『WONDER BOOK』/LÄ-PPISCH

『WONDER BOOK』/LÄ-PPISCH

“元祖ミクスチャーバンド”の
LÄ-PPISCH初期の
力作『WONDER BOOK』

ロックとは元来自由な音楽であり、“こうあらねばならぬ”という定義はない。それは分かっていても、演奏者も、我々リスナーも、知らず知らずに型にはめてしまう傾向があることも否めない。80年代、所謂バンドブームの最中、シーンに登場したLÄ-PPISCHは、そんな偏見を一笑に付すかのように音楽性を発揮した、言わば“元祖ミクスチャーバンド”である。ドイツ語で“バカげた”“子供じみた”という意味を持つバンド名の如く、言動やパフォーマンスには悪ふざけも少なくなかったが、音楽に取り組む姿勢は真摯で、彼らが提示したロックは世界に比類なきスタイルであった。

レベッカ、BOØWYに端を発した1980年代後半のバンドブームは現在の音楽シーンに連なる重要なムーブメントであったことは間違いない。しかしながら、今思い返すと、当たり前のことながらまだまだ過渡期だったことも否めない。当時そんな論争があったかどうか知らないけど、言わばジャンル分け問題がそれで、プロモーション的にはそう形容することが楽だから付けられていたのだろうが、ビートロック、タテノリ&ヨコノリとか、ユニバーサルなカテゴリーにはないジャンルがいろいろと生み出された。ビジュアル系がその最たるものだろうし、そんな便宜的な色分けも今や日本を代表するサブカルチャーにもなっているのだから、それはそれで悪くはなかったという見方もできるし、パワーポップ、ブリットポップ、ノイズロック等々、細分化されすぎた嫌いのある現在の状況もどうかという議論もあると思うが、ここでジャンル論を掘り下げるつもりはない。

言及したいのは当時、そんな乱暴で無意味なジャンル分けに反発する勢力も少なからずいたことである。アンジー、筋肉少女帯、そして今回紹介するLÄ-PPISCHが提唱した“ポコチンロック”がまさにそれで、その下世話なネーミングも痛快であるし、「勝手にカテゴライズされたくない!」というその姿勢は極めてロックだったと言える。無論これで音楽性が大したことがなければギャグにもならないお話なのだが、アンジー、筋肉少女帯もさることながら、LÄ-PPISCHの雑多でありつつも確かな音楽性はその後のミクスチャーロックの隆盛や、世界的なグランジ、オルタナティブの流行を先取りしていたかのようでもあり、その音源は今も色褪せることのない傑作揃いである(ちなみにポコチンロックにはBUCK-TICKが属しているとの説もあり、実に奥深い音楽ジャンルではある)。
ここ最近はオリジナルアルバムが制作されていないものの、彼らは未だ現役であるため、現時点で最高傑作を1枚挙げるのは抵抗があるので、90年代前半までの作品のなかからマイ・ベスト・オブLÄ-PPISCHを選ばせてもらうことにした。が、これがなかなか難しい。「美代ちゃんの×××」「パヤパヤ」収録の1stアルバム『LÄ-PPISCH』も、トッド・ラングレンをプロデューサーに迎え、氏のスタジオ“ユートピア・サウンズ”でレコーディングされた3rdアルバム『KARAKURI HOUSE』もいいし、「Magic Blue Case」収録の90年発表の『make』だって、名盤の誉れ高い95年発表の『ポルノポルノ』だって捨てがたい。いずれもLÄ-PPISCHらしいテンションの高さを内包したロックアルバムで甲乙付け難いとはまさにこのことである。いっそのこと、『We are LÄ-PPISCH! -COMPLETE CD BOX』(LÄ-PPISCHのアルバム8タイトル+2枚組ベストアルバムに加えて、上田現のソロアルバム2枚、杉本恭一ソロアルバム1枚をまとめた豪華BOXセット)を取り上げたいほどだが、それはそれで筆者が原稿を書くのが面倒という都合もあるので止めさせていただくとして、2ndアルバム『WONDER BOOK』をマイ・ベスト・オブLÄ-PPISCHとしたい。彼らの作品の中で最も聴いたアルバムであるし、とりわけM2「リックサック」の印象が強い。軽快なホーンセクションがリードするマーチングビートからスカ、サンバと展開するナンバーで、聴く度に強い高揚感を得ていたことを思い出す。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」