L→R 沖聡次郎(Gu)、圭吾(Ba)、竹中雄大(Vo)、山田海斗(Gu)、ねぎ(Dr)

L→R 沖聡次郎(Gu)、圭吾(Ba)、竹中雄大(Vo)、山田海斗(Gu)、ねぎ(Dr)

【Novelbright インタビュー】
新体制Novelbrightの序章として
受け取ってほしい

メンバー5人全員が
Novelbrightを愛している

今作で新たに挑戦したことはありましたか?

海斗
個人的には初めて歌詞を書きました。今まで雄大が全て書いていたのですが、今作は僕も「the Eternal oath」と「Rain Dancer」で2曲書いていて、いい意味で雄大と違った世界観の歌詞にできたと思います。歌うのが雄大なので、歌いやすい発音などを確認しながら進めるのが少し大変でしたが、とてもいい経験になりました。
聡次郎
コイントスなどの細かい環境音を、サンプリングされた音ではなく自分たちで録音しました。とにかく生にこだわってます。

「the Eternal oath」を聴いた時、リスナーの高揚感を煽るドラマチックな展開がNovelbrightの魅力のひとつだと思いましたが、楽曲を制作する上でいつも大切にしていることは何ですか?

聡次郎
起承転結を必ず作るようにしていたり、歌詞やメロディーがなくても音と音の調和、旋律、ハーモニーでストーリーを感じるように作曲をしています。だから、ドラマチックな展開と感じてもらえるのはとても嬉しいです。

アップテンポな楽曲が多い中、メロディーの美しさと雄大さんの繊細な歌声をじっくりと聴かせる「ふたつの影」の存在も大きかったのですが、その後の「フォーリン・ヴィーナス」に続くメリハリも聴いていて楽しめました。

雄大
毎回アルバムを出す時に曲順はすごくこだわるのですが、今回はこだわりながらもすぐに決まりました。アルバム全体を通してライヴのセットリストのようなメリハリが欲しくて、このような順番になってます。

インスト曲「parade -Я-」が中盤にあるのはどんな意図で?

聡次郎
クラシックで使われている組曲のような、複数ある楽曲がまとめて1曲という仕掛けがすごく好きで、今作にどうしても入れたいという自分のわがままで収録しました(笑)。結果的にアルバム全体のメリハリが付いて良かったと思います。

海斗さんが作詞された楽曲のひとつ「Rain Dancer」は自問自答を繰り返して、もがき苦しみながらも、最後のサビで背中を押してくれるような印象がありました。

海斗
アルバムの中でも一番激しい曲で、聡ちゃんのトラックに雄大のメロディーが乗った時にとても力強い感じがしたので、歌詞の内容も何かを強く伝えるものにしたいと思って歌詞を書きました。自分には無理だとすぐに夢を諦めてしまう若者が多いと感じ、“本当に追い掛けたい夢なら辛いことがあっても簡単に投げ出さず、自分を信じて最後までやり切れよ!”という想いを込めています。

一方、「Heart voice」は全て英詩で制作されてますね。

雄大
洋楽が大好きで、いつか自分の曲でも全英詞の歌詞を書いてみたいと昔から思ってたので、今回やっと実現できました。メロディーは“自分は歌姫なんだ”と意識して作りました(笑)。

リード曲の「拝啓、親愛なる君へ」を最後に収録したのはなぜですか?

聡次郎
大合唱でフィナーレを迎える曲にしたいと思って作ったんですけど、そんな楽曲のイメージもあり、曲順を決める話合いで“この曲は絶対は最後だよね”と自然な流れで決まりました。

この壮大な締め括りはみなさんの意見が一致したかたちなんですね。コーラス部分からはライヴでシンガロングする場面が思い浮かんだり、家族や友達、恋人やリスナー、メンバーなど、たくさんの大切な人に当てはまる一曲に思えました。

雄大
この歌は自分にとっての大切な人全てに贈る歌として作りました。この歌を聴いて、みなさんにとっての大切な人を思い浮かべてもらえたら嬉しいです。シンガロングの部分はライヴでみんなが一緒に歌ってくれてる景色を想像しながらレコーディングしました。

では、この『「EN.」』はどんな作品に仕上がりましたか?

聡次郎
前作とはまったく違った作風になったと思います。バンドでまだやったことがない楽曲にチャレンジできましたし、次作につながる新たな発見も見付けました。変化ではなく進化、新体制Novelbrightの序章と受け取ってほしいです。

改めてNovelbrightの核にあるものは何だと思いますか?

圭吾
メンバー5人全員がNovelbrightを愛していることだと思います。その愛情が原動力になり、いい楽曲やいいライヴの空間が生まれていると。

今後やってみたいことや目指しているもの、目標はありますか?

雄大
直近では来年Zeppでワンマンライヴがしたいです。バカでかい夢を持ってるので、将来はアリーナツアーもドームツアーもしたいし、『紅白歌合戦』にも出たいと思ってるんですよ。日本を代表するアーティストになって、ゆくゆくは海外にも進出したいです。でも、何よりおじいちゃんになっても、この5人でくだらないことで笑っていたいですね(笑)。

取材:千々和香苗

アルバム『「EN.」』2019年9月4日発売 Emperor Mode
    • EPM-10002
    • ¥2,000(税抜)

『「EN. -アンピリオド-」RELEASE ONEMAN TOUR 2019』

10/17(木) 東京・渋谷 TSUTAYA O-Crest
10/30(水) 福岡・天神 Queblick
11/10(日) 大阪・阿倍野 ROCKTOWN

Novelbright プロフィール

ノーベルブライト:大阪を中心に活動中の5人組ロックバンド。雄大の心を震わす圧倒的な歌声、一度聴いたら忘れられない確かなメロディーワーク、細部まで練りこまれた楽曲アレンジに定評がある。路上ライヴでのパフォーマンスがSNSで広まり、1カ月で1年前に公開したMVの再生回数が5000%、HPアクセス780%、Twitterのフォロワーが390%と爆伸び中!Novelbright オフィシャルHP

「ふたつの影」MV

「拝啓、親愛なる君へ」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着