/oUEuBhidqV @OKMusicOfficialさんから
  • Googleニュース検索:THE BLUE HEARTSのデビュー作『THE BLUE HEARTS』はリスナーの人生を変えてしまうような力を持ったアルバムだ -… http://t.co/WLbOjzYuAu #BOOWY #sougofollow #相互フォロー