L→R 木村祐介(Ba)、yoshi(Dr)、ヤマモ(Gu&Vo)、Jin Oyagi(Vo)

L→R 木村祐介(Ba)、yoshi(Dr)、ヤマモ(Gu&Vo)、Jin Oyagi(Vo)

熱いミクスチャーサウンドを奏で、ストレートなメッセージを放つonepage。独自のストリートミュージックを提示する1stミニアルバム『YellowFlag』について、Jin Oyagi(Vo)とヤマモ(Gu&Vo)に語ってもらった。

結成は2015年ですね。

Jin
はい。僕はもともとドラムだったんですけど、このバンドからヴォーカルになったんですよ。目立ちたくて前に出るパターンです(笑)。
ヤマモ
僕はJinと10代の頃に知り合ったんです。僕の音楽人生で一番古い仲ですね。

みなさんの音楽のルーツは、どの辺りなんですか?

Jin
僕は完全にリンプ・ビズキットです。ドラム、全曲叩けます。
ヤマモ
僕はそういうJinからいろいろ教えてもらった感じですね。“これ、いいよ”って聴かせてもらって、“ミクスチャーってカッコ良いなぁ”と思うようになったので。

onepageの曲はミクスチャーとかパンクのテイストがありつつ、歌詞はメッセージ性が強いのが印象的です。

Jin
歌詞を書くと自然とこうなるんですよ。文章を書くのって誰かに伝えるためであることが多いと思うんです。だから、歌詞でもこういうのが今の自分にとって正解なのかなと。
ヤマモ
彼の歌詞は身近なことをすごく描いているので、リスナーそれぞれにとっても身近に感じられるものになっていると思います。
Jin
エンジニアさんのスキルと、テクノロジーの進化のおかげで、今回のCDは歌詞もしっかり伝わるものになったはずです(笑)。

(笑)。ミニアルバム『YellowFlag』はどういう作品にしたいと思っていました?

Jin
コンセプトとかはなかったんですけど、絶対入れたい曲を入れつつ、“他にどういう曲があるといいかな?”って考えながら作りました。「Invisibleman」「Drama」「WakeUp」は、ライヴですでにやっています。
ヤマモ
ギターに関しては、“あんまり小難しいことはしない”というテーマがありました。コピバンをしたり、“弾いてみた”の動画とかをネットに上げてくれたら嬉しいですね。

歌に関してはコーラスワークとか、ツインヴォーカル的なコンビネーションを大事にしていますよね?

Jin
コーラス、好きなんです。2年間の活動の中で、ツインヴォーカルにも聴こえるくらいの表現方法は追求してきたんですよ。そういうやり方が今回のミニアルバムを作りながら少し見えてきたのかなと思います。

「Go More!!」はまさにツインヴォーカル的なスタイルですね。

Jin
はい。作って、演奏して、レコーディングした結果、そういうものに育っていました。
ヤマモ
僕のコーラスはヴォーカルのボトムを支えるスタンスではあるんですけど、“ツインヴォーカル”と言っていただけるような印象になっているのは嬉しいです(笑)。
Jin
ライヴでも今までにはなかった観せ方になるのかなと思っています。あと、この曲は1曲目だなっていうのもありました。やっぱ1曲目で“わぁー!”ってなって、2曲目で“うおおお!”ってなりたいじゃないですか。そういう昔ながらの王道の流れを作りたいというのもありましたね。

2曲目の「OneWord」は、ベースのスラッピングから始まりますし、おっしゃる通り“2曲目”というイメージの勢いを感じます。

Jin
90年代のミクスチャーの感じです。スラップがバキバキなのを聴いて“うぉー!”ってなれる感じのものにしたかったんですよ。ベースの木村に20分くらいスラップを弾いてもらって、カッコ良いフレーズを切り貼りして作りました。

この曲もメッセージ性が強いですね。

Jin
はい。人間同士って“俺はお前のこと好きだぜ”って歩み寄ることで、相手にも“この人は味方なんだ”って感じてもらえて、そこで分かり合えるんじゃないかと思うんですよ。そういう曲です。

「YellowFlag」の歌詞も印象的です。《ブラックのアナーキーより足掻くイエロー》っていうフレーズが出てきますけど、どんな想いを込めています?

Jin
ブラック・フラッグはアメリカのハードコアパンクのバンドで、アナーキストの象徴として掲げる人がいますけど、日本はまたちょっと感じが違うのかなと。日本にもいろいろな問題がありますけど、それは真綿で首を絞められるような、見えない何かに脅かされる雰囲気の中で足掻く感じだと思うんですよ。だから、“ブラック・フラッグ”に代わる、俺らが掲げられる旗って何だろう?と考えて、“イエロー・フラッグ”という言葉が出てきました。

なるほど。「Play Forever」はバンドとしてのスタンスを表明している曲として受け止めましたが、どうでしょう?

Jin
まさにそうですね。子供の頃って、30代、40代とかになると遊べないと思っていたじゃないですか。でも、年齢を重ねていろんな人たちと知り合っていく中で、“一生遊べるんだな”って感じるようになっているんです。とはいえ、遊び続けるためには、しっかりしたものを持っていなければいけないんですよね。だから、“いろんな意地を張って一生遊ぼうぜ!”って歌いたかったんです。onepageは“遊ぶ”ってことをずっと根底に置いてバンドをやっていきたいし、何歳になってもライヴに遊びに来てほしいと思っています。
ヤマモ
僕、この曲が大好きなんです。“こういう感じのリフでやりたいんだよね”と珍しく僕が言ってかたちになったので。メロディーを付けてもらった時に、“これ、名曲になる気がする”と(笑)。作っている途中の段階で、早くもすごくパワーを放っていました。

今回の作品は“自分次第でいろんなことを面白くしていけるんじゃないの?”っていうのが伝わる一枚だと感じたました。

Jin
そういうものが伝わっていたら何よりです。やっぱ、“カッコ良い人のBGMになりたい”っていうのがあるんです。エナジードリンクみたいに聴いてもらって、自分の人生をより良いものにしていってもらえたらいいですね。いい音楽を聴いてカッコ良くなってほしいですし、それを届ける僕らもカッコ良くなきゃいけないなと思っています。“ストリートカルチャー”って言うと敷居が高いと感じる人もいるかもしれないけど、要するにそれってライヴハウスとかで直接対面して、温度を分け合うことなんですよ。だから、僕らはいろんな人と出会えることをこれからも楽しみにしています。

取材:田中 大

ミニアルバム『YellowFlag』2017年8月2日発売 WE LOVE RECORDS
    • WLR-1046
    • ¥1,728(税込)
onepage プロフィール

ワンページ:ストリートカルチャー発のミクスチャーバンド。2015年、メンバーチェンジを契機にonepageへと改名し活動開始。16年6月にデモシングル「Get Original / TokyoDia」を発表。それに伴い主催イベント『oneaction onechange』を東京、大阪、名古屋にて開催。17年8月初の全国流通盤となる1stミニアルバム『YellowFlag』をリリースする。オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」