L→R 町田龍哉(Ba)、柿澤秀吉(Vo&Gu)、濱野昌浩(Dr)

L→R 町田龍哉(Ba)、柿澤秀吉(Vo&Gu)、濱野昌浩(Dr)

【秀吉】目の前にいる人に
直接撃つ感覚でなくてはダメだと思っ


取材:土内 昇

その日、その場所、その瞬間の出会いを大切に歌っているつもりなのですが、今までで一番いろんなことを学びながらやれてる実感はありますね。まだまだまだまだだなと痛感する毎日で、とってもやり甲斐を感じています

 …と現在真っ只中にあるニューアルバム『むだい』のツアーについて語ってくれたのは柿澤秀吉(Vo&Gu)。そして、歌を活かすためにベーシックを一発録りし、ミスがどうこうよりもバンドのグルーブを重視したという今作については、下記のように話してくれた。

このバンドを組んだ時の“自分の歌を自分で歌う”という部分に立ち返ったというか、今までのミニアルバムのツアーで、もっと目の前にいる人に直接撃つ感覚でなくては全然ダメだなぁと思ったんです。自分の言葉で、メロディーで、アンサンブルで、しっかり歌うことをバンド全体で表そうという感じで、このアルバムは製作しました

 そんな今作のタイトルは“むだい”。アルバムの最後を飾る同タイトル曲「むだい」で彼は“どんなメロディーで 唄えばいいのだろう”や“どんな言葉で 唄えばいんだろう”と歌っている。そこが今作で彼が行き着いた心情ということなのだろうか?

しっかり聴いてくれてるんですね。ありがたいです! そういうことでもあるし、その根っこの部分が重なった時点で、その歌はその人のものになると思っているので、この作品にはその人なりの名前を付けてほしいって気持ちで付けたタイトルでもあります

 そんな彼が紡ぐ歌詞からは“柿澤秀吉”というひとりの人間が垣間見れる。自分を正直に出しているからこそ、その言葉はメッセージ性を持って心に響いてきた。

それはとってもうれしいです。歌詞を書くのは、自分を掘り下げて、削って、削って…という作業だと思っていて、その根っこにあったものが歌になってるんですけど、その部分ってきっと聴いてくれた人にも重なることだと思っています

 では、この『むだい』というアルバムだが、柿澤本人はどんな作品だと思っているのだろうか?

“こうしろ”や“ああしろ”というような逞しい歌はありませんが、きっと聴いてくれた方の一番近くで、一緒に笑ったり、泣いたり、悩んだり、迷ったり、怒ったりできるアルバムだと僕は思ってます
秀吉 プロフィール

ヒデヨシ:透明感と柔らかさを併せ持つ歌声、卓越したメロディーセンスとそれを支え力強くしなやかに躍動するリズム。時に優しく、時にエモーショナルに、静と動を織り交ぜつつ展開する楽曲は、所謂ギターロックと呼ばれる範疇に収まりきらない魅力と可能性にあふれている。 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」