L→R よね(Ba)、メル(Dr)、鹿子ちゃこ(Vo&Gu)、ハセ(Gu)

L→R よね(Ba)、メル(Dr)、鹿子ちゃこ(Vo&Gu)、ハセ(Gu)

【密会と耳鳴り インタビュー】
イロモノじゃないんで、マジで
売れたいです!

密会と耳鳴りが3rdミニアルバム『NEW』を完成させた。どれがリード曲でもおかしくないほどキレキレのナンバーが揃った新作は心機一転、下北沢SHELTERのレーベル・SHELTER UNITEDからのリリース。彼女たちに訪れている変化についてもじっくり聞いた。

バンドの改名があって、作品のリリースを重ねてきて、さまざまな修行企画(密会と耳鳴り 修行企画第一弾1月の『滝修行』など)も経て、密会と耳鳴りは今どういう状況だと感じてますか?

ちゃこ
いろいろ変わってはきてるよね?
ハセ
特にライヴかな。ちょっと前までは飛び道具っていうか、ダッチワイフを投げたりしてたもんな。

あ。エフェクターを使うみたいな話じゃなくて、実際に物を。

よね
そう、客席にボーンと放り投げてました(笑)。
ハセ
“下に落とすな!”とか言って。
ちゃこ
胴上げさせてな。
ハセ
ちゃこがユニコーンの浮き輪に乗ってフロアーにダイブするとか。でも、最近は…
メル
もうちょっと真面目に、バンドらしく(笑)。
ちゃこ
音楽でノッてもらいたい方向性になってきた。飛び道具で煽るんじゃなくて。

やってることに違和感を覚えてきたというか?

ちゃこ
ありました。対バンしててもそうやし。
よね
“ウチら誰とやったら合うんやろ?”ってな。
ハセ
誰からも声をかけてもらえるようになりたいのに、とっつきにくいバンドになってました。
よね
展開がコロコロ変わりすぎる曲も多かったです。その辺もたぶん聴く側はノリにくくて。
ちゃこ
思うがままにやりたいことをやってたもんな。

客観性を持てるようになってきたのかもしれないですね。

ちゃこ
“カッコ良い”の基準が自分たちの中で変わってきました。パフォーマンス重視から演奏重視にシフトした感じです。おかしな言い方やけど(笑)。
メル
イロモノに見られがちやったから、それを払拭したくなってきたよね。ガールズバンドってだけでジャンルに分けられるのも嫌やし、音楽で判断してほしい想いがより前に出たんやと思います。
よね
今回のSHELTER UNITEDの再始動は指先ノハクもうちもガールズバンドやけど、どっちも枠に収まるタイプじゃないし、同時リリースで“東西対決”みたいになるのも面白かったんで。指先が東京で、密会が大阪出身っていう。
ハセ
指先、カッコ良いよなぁ。ギターのタイプも自分と全然違うから刺激は受けてます。

今作のリード曲「バンド売れたい」でも《絶対うまくいかへんと思われてそう》と歌ってたので、偏った見られ方には困ってるのかなって。

ちゃこ
確かにそうですね(笑)。もともとコンプレックスがすごいんで、そこはドバッと出していくしかないけど。日々思ったこと、感じたことをそのまま歌詞にしてます。

それで恋愛の曲が多い?

ちゃこ
でも、自分たち的にはあまり恋愛を歌ってる感じじゃないんですよ。ダメ男の曲が多いだけ(笑)。

「チャラ男まじファッキンビッチ」や「ドタキャン」は“ふざけんな!”的な出来事が現実にあってできたってことですか?

ちゃこ
はい。「チャラ男まじファッキンビッチ」は歌詞の通りで、振り回されてるって感じたことがテーマになってます。男の予定に合わせるとか、夜中に電話があったら“行きたくないけど行きたい”と思う自分がいるどうしようもなさとか。
ハセ
何が言いたいかは大抵タイトルで分かる(笑)。

ミニアルバムのタイトル“NEW”にしても“これが新しい私たち”ってことですね。

ちゃこ
そうです!
ハセ
SHELTERのレーベルで新しくリリースすることを含め、一からバンドを作る気持ちで。制作の過程で店長の義村さんに聴いてもらったりもしつつ。音楽的にノれる曲がグッと増えてると思います。
ちゃこ
昔は曲に対するこだわりが激しすぎて、他人の意見なんて“嫌や!”みたいな感じで聞かなかったのに(笑)。

でも、妥協はないですよね。「チャラ男まじファッキンビッチ」だってラップ調があって、ものすごくヘヴィなギターが炸裂して、間奏は裏打ちのリズムに変わったり、攻めまくった上で不思議とノリやすい曲になってるし。

ハセ
その時にやりたいと思ったことを感覚的に盛り込んでいくみたいな作り方なんですよ。
ちゃこ
最初はめっちゃ適当にうわーってやりまくって。ラップっぽいところとかは、それに合う感じのうねうねしたフレーズをよねちゃんに弾いてもらうように頼んでね。
よね
半ば無理やりね(笑)。「君にハレーション」は私がベースライン弾いてたら、みんなが上手く乗っかってきてくれた感じです。
メル
“あれ? なんかできてきたかも!”みたいな。
ハセ
むっちゃ頭悪いっぽい(笑)。基礎練習の延長みたいなフレーズを弾き出して、“それ、ええやん!”ってなったら合わせて、歌も付けてみる感じなのが多いね。
よね
各自がちゃんとデモを作ってくるパターンもありますよ。今回は全6曲中、「ぴっぴちゃん」「ドタキャン」「またね、なわけないさようなら」がそれやからバランス良く半々ですね。「ドタキャン」は私が初めて作曲をしました。ベースラインもコーラスもいい感じにできたかなと。
ちゃこ
メロディーや歌詞も作ってきてくれたけど、それはダサすぎて全改装したんですよ(笑)。オタクみたいな内容で“こんなんキャラじゃないから歌えへんわ!”って。

なんだかんだで、ギターロックの中にヒップホップやメタルのテイストが上手く入ったりもするじゃないですか。

ちゃこ
ラップ要素は最近のブームなんです。前まであまり触れてこなかったMINMIとかRed Hot Chili Peppersとか聴くようになって、私がラップのカッコ良さに目覚めました。
ハセ
メタルは私が好きだし、義村さんも“メタルっぽい曲があったらいいんじゃない?”って言ってくださったのでゴリゴリの作ってみようかなと。それが「バンド売れたい」なんですけど、リフ系のはイメージが難しいなと思いましたね。

メタルが好きなのに?

ハセ
Michael Schenker Groupとかが好きで、METALLICAとかは通ってないんです。だから、そういう王道メタルを参考にして。サビは突然ハッピーになりすぎやけど(笑)。

「ぴっぴちゃん」もだけど、分かりやすくキャッチーに開けるサビは印象的でした。

ちゃこ
そこは意識して取り組んだので嬉しいです。この曲のみ、妄想で書いた歌詞やけども。初! “NEW”やな。
よね
サビの入り方も以前よりパッて開けた感じが出るようにはしましたね。自分らで聴いててもノリやすい。

「ぴっぴちゃん」「君にハレーション」はダンサブルなビートが活きてて、特にポップな仕上がりだと思います。

ちゃこ
いやー、“ポップ死ね!”みたいなバンドやった私たちが(笑)。
よね
あえてやるようになったんだよね、ポップを。
メル
速い曲をやりすぎてた。だから、「君にハレーション」はむちゃむちゃ新鮮で。今までになかった密会と耳鳴りというか。このテンポでもいい見せ方ができるんやなって。
ハセ
BPM160以下の曲がなかったもんな。
よね
うん、速いのしかできへんと思ってた(笑)。
メル
「君にハレーション」が起点になっていろんなテイストに挑戦できて、曲の広がりが生まれたんじゃないかな。
ハセ
「ぴっぴちゃん」「またね、なわけないさようなら」では歌に合った伴奏っぽいギターが弾けたりもしたんですよ。“J-ROCKみたいなフレーズ、やれたなぁ”って自分で思いました(笑)。
ちゃこ
そういうので言うと、私は“女子あるある”みたいな歌詞がいっぱい書けて良かったです。

リード曲にも新作のツアータイトル(『密会と耳鳴り『NEW』Release Tour ~LOVE CHU NEW 今年こそバンド売れたい~』)にもなってるように、あとはバンドが売れれば最高ですよね。

全員
売れたい~!!!!
ちゃこ
一番言いたいことは“バンド売れたい”! バラエティーに富んだいい音源ができたので、ここから一段と頑張って密会と耳鳴りを広げていこうと燃えてるところです。
ハセ
本当に聴きやすい一枚やからチェックしてほしいですね。出来上がってみて“他のバンドのCDみたい!”って思うくらいキャッチーな自信作なんで。

取材:田山雄士

ミニアルバム『NEW』2018年3月14日発売 SHELTER UNITED
    • SHLU-1 ¥2,000(税込)
密会と耳鳴り プロフィール

ミッカイトミミナリ:2012年、網タイツにオムツという出で立ちでライヴをする失禁少女として活動を開始。14年に現在のバンド名に改名後、大型のフェスやサーキットイベントに出演を果たす。18年3月、下北沢SHELTERが主宰するレーベルSHELTER UNITEDより、3枚目となるミニアルバム『NEW』を発売する。密会と耳鳴り オフィシャルHP

L→R よね(Ba)、メル(Dr)、鹿子ちゃこ(Vo&Gu)、ハセ(Gu)
ミニアルバム『NEW』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

12コメント
  • RT @OKMusicOfficial: 【MUSIC SUPPORTERS】密会と耳鳴り 3/14リリースのミニアルバム『NEW』のインタビュー公開! okmusic UP's 3/20発行号にも掲載予定です! #密会と耳鳴り https://t.co/xHpPn1Ikmz
  • RT @OKMusicOfficial: 【MUSIC SUPPORTERS】密会と耳鳴り 3/14リリースのミニアルバム『NEW』のインタビュー公開! okmusic UP's 3/20発行号にも掲載予定です! #密会と耳鳴り https://t.co/xHpPn1Ikmz
  • RT @MusicNewsJapan: 【密会と耳鳴り インタビュー】イロモノじゃないんで、マジで売れたいです! https://t.co/G0ryZSD2hK
  • RT @MusicNewsJapan: 【密会と耳鳴り インタビュー】イロモノじゃないんで、マジで売れたいです! https://t.co/G0ryZSD2hK
  • RT @OKMusicOfficial: 【MUSIC SUPPORTERS】密会と耳鳴り 3/14リリースのミニアルバム『NEW』のインタビュー公開! okmusic UP's 3/20発行号にも掲載予定です! #密会と耳鳴り https://t.co/xHpPn1Ikmz
  • RT @OKMusicOfficial: 【MUSIC SUPPORTERS】密会と耳鳴り 3/14リリースのミニアルバム『NEW』のインタビュー公開! okmusic UP's 3/20発行号にも掲載予定です! #密会と耳鳴り https://t.co/xHpPn1Ikmz
  • RT @OKMusicOfficial: 【MUSIC SUPPORTERS】密会と耳鳴り 3/14リリースのミニアルバム『NEW』のインタビュー公開! okmusic UP's 3/20発行号にも掲載予定です! #密会と耳鳴り https://t.co/xHpPn1Ikmz
  • 【密会と耳鳴り インタビュー】イロモノじゃないんで、マジで売れたいです! https://t.co/G0ryZSD2hK
  • 【密会と耳鳴り インタビュー】イロモノじゃないんで、マジで売れたいです! | OKMusic https://t.co/IxULfZmELp @OKMusicOfficialさんから
  • RT @OKMusicOfficial: 【MUSIC SUPPORTERS】密会と耳鳴り 3/14リリースのミニアルバム『NEW』のインタビュー公開! okmusic UP's 3/20発行号にも掲載予定です! #密会と耳鳴り https://t.co/xHpPn1Ikmz
  • 【密会と耳鳴り インタビュー】イロモノじゃないんで、マジで売れたいです!(OKMusic)
  • 【MUSIC SUPPORTERS】密会と耳鳴り 3/14リリースのミニアルバム『NEW』のインタビュー公開! okmusic UP's 3/20発行号にも掲載予定です! #密会と耳鳴り https://t.co/xHpPn1Ikmz