DEAD ENDのメジャーデビュー作
『GHOST OF ROMANCE』で
不世出のギタリスト、
足立“YOU”祐二の
非凡なプレイを堪能

『GHOST OF ROMANCE』('87)/DEAD END

『GHOST OF ROMANCE』('87)/DEAD END

すでにご存知の方がほとんどだろうが、DEAD ENDのギタリスト足立“YOU”祐二が、6月16日に敗血症のため死去した。享年56。あまりにも早すぎる逝去である。本当に残念でならない。今週は彼を偲んでDEAD ENDの作品をチョイスしてみることにした。しかしながら、DEAD ENDの名盤は2014年に『ZERO』を取り上げているので、今回はギタリスト、YOUのデビューまでの足跡を辿る意味でも、インディーズ作品の『DEAD LINE』と、彼がDEAD END以前に在籍していたTERRA ROSAの音源の話も挟みつつ、メジャーデビュー作『GHOST OF ROMANCE』を聴き直してみた。
■『ZERO』/DEAD END
https://okmusic.jp/news/63832

掛け持ちでDEAD ENDに参加

足立“YOU”祐二(以下YOU)のメジャーデビューは1987年。DEAD ENDのギタリストとして…のデビューであった。DEAD END自体はMORRIE (Vo)、“CRAZY”COOL- JOE(Ba)が中心となって1984年の暮れに結成されたので、YOUはあとからバンドに加入したことになる。1986年に前任のギタリストが脱退することになり、そのあとを引き受けて加入したというが、その時点でYOUはTERRA ROSAに在籍しており、バンドを掛け持ちするかたちでの参加であったという。細美武士や日向秀和、川谷絵音らの例を挙げるまでもなく、今ではバンドの掛け持ちも珍しいものではなくなったけれど、1980年当時、少なくとも表立ったかたちでのダブルワークというのはそうそうあることではなかったのではなかろうか。その事実そのものがYOUというギタリストの非凡さを示しているように思う。

伝え聞くところによると、そのメンバーチェンジもなかなか異例だったようだ。前ギタリスト脱退は全国ツアーの直後。しかも、それはDEAD ENDがインディーズでリリースした1stアルバム『DEAD LINE』(1986年)のレコーディング完了前でもあったという。バッキングのギターは大半を取り終えていたというが、ギターソロはほとんどが手付かずのまま。全8曲中7曲は脱退した前ギタリストが作曲したものである。そんな状態で脱退しなければならなかったというのは断腸の思いであったことだろうし、そこでの精神状態は如何ばかりだったであろうかと慮られるところではあるけれども、あとを任せられたメンバーも筆舌に尽くし難い状況であったことだろう。修羅場というよりは、ほぼ愁嘆場だったと言ってよかろう。そんな状況下で、YOUは残っていたバッキング数曲と、ギターソロのほとんどを弾いた。彼の加入の経緯や、その後のレコーディング期間がどの程度あったのかは分からないが、件の全国ツアーが1986年3月から4月にかけてで、『DEAD LINE』の発売が同年6月30日であったという記録が残っているから、アルバムをプレスする期間を除けば、多く見積もって2カ月間、いや1カ月半といったところだったであろう。自分の作った曲であるならば不可能ではなかろうが、他人の作った曲で、しかもすでにほぼバッキングを取り終えたものの上に乗せるソロを短期間で考えてプレイするというのは、楽器を弾かない立場からしても凄まじいまでに困難な作業であることは想像できる。さらに言えば、インディーズの頃のDEAD ENDの音楽ジャンルは所謂HR/HMである。ギターソロは長めだし、速弾きもあるので、そこにソロを後乗せするなんて芸当はほとんど“曲芸か!?”って話である。YOUはそこをやり切った。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」