L→R  abe(Ba)、iori(Vo&Gu)、jin(Dr)、okuji(Gu&Vo)

L→R  abe(Ba)、iori(Vo&Gu)、jin(Dr)、okuji(Gu&Vo)

【winnie】よりタフになったwinnieが
放つフルアルバム!

7月に約2年半振りとなるシングル「Crash and Burn」をリリースし、その健在さを見せつけたwinnie。続いて約3年半振りにリリースとなった待望のフルアルバム『Nostalgic Evolution』について、okuji (Gu&Vo)に訊いた。
取材:高良美咲

7月にリリースされた「Crash and Burn」は今作のフルアルバムに先駆けてのリリース、さらにwinnieにとって約2年半振りとなるシングルということで、まずはどのようなシングルを発表しようと考えたのですか?

「crash and Burn」は1年半くらいライヴで演奏して鍛えてきた曲で、winnieの得意とする疾走感のある曲だし、ライヴでのお客さんの良い反応や手応えもかなり感じたので、フルアルバム前にシングルリリースできないかとレーベルに提案したら通ったという感じです。ワンコインシングルなので初めてwinnieに触れる人もいたと思うし、やっぱりその後に控えているフルアルバムに興味が増すような作品だと思います。カップリング曲「after morning glance」でちょっと違った一面を見せられたのも良かったです。

リリース後はシングルリリースツアー『Crash and Burn Tour 2014』を行ないましたが、手応えはどうでしたか?

やはりリリースも2年半振りなら、自分たちのツアーも2年半振りだったので“待ってました”という反応がすごかったです。特に名古屋はモニターが聴こえなくなる程の大合唱で異常な盛り上がりでした。

そして、約3年半振りのリリースとなるアルバム『Nostalgic Evolution』を8月20日にリリースしますが、今作はいつ頃から構想を温めていたのでしょうか?

前作のツアーを終えてから曲を書き始めましたが、今回の曲作りはかなり不調な時期が続き苦労しました。個人的にはシンプルに良い曲が連発するようなアルバムにしたいなと思っていました。

10年以上活動を続けているwinnieにとって久々のリリースとなるアルバムですが、作り終えて改めて発見できたことはありましたか?

“俺、ギター上手くなったなぁ”と初めて今回思いましたね(笑)。

今作のタイトル“Nostalgic Evolution”に込められた意味とは?

自分の場合、昔の懐かしい音楽を聴いた時に“懐かしいなぁ”って思いもあるけど、同時に未だ現在進行という感覚なんです。それが音楽をやるモチベーションになっています。その上で曲を作って、新しいものを生み出しているというような意味で“Nostalgic Evolution”です。

今作には10曲が収録されていますが、他にも楽曲がある中での選曲でしょうか?

winnieは最初に曲数を決めたらその分しか用意しませんね。その中で全力を尽くすというか。

メロディーの美しさがもとにありつつ、それに対する英詞の響きの良さがwinnieの持ち味だと思うのですが、楽曲の制作の際に意識しているところはどんなところでしょうか?

やっぱり俺とioriの男女ツインヴォーカルっていうスタイルが、曲を作る上で良い意味での縛りになっているなとよく感じるし、ツインヴォーカルのいろんなパターンを出したいなと思ってます。

「over the world」はサビのツインヴォーカルと曲間のコーラスがとても映える楽曲ですね。

もともとは楽曲提供用に作りました。ioriに聴かせたら“これはwinnieでやらなあかん”と強く言われたのもありwinnieの曲になりましたが、楽曲提供のほうは一切音沙汰なしなのが興味深いです。

鮮烈な幕開けを飾るバンドサウンド、サビに向けての《let's go inside》というフレーズが印象的な「reasons never die」はライヴで盛り上がりそうな楽曲ですね。

作りながらメロディーを発展させていった曲で、レコーディング直前でサビを全取っ替えしました。結果、めまぐるしくリードヴォーカルが入れ替わったり、ギャングコーラスが出てきたりと派手になりました。

okujiさんのヴォーカルで幕を開ける「refrain」は、耳に残りやすいさまざまなリフが仕掛けられており、ギターソロからの流れも面白かったです。

フレーズは細かいし、ギターソロも弾きまくってますからね。自信あります。ただ、ライヴで歌いながら演奏するのは困難な事態です(笑)。

乾いたドラムの音が印象的でどこかメランコリックな「always knocking on your door」は、アルバムの最後を締め括るに相応しい楽曲だと思いました。

これは10年くらい前からあった曲で、過去に2度レコーディングしていて最後まで完成しなかった曲なんです。アレンジも歌詞も何度も変わっていて今回やっと収録されました。ギターソロは魂で弾きました。

今作の中でも思い入れのある楽曲、印象深い楽曲は?

個人的イチオシソングは単純に自分のiTunesの再生回数がすごいという理由で「nothing lasts forever」です。

聴きどころはどこでしょう?

全部です。ギタリスト視点で言えば、ギターキッズはぜひコピーしてほしいです。

“winnieは健在”とも思えるような安定感もありつつ、より磨き上げられたエモーショナル感にあふれたアルバムですが、出来上がってみてどのような一枚になったと思いますか?

ジャケから音、アルバムタイトルまでトータルで完成された一枚になったなぁと思いました。個人的には結構ギターソロとかフレーズで遊べるようになったなと思います。

聴き応えのある一枚で、ライヴにはどのような影響があるのか楽しみです。9月からはアルバムツアー『Nostalgic Evolution Tour 2014』がスタート、11月23日には下北沢SHELTERにてワンマンライヴを行ないますが、意気込みなどあればお願いします。

今のwinnieってほんの少し前と比べても、よりタフになっていると思うし、そういう意味で全国的にビビらせたいです。ツアー中はとにかく全ての時間を楽しくやりたいと思っています。
『Nostalgic Evolution』
    • 『Nostalgic Evolution』
    • EVOL-1035
    • 2014.08.20
    • 2300円
winnie プロフィール

ウィニー: 男女ツインヴォーカルで、切なく疾走感あふれるメロディーを奏でる4ピースエモーショナルロックバンド。2002年、ioriとokujiを中心に、もともとはそれぞれのサイドプロジェクトとして結成された。14年7月、約2年半振りのシングル「Crash and Burn」をリリースし、8月には約3年半振りとなる待望のフルアルバム『Nostalgic Evolution』をリリースした。winnie オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC

新着