中島美嘉の
1stアルバム『TRUE』に見る
時代の変遷にも紛れない
唯一無二の歌声

『TRUE』('02)/中島美嘉

『TRUE』('02)/中島美嘉

中島美嘉が5月4日、通算10枚目のアルバム『I』がリリースされたということで、今週は邦楽名盤コラムでは彼女のデビューアルバム『TRUE』を取り上げる。新作『I』は全曲の作詞作曲を中島美嘉本人が手掛けた初めての作品で、デビューから20数年を経て、自らのプロデュースを行なうアーティストにまで成長したその証と言えるだろうか。加えて、先日テレビ番組を観ていたら、綾戸智恵が“自分の歌の経験を託したい人”として中島美嘉を指名していた。キャリア豊富なベテランのジャズシンガーにそう言わしめるほどに、彼女はシンガー、アーティストとして確固たるポジションを築き上げてきたわけだ。そんな中島美嘉のデビューはどういうものだったのか? まずはそこから振り返ろう。

いきなり大ブレイクも実は…?

中島美嘉は2001年10月に女優としてデビューし、同年11月にはそのドラマの主題歌でもあったシングル「STARS」で歌手としてデビュー。「STARS」はいきなりチャート初登場3位という好リアクションを示した。その後、2nd「CRESCENT MOON」(2002年2月)、3rd「ONE SURVIVE」(同年3月)、4th「Helpless Rain」(同年5月)、5th「WILL」(同年8月)と立て続けに発表したシングルは、いずれもチャートトップ10入り。そして、同年8月にリリースした1stアルバム『TRUE』はチャート初登場1位を記録して、ミリオンセラーを達成する。さらに彼女はその年の日本レコード大賞で最優秀新人賞を受賞し、NHK紅白歌合戦にも初出場を果たした。

それまでの彼女は、何でも[高校には進学せず、約1年間地元のファーストフード店などを中心に友達4人と共同生活をしながらアルバイトをしていた。1999年、福岡県福岡市に移り住み、アパートの一室で集団生活をしながらモデルのアルバイトを始め]ていたらしく、そこだけで見たら、まさしくシンデレラストーリーの主役である([]はWikipediaからの引用)。しかしながら、何と言うか、ことはそう単純なものではないようである。筆者がそれに気づいたのは数年前。彼女が某ラジオ番組にゲスト出演していた時のことだ。そこでのトークがなかなか興味深いものであった。“デビュー20年になってこれを言っていいのか分からないんですけど…”と前置きをして彼女は次のようなことを語り出した(以下はその時の彼女の発言を筆者なりに要約して再構築したものであることをご了承ください)

当初はここまで長く歌手活動を続けるつもりはなかったし、歌手になりたい、女優になりたいという気持ちでオーディションを受けたつもりはなかったので、すごく幸運だった──彼女はそう言うのだ。経緯はこうだ。友人の作曲家に“僕が作った曲に仮歌を入れてくれない?”と依頼され、その意味もよく分からないまま、“私で良ければ”と受諾。その仮歌が入ったデモは、友人の作曲家によってオーディションに応募された。彼女の写真付きで送られたという。そう考えると、その作曲家は彼女を推したのだろう。そして、彼女はそのオーディションに呼ばれることになる。本人は応募した記憶がないので当然、戸惑ったというが、その曲自体を売り込まないといけないという想いからその場はしっかりと対応。その甲斐あってか見事に合格する。そして、前述した女優デビューということに相成った。

しかしながら、そんな調子で臨んだオーディションだったので、“芸能界に入った”という気持ちもなく、ドラマが終わったら次のバイトを探すつもりでいたという。無論、デビューは嬉しい出来事であったことは間違いなく、デビューできたことに感謝もしていたが、決して歌手を目指していたわけではないので、心境は複雑だった。インタビューなどで“デビュー前はどんなふうにレッスンしていたんですか?”と訊かれても答えに窮していたというし、その一方で、“私がオーディションに応募したんじゃないんです”って言うのもカッコ付けてるみたいでイヤだったそうだ。葛藤が消えなくて心苦しかったと述懐していた。

そんな彼女が芸能界でやっていこうと肚を決めたのは、当たり役と言われた映画『NANA』への主演が決まった時だという。それが2005年のことだから、おおよそ4~5年は心の中のモヤモヤが続いていたことになる。今となっては、それはそれで逆に肝の据わった話でもあると思うのだが、とにかくもともと歌手になることを強く望んでいたわけではなかったようである。才に長けた人は自ら運命を引き寄せるものなんだなと思うと同時に、デビュー当時の彼女がそうした思考だったことはさもありなんと言えばさもありなんというか、何となく想像も付いていた。当時、TV番組などで見かけたクールなイメージからもそう思っていたのだが、何よりも今回デビューアルバム『TRUE』からもその気配を感じたところである。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着