アンダーグラフが「ツバサ」に
代表されるセンスと
十分な個性を発揮した
デビュー作『ゼロへの調和』

『ゼロへの調和』('05)/アンダーグラフ

『ゼロへの調和』('05)/アンダーグラフ

本文にも書いたように、7月にリリースしたベストアルバムのセールスが好調で、結成20周年のここに来て、再びシーンに浮上してきた感のあるアンダーグラフ。これまではあまりメディアに出ることを控えてきたそうだが、今年はメディアへの出演に前向きとのことで、まさに再ブレイクの兆しが見えてきたとも言える。9月21日に行なわれた配信ライヴ『UNDER GRAPH 20th Anniversary Live~2020年、僕らは変わらずに、変わり続ける旅をする。Studio Live Session~』も好評だった様子。今週はそんな彼らのデビュー作『ゼロへの調和』を取り上げる。

「ツバサ」の普遍的なメロディー

今年7月28日付のOKMusicのニュースで“15年振りに再ブレイクの兆しを見せている”と紹介されていたアンダーグラフ。記事によれば、ベストアルバム『UNDER GRAPH 20th BEST 2000-2020』が、新星堂WonderGOOアルバムチャート6位にランクインするなど、好発進している中、収録曲の「ツバサ」が7月24日のshazamチャートでは4位に急上昇し、サブスクリプションや累計ダウンロード数は1,875万を超えたという。ベストアルバムの6位については、確かに好セールスであることは間違いないけれども、過去、彼らの2ndアルバム『素晴らしき日常』(2006年)がチャート4位にランクインしたことを考えれば、このくらいのリアクションはとりわけ不思議ではなかろう。驚くべきは「ツバサ」がshazamチャートで4位になったほうである。2004年に発表された楽曲がリリースから16年を経て4位というのは大快挙だ。奇跡に近いと言ってもいいのかもしれない。

ただ、それがCDセールスのチャートではなく、shazamという音楽認識アプリでの結果であったことを考えれば、頷けなくもないというか、そういうこともあり得るかなという気がしてくる。「ツバサ」は前述の通り、16年も前の楽曲であるからして、ヒットしていた頃、まだ物心付くか付かないかの時期だった現在の10代にとって耳馴染みはないだろう。今の20代でも幼少期に余程熱心に音楽を聴いていたという体験でもない限り、パッと聴いて「ツバサ」と認識する人は少なかろう。30代でも怪しいかもしれない。どこかで聴いたことがあるメロディーだと思っても、タイトルや演奏者が出てこないという人もいるとは思う(※50代以上になると別の意味でタイトルや演奏者がなかなか出てこないことがあるのだが、それはまた別の話…)。

「ツバサ」が発売された2004年というと、アテネオリンピックが行なわれた年である。北島康介が男子100メートル平泳ぎ、200メートル平泳ぎで金メダルを獲得。2冠達成して、“チョー気持ちいい!”と言ったことは多くの人の記憶に残っているかもしれないが、“アテネ五輪の柔道での銀メダリストは?”と問われたら、顔が思い浮かんでも名前が即座に出てこない人物もいると思う。「ツバサ」は確かにヒットした。週間チャート最高位6位、年間チャート29位である。しかし、同じ年の1位であった修二と彰「青春アミーゴ」やケツメイシ「さくら」、その年に大ブレイクしたORANGE RANGEのナンバーと比べると、地味であることは否めない(※金メダルと銀メダルの喩えがイマイチ巧くないことも否めない)。

話が横道に逸れたようなので軌道修正──。しかしながら、このshazamチャート4位で、「ツバサ」のメロディが普遍的であることが証明されたとは言える。どこかから流れてきた「ツバサ」を耳にして、“この歌、何?”と興味を惹かれた人や、“聴いたことがあると思うけど、この曲、何だっけ?”と思った人が調べた結果の4位ではなかろうか。もちろん、単にアンダーグラフのベスト盤がリリースされると知り、懐かしくなってshazamで「ツバサ」を聴いた人もいただろうが、それだけでベスト5入りするとはにわかに信じがたい。検索した人が多かったと見るのが妥当であろう。いや、自分でここまで述べておいて何だが、それにしても…とは思う。「ツバサ」が4位になった時の前後のチャートがどうだったのかが分からないので何とも言えないが、1位が修二と彰「青春アミーゴ」で、5位がケツメイシ「さくら」ではあるまい。16年も前のタイトルがトップ5入りすること自体が驚異的であるのは疑いようもない。ちなみに今回調べたら、「ツバサ」は[有線の問い合わせチャート14週連続1位]で、[最初は有線放送やラジオのリスナーから火がつき、その後、CDの売り上げにもつながるかたちとなった。そのため、発売後20週目でオリコンのTOP10にランクインとなった]という(※[]はWikipediaからの引用)。16年前も“この曲は何?”と思った人が多かったのである。こうなると、驚異を通り越して畏敬の念を抱くほどである。

ただ、改めて「ツバサ」を聴いてみると、16年ぶりにチャートインしたことにも納得するしかないというか、この歌メロはやはり只事ではないとは思う。他に類するものをあまり思い浮かべることができない。メロディーの起伏で言えば、「ツバサ」以上に抑揚のある歌メロはナンボでもある。コンテポラリーR&Bのほうが起伏に富んでいるし、「ツバサ」は当世のそれらの楽曲ほどにハイトーンに突き抜けるわけでもない。抑揚で言えば、昭和、平成の歌謡曲にはこれ以上に派手なメロディーはたくさんある。「ツバサ」は決して地味ではないが、派手でもない──“ない”とまで断言するのもどうかと思うが、少なくとも煌びやかな…という意味での派手さは薄いと言ってよかろう。ちゃんと楽譜を確認したわけではないけれども、確認するまでもなく歌メロは音符が多いわけでもない。それなのに、強引にこじ開けて入ってきて、脳髄の奥に居座り続けるかのような大胆さが「ツバサ」の歌にはある。

七五調──五はほとんどないのでほぼ“七調”と言っていい──の歌詞にもその秘密はあるように思う。

《明け方過ぎの国道までの細い抜け道 君が呟く/「恐いものなど何も無いよ」と見送る為の言葉に涙流れた》《旅立つ空に出会いと別れ 青春の日々全てを描き/いつか互いに大きな花を 綺麗な花を咲かせまた共に笑おう》(M2「ツバサ」)。

メロディーに乗せなくてもいいので、読みながら指折り数えてほしい。ほぼ7字の文節で構成されていることが分かるだろう。『古今和歌集』『万葉集』から続く日本古来の言葉のリズム。日本人はこれを自然と気持ち良く感じるのだろう。「ツバサ」に限らず、古くから七五調の流行歌も少なくはない。4拍子との相性も決して悪くないようで、その辺が気持ち良く聴けて、印象に残る要因となっているとようである(※七五調と4拍子との相性の良さがいかに聴覚的な快楽につながっていくのかに関してはちゃんと音楽理論的な裏付けがあるらしいのですが、それを説明するのは筆者の手に余るので、“聴いて気持ちが良い”というご理解でお願いします)。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着