L→R 大谷めぐ(Dr)、白江宗司(Vo&Gu)、野崎寿美(Ba)

L→R 大谷めぐ(Dr)、白江宗司(Vo&Gu)、野崎寿美(Ba)

【A(c)】自分たちの音楽には終わりが
ないし、
終わらせたくない


取材:ジャガー

「ツアー中のライヴハウスには、久しぶりに会う仲間がいたり、CDを手にとって初めてA(c)のライヴに来てくれた人がいたり、再会と出会いがあふれていて、とても充実していますね。お客さんが一緒になってライヴを楽しむ姿…手拍子をしたり、歌ってくれているのを観ると単純に嬉しいですし。観ている人の感じ方や表現方法は人それぞれだと思いますが、曲の中に込めた想いが聴き手の心のより深い部分に伝わるように、その瞬間をみんなで楽しめるように、私たちの音楽を3人で奏でたいと思っています」(寿美)

と、現在のツアーでの手応えを語ってくれた。そのツアーの軸となるアルバム『revive』は、自然に体を揺らすことのできる作品で、自由度を増したサウンドの展開が歌の世界観を広げている。

「“歌を邪魔しない”ではなく、“もっとドラムがこうしたら歌が引き立つんじゃないか?”“こういう演奏のアプローチは面白いんじゃないか?”というように、歌やメロディーに頼りきらず、曲を完成させるために演奏面からもいろんなことを発信しました。時には“やりすぎかな?”って思うぐらい自由に演奏しています(笑)」(めぐ)
「とにかく“今の自分たち”をそのまま表現したかったんです。普段の生活で感じること、ツアーでいろんな人たちと触れ合って感じたことを曲にしようと。なので、鼻歌や頭の中にふと浮かんだフレーズやメロディーなどもなるべくそのまま活かしましたね」(宗司)

アルバムタイトルにもなっている“revive”という言葉がキーワードとなり、本作には一貫した彼らの音楽に対する熱い思いが込められていた。それは、これまでに出会った人々との交流、経験が大きくバンドを成長させた証とも言える。

「“蘇生”や“生まれ変わる”というニュアンスで“revive”という言葉を使っているんですけど、それはどの曲にも当てはまるキーワードなんです。ツアーに来てくれたみなさんに音楽で素敵な一日を提供したいのに、逆に温かい気持ちや優しさをもらってしまい…後日、恩返しができたらと新曲を作ったり、ライヴをするんだけど、その度にお客さんから温かい気持ちや優しさをもらってしまう。そうすると自分たちの音楽には終わりがないし、終わらせたくない。何回でも“revive”させた気持ちがあって、願いが続いていくんですよ」(宗司)

さらに、歌詞の主人公はどこか悶々とした日々を過ごしているが、下を向いているわけではない。どちらかと言えば未来に希望を抱いており、すごく人間的な姿を垣間見ることができる。

「自分ひとりではできませんでした。ふとした時に、自分の周りにいる人が必死に生きているという実感を持てたんです。失敗して、へこんで、そこからまた次に進まなければいけない状況で、つらさや悩みを背負って必死に生きてる姿と向き合った時に“壁を壊して、何回でも生まれ変わればいい”、そんなフレーズがすっと浮かんできて自分の勇気になりました。誰しもがつらかったり、悩んだり、いろいろ考えていると思うんです。それは僕も一緒で。やはり希望や願いは絶対に必要だと思いますし、それが生きる糧になる。理想へ向かって、悩む自分を肯定してあげてもいいんじゃないかという気持ちが歌詞には表れています」(宗司)

最後に印象深い曲を挙げてもらった。

「全部好きですが(笑)。『南の島 音楽 想い』は、沖縄にツアーに行って生まれた曲です。斎場御嶽という場所にある砲弾池があり、戦争当時は全て奪ってしまった場所に今は緑や生き物が戻ってきている環境やそこにある想い、そして地元の方にいろんな話を聞かせてもらったんです。沖縄が抱えてる現在の問題や昔からずっと続いている問題…あまりに大き過ぎて、今の自分では受け止めきれず、思わず号泣してしまいました。その想いを詰め込んだ歌です」(宗司)
A(c) プロフィール

エーカッコシー:2004年10月に石川県・金沢で結成された3ピースバンド。印象的な歌声とどこか切なさを漂わせるメロディー、コードワーク、そして女性ふたりによるリズム隊は激しくも包み込むような優しさがありクセになる。現在、『【symmetry】リリースツアー』を開催中!オフィシャルHP
YouTube

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」