『SENTIMENTALovers』の
両想いに至らない歌詞から
平井 堅が恒久に求めるテーマ、
コンセプトを想像する

『SENTIMENTALovers』('04)/平井 堅

『SENTIMENTALovers』('04)/平井 堅

昨年デビュー25周年を迎えたシンガーソングライター、平井 堅が5月12日に約5年振りとなるオリジナルアルバム『あなたになりたかった』を発表した。そんな平井 堅の過去作を一枚取り上げるとなると、2004年の年間シングルチャート年間1位を獲得し、平成を代表するナンバーと言っても過言ではない、「瞳をとじて」が収録された『SENTIMENTALovers』ではないだろうか。彼の甘くシルキーな歌声は改めて説明するまでもないと、今回は徹底的に収録力の歌詞に注目してみたのだが、それによって、意外と…と言うべきか、平井 堅というアーティストの本質が見えてきたような気がする。

歌詞に横たわる悲哀

アルバムタイトルは“SENTIMENTAL”と“Lovers”を組み合わせた造語であることは言うまでもないけれど、それが“SENTIMENTAL Lovers”だとして、訳せば“感傷的な恋人たち”── “悲哀の感情に揺さぶられ、何かにつけて涙もろくなる状態の恋人たち”となるだろうか(“感傷的”の意味はWeblio辞書から引用)。確かに、このアルバムの歌詞に描かれている物語は、そのほとんどに悲哀が横たわっていると言っていい。片想いを綴ったものなど悲恋ばかりではないようだが、そこに出てくる《キミ》や《君》や《あなた》とは、心が通じているとは限らないというか、概ね、いわゆる“両想い”ではない。歌詞だけを指して明るいか暗いかで言えば、決して明るい作品ではない印象ではある。

《ねぇ いつかキミは僕のことを忘れてしまうのかな/その時はキミに手を振ってちゃんと笑ってられるかな/ねぇ そんな事を隣でキミも思ったりするのかな/思いが重なるその前に強く手を握ろう》《誰といても一人ぼっち/唇噛み締める時には/またここにきて同じ空を/何も言わずに見上げよう》(M1「思いがかさなるその前に…」)。

《瞳を閉じて 君を描くよ それだけでいい/たとえ季節が 僕の心を 置き去りにしても》《瞳をとじて 君を描くよ それしか出来ない/たとえ世界が 僕を残して 過ぎ去ろうとしても》(M5「瞳をとじて」)。

《求めれば求めるほど 愛は遠のいてくもの/綺麗な横顔が 思い出ひきがねに 涙で歪むその前に》《サヨナラの匂いだけを 残して立ち去った背中が/見えなくなる前に早く 今追いかけて この手を伸ばして》(M8「signal」)。

最も分かりやすいのは上記辺りだろうか。平井 堅を代表する楽曲で、平成のJ-POPを代表するナンバーと言っても過言ではないM5は、別れたあとの状況を歌ったもの。M8は別れの瞬間、その刹那をとらえている。M1はM8の真逆で、文字通り“思いがかさなる”瞬間を描いており、完璧な悲哀とは言えないものの、そうは言っても、《忘れてしまう》や《誰といても一人ぼっち》とあることから100パーセント開けた感じでもない。少なくとも“両想い”ではないことは分かる。

これらのような、特にM5やM8のように誰の目にもそれが別れのシチュエーションととらえられるものだけでなく、パッと聴きには別れではない印象というか、それどころか、油断していたらハッピーに感じてしまう楽曲にも、“両想い”は存在していないようである。

《君も誰かに嘘ついたり 誰かを妬んだりするのかな?/君の事もっと知りたいような これ以上知りたくないよな》(M3「言わない関係」)。

《もっと近くなって ぎゅっと抱き合えたら どんな温度かな》《もっと深くなって ずっと触れ合えたら どんな匂いかな》(M4「君が僕に憑依した!!」)。

《はなれていてもずっと/胸の中にいるよ》《君がさびしいときは いつだって飛んでくよ》(M11「キミはともだち」)。

M3、M4はM1同様《かな》と疑問の終助詞を使っていることで、ほぼ一方的に想いを寄せていることが分かる。悲哀の割合は薄い感じではあるものの、そこに騙されてはいけないだろう(?)。想いが通じているとは限らない。M11は“ともだち”というくらいだから友情を描いているのだろうし、内容もほぼポジティブと言っていい。だが、両者の間は《はなれてい》るし、《飛んで》いかなければいけないような距離がある。意地悪な見方をすると、 これだけでは“両想い”かどうかの確証は得られない。

主人公の妄想、願望も散見

本作にはR&B、ソウルミュージックならではのリリックと言ってもいい、セクシー路線も収録されており、それらにおいても、ここまで述べてきた傾向は変わらない。一見、マナーに則ったエロい描写であるように思えるが、よくよく吟味すると、どうも歌詞の主人公の妄想と思しきフレーズが散見される。

《君が悶えて爪を立てる 知らない誰かの背中》《Ah 射し込む光 現れた oh 君は 笑っているのか 泣いているのか》(M2「jealousy」)。

《感じるままに踊ればいい つじつま合わせはその後/本当の事は本能の中に 簡単に隠れてるかも/閉じ込めたいたずらを解き放つ時 僕が君の悪魔になる》(M7「style」)。

《もっと奥深くまで触れて君に届きたい/新しい世界こじ開けたいこの鍵で》《I've got a perfect key 右曲がりの/君の繊細な鍵穴にfitするかな》(M9「鍵穴」)。

M2は《知らない誰か》で“おや?”と思わせつつ、《笑っているのか 泣いているのか》と続いたところで、それが妄想であることが確定。ここでの《のか》は、これもまた疑問の終助詞である。M7はこの中では、すでに直接的な接触が行なわれていることをうかがわせる内容ではあるものの、《本当の事は~かも》だから、《いたずらを解き放つ》には至ってない模様ではある。最もショッキングな内容と言えるM9も、描写こそエグいが、《fitするかな》なので、まだfitしてないことは想像するに難くないし、何よりも《届きたい》《こじ開けたい》とあるのだから、それが願望であることは明白であろう。そう考えると、これらの楽曲の主人公が“SENTIMENTAL”なのではなく、我々リスナーがこのリリックに潜む妄想、その悲哀の感情に揺さぶられるというのが、M2、M7、M9の正しい接し方なのかもしれない。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着