L→R NATSUKO、RISA、NANA、JUKA、NAOKA

L→R NATSUKO、RISA、NANA、JUKA、NAOKA

【GeeSLY インタビュー】
3曲のギャップを感じてもらえる
贅沢な作品になった

NANA、NAOKA、NATSUKO、JUKA、RISAによるガールズダンスヴォーカルグループ・GeeSLY。2枚目のCDシングル「Girls Just Wanna Have Fun」は、西野カナの「トリセツ」などを手がけたヒットメーカー・DJ Massを迎えたキラキラ感のあるポップスとなっている。本作に込めた想いを語ってもらった。

強気な感じの曲が多かったので
ガーリーな曲は新鮮に感じる

2枚目のCDシングル「Girls just Wanna Have Fun」をリリースされましたが、これまでのGeeSLYにはなかったタイプの曲になっていますね。この曲はDJ Massさんが手がけられたということで、表題曲の部分のインタビューにはMassさんにも参加してもらっています。

DJ Mass
はい。よろしくお願いします。

この曲はどんなイメージで作られましたか?

DJ Mass
GeeSLYの曲を聴かせてもらって、強い女性を応援するような曲が多くて、女の子らしいビジュアルとのギャップがいいなと感じました。でも、僕はもともと西野カナの楽曲を手がけたりしていたので、キラキラ系の曲が得意なんです。なので、カッコ良い曲を歌ってきたGeeSLYにキラキラ感全開の曲を当ててみたらどんな化学変化が起こるのかを見てみたいと思ったんです。

曲をもらった時の印象はどうでしたか?

NANA
Massさんが言ってくださったようにGeeSLYは結構強気な感じの曲が多いので、今回のようなガーリーな曲はすごく新鮮に感じました。曲をいただいた時から“歌ってみたい”“踊ってみたい”という気持ちになりましたし、レコーディング中にもみんなで“どんなダンスする?”とか話し合ったりして、とても楽しかったです。
JUKA
英語のフレーズが多くて、最初に聴いた時は“洋楽?”と思ったんですけど(笑)。その英語の部分も和訳すると女の子の気持ちが描かれていたり、“楽しもう”という意味だったりしてすぐ好きになりました。ただ、GeeSLYは基本的に英語が苦手なので発音に苦戦しました(笑)。
NAOKA
レコーディングは大変だったよね。リアルに頭を抱えました(笑)。英語の発音もそうなんですけど、いつもよりキーが高めで、みんなで一緒に歌うパートも多いんです。いろんな部分で初めてのことがあったので、そういう意味ではかなり苦戦しました。
NATSUKO
苦戦して時間がかかったけど、だからこそ愛情が増しましたし、完成した曲を聴いた時に“やって良かった”と思えました。
RISA
私はこの曲が好きすぎて、出来上がってからずっと聴いています。思わず口ずさんでしまうくらい中毒性があるんです。

メンバーの話を聞いていると、Massさんの狙いどおりになった感じがしますが。

DJ Mass
そうですね。GeeSLYに合っているし、うまくハマったかなと思います。キーが高いという話が出ていましたけど、これはあえて高めにしました。レコーディングでは大変だったと思いますが、ライヴだと気持ちが上がっているので少し高めのキーでも大丈夫。声を出しやすいキーで歌うのと、ちょっと頑張って歌うのとでは発声や聴こえ方が違ってくるから、高めのキーで押し切ろうと思いました(笑)。

作詞のクレジットにGeeSLYの名前も入っていますが。

RISA
Massさんは全てをポジティブにとらえてくださる方で、レコーディングの時も当日に歌詞が変わることもあって、みんなで考えたりしたんです。“みんな、どういうのがある?”と訊いてくれて、それでそれぞれが思ったことを言うと、“あっ、それいいじゃん”と採用してくださったり、私たちの言葉を受け取ってくださったりして、本当に楽しかったです。

振り付けはどんな感じに?

JUKA
この曲はNAOKAとNATSUKOが振り付けを作ってくれました。
NAOKA
GeeSLYらしさがありつつ、みんながライヴで踊れるものにしたいと思って振り付けを考えました。“hands up”という言葉が歌詞に入っているので、そこで手をあげたりするなど、歌詞からインスパイアされた部分も多いです。
NATSUKO
うん。一緒に踊れる部分が多いのがこの曲の振り付けの特徴ですね。あとは、みんなで歌うパートが多いので、歌に支障が出ないように足を使っての振り付けを盛り込んでみたりしました。
RISA
苦戦しているのを見ていましたけど、ライヴで一緒にお客さんも真似して踊ってくれていたりしますし、私自身、すごく好きな振り付けです。

この曲を一緒に制作して、MassさんはどういうところがGeeSLYの良さだと思いましたか? これからの可能性も含めて聞かせてください。

DJ Mass
GeeSLYはもともと“カッコ良い”と“可愛い”の二面性があったと思うんです。この曲を歌うことによって“可愛い”の部分がより感じられると思いますし、その両面をもっともっと磨いてもらえれば、さらに多くの人に受け入れられるんじゃないかなって。これまでの曲とタイプが違ったり、キーが高めだったり、いろいろ大変だったと思います。でも、ライヴで歌い慣れてくると、この曲も進化していくと思いますので、それが楽しみです。
L→R NATSUKO、RISA、NANA、JUKA、NAOKA
シングル「Girls Just Wanna Have Fun」

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着