L→R RENA(Gu)、MAYUKO(Dr)、AYAKI(Vo)、SHINOBU(Ba)、MINAMI(Gu)

L→R RENA(Gu)、MAYUKO(Dr)、AYAKI(Vo)、SHINOBU(Ba)、MINAMI(Gu)


取材:高良美咲

Victoryはメンバー全員が現在高校3年生ということですが、結成のいきさつは?

SHINOBU
小学校の担任の先生が趣味でバンド指導をされていて、その指導を受けていた先輩のバンドに憧れてバンド活動を始めました。

“Victory”というバンド名もその時に名付けたのですか?

RENA
バンドを組んだ当日、早速コンテストに出ることになり、バンド名を決めなければ!と、私が知っている英単語をただひたすら並べ多数決で決まりました(笑)。今は、どんな時も自分に勝利を勝ち取れる演奏ができればいいな、という後付けも個人的にしています(笑)。

結成時はどのような楽曲を演奏していたのでしょうか?

MAYUKO
最初はいろんなアーティストさんの曲をカバーしたりして、地元のイベントやコンテストなどにどんどん出ていました。その頃からロック系の曲をカバーしていました。
RENA
一番最初にコピーした曲は先生が勧めてくださった曲、サディスティック・ミカ・バンドの「Big-Bang, Bang」でした。木村カエラさんが歌ってらっしゃる映像を観て、その時からロックってカッコ良いと思うようになりました。
SHINOBU
初めはコピーバンドとしてやっていましたが、オリジナル曲でないと出られない大会が多くなったので、中3の終わりくらいからオリジナル曲を作り始めました。

なるほど。小学校5年生の結成から現在までどのような活動をしてきたのでしょうか?

RENA
町のイベントやお祭り、地元の佐賀県はもちろん大分県や長崎県、先生のもとへの依頼にはほとんど参加させていただき、私の母があらゆるイベントを調べ上げ(笑)、企画元の方々に直接電話し、イベントに出させてもらうこともたくさんありました。あとは、見つけてきたコンテストは片っ端から出させてもらいました!
MAYUKO
高校1年生の夏に『Teens Rock in HITACHINAKA』でグランプリをとってバンドとしては史上最年少で『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』に出演し、それからプロになりたいという意識が強くなりました。

Victoryの楽曲はひと昔前のロックを感じる楽曲も多いのですが、メンバーのもともとのルーツは?

MINAMI
NIRVANAです。イベントに出る時、大人の人たちばかりだったので少し古い音楽を聴いていました。
SHINOBU
初めて買ったCDがチャットモンチーさんだったので、思い入れがあるというか、今でも好きですね。オリジナル曲を作るようになって、周りの方から“(楽曲が)70年代っぽいね”と言われることが多かったので、そこから洋楽も聴くようになりました。Red Hot Chili PeppersやBlondie、NIRVANA、AC/DCなどを聴いてます。

メンバー全員が高校生ということで、高校生だからこその強み、逆に弱みなどはありますか?

AYAKI
“高校生だから”というより普通の女子高校生が演奏しそうではない曲調の音楽をやっているというギャップが強みです。
SHINOBU
後先考えずに突っ走れるところ。これが強みでもあり弱みでもあるのかなと思います。突っ走って成功することもあれば、冷静にならなければならないところでも先走ってしまって失敗したり…若さでなんとか乗り切っています!(笑)

1月22日に発売されるミニアルバム『KGSD』はVictory初の全国流通盤ですが、まずはどのような作品を作ろうと思ったのでしょうか?

AYAKI
全ての曲の歌詞がまさにそうなんですが、“等身大”です。 高校生、そして3年生という時期である私たちの今を全部詰め込んだ作品にしたいと思いました。

本作には5曲が収録されていますが、選曲はどのように?

AYAKI
恋愛、進路など今の私たちの状況と合った歌詞や私たちらしい楽曲を選びました。全員バラバラの性格、好みを持つメンバーそれぞれが作詞、作曲しているので5曲とも歌詞、楽曲ともにそれぞれの個性を見ていただけると思います。
SHINOBU
「HAPPY LIFE」は前に作ったオリジナルなんですが、それと「KGSD」以外の3曲はこのアルバム制作に先立って作ったものです。新たな環境に足を踏み入れた今の私たちを表せたら、と思いレコーディングギリギリまで試行錯誤しながら作りました。

リード曲であり1曲目を飾る「KGSD」は疾走感のあるバンドサウンドが印象的で、思わず一緒に口ずさみたくなるような“KGSD”というフレーズが耳に残りやすいです。制作は今城沙々さんが手掛けているとのことですが、バンドとしてはどのようにアレンジなどを進めていったのでしょうか?

AYAKI
何度も聴いてみんなで合わせて、アレンジを加えることでVictoryらしさを足しました。初めて聴いた時に、“THE 女子高校生!”な歌詞と明るい曲調がVictoryに合っているし、ライヴでもお客さんと絡むきっかけにもなりそうな曲だと思って、ライヴでもCDでも何回聴いても楽しい曲にしたいと思いました。
RENA
初めて聴いた時、若いからこその純粋な気持ちやリアルな女の子の気持ちがストレートで、でも楽曲はしっかりロックでカッコ良いなと思いました。それからソロやアクセントなどはメンバーと演奏した時に自分たちの案を入れつつ演奏していき、楽曲ができました。また、演奏をしてみたらロックさが増して自分たち自身も好きな曲になりました。

“KGSD”というタイトルの掛け声も印象的ですが、この言葉に込められた意味は?

AYAKI
“君が好きです”の略です!
SHINOBU
直接口に出せない、だけど心に秘めた伝えたい強い思いがある、そんな気持ちを婉曲的に表しています。

他の楽曲の制作についてはどのように?

SHINOBU
まずコードやある程度のメロディーを決めてから、歌詞を付けていきました。歌っては歌詞を練り直し、演奏してはアレンジを練り直し、とメンバーみんなで意見を出し合いました。

歌詞についてですが、「I Go Everyday」では前向きに力強く、バラードの「U」では繊細な心を、10代ならではのさまざまな面を描いていますが書く際に意識していることはありますか?

SHINOBU
背伸びをあまりしないように心掛けています。大人びた歌詞に憧れたりもするんですが、背伸びをするのはきっと大人になってもできるけど、今の私たちが感じる気持ちは、5年後、10年後同じように感じることはできなくなってしまうので、今感じている気持ちを素直に今の私たちの言葉で表わすようにしています。

そんな歌詞を際立てるメロディーやアレンジでのこだわりは?

RENA
私個人的な意見だとロックな曲でもサビはメロウに作りたがる傾向はあります(笑)。例えば、アコースティックにしてしっとり歌うとグッとくるロックはカッコ良いなと思っているので、できるだけメロウに作りたいと思っています。
MAYUKO
メロディーはやっぱり覚えやすく、知らないうちに歌ってた!というのを狙ってます。

アグレッシブな「偽物スマイル」、ギターサウンドの爽快な「HAPPY LIFE」など今作は歌詞だけではなくサウンド面でも幅の広い作品になっていますね。

AYAKI
ひと言で言えば、“個性の塊”です! 歌詞も曲も全部違う雰囲気があって、いろいろな顔がある一枚になったと思います。
RENA
いろんなジャンルやBPMだったり歌詞だったりバラバラなので、CDでもライヴのように盛り上がったり落ち着いたりゆったり聴いていただけたりできるかなと思います! 良い意味でも悪い意味でも自分たちの裏も表も出したリアルが出てるアルバムです。今しかできない、この年だから出来る音が出せました。大人になった自分が歌詞を聴いたら青臭くて笑っちゃうと思います。
MAYUKO
“この5曲が高校生の私たち”という感じです。そして、個性的なメンバーが作詞作曲をやっているので、一曲一曲聴き応えのあるアルバムになっていると思います。絶対飽きないと思います!

中でも思い入れのある楽曲はありますか?

AYAKI
「I Go Everyday」です。事務所に入ってから最初にできた曲で、作詞を私が担当したんですが、私たちの今の状況をそのままの歌詞にしたので、今のVictoryを表すにはピッタリだと思います。
SHINOBU
「KGSD」は今城沙々さんが手掛けてくださった楽曲なのですが、それをいかに自分のものにするか、悩みながらもそれがすごく充実したものだったので印象深いです。
RENA
「偽物スマイル」です。ギターソロに悲しい想いを込めたのは初めてです。

本作の特に聴いてほしいところは?

SHINOBU
「偽物スマイル」や「I Go Everyday」はギターソロがすごくカッコ良いのでそこをぜひ! 「U」はベースが意外と凝っているのでそこに注目して聴いていただきたいです。「KGSD」では曲間に“KGSD!”という掛け声があるので、それを覚えてライヴでも一緒に盛り上がってほしいですね!  「HAPPY LIFE」は歌詞に注目していただきたいです。夢に向かって新たな生活を始める方に共感していただけると思います!
MAYUKO
よく聴くと、70年代のロックの要素がちらほら入ってたりするので、全曲隅々まで聴いてほしいです。

『KGSD』を制作したことで、発見できたことはありましたか?

MINAMI
「U」のギターをどうしたら感情がこもってるように聴こえるかとか感情の込め方、自分の苦手としているところを発見できました。
RENA
いろんな関係者の方たちとの出会いやプロとしてやっていくこと、音楽を仕事にしていくこと、でも原点は音楽が好きであること。まだまだ努力が足りない、と怒られるばかりでしたので、負けずに頑張りたい、ただひたすら音楽にどっぷり浸かりたいと思いました!
AYAKI
改めてこのメンバーで良かったと思いました。私はヴォーカルなのでレコーディングは最後にするんですが、他のメンバーがいるからこそ成り立つものなんだと思います。あとは、ハモりって難しいということですね(笑)。

なるほど。そして、3月30日に東京での初ワンマンを新宿レッドクロスにて行ないますが、意気込みをお願いします!

RENA
私たちのスタートラインだと思っています。与えていただいた場所と時間をVictory一色に染めて本能で演奏したいです。そして、お客さんと同じ空間を充実したものにして、“また行きたい!”そのひと言を聞けるライヴにしたいです!

高校の卒業なども踏まえて、今後はどのような活動をしていきたいですか?

SHINOBU
高校を卒業するということで、やっぱり活動の幅が広げられるのはすごく楽しみです。たくさんライヴがやりたいですね! 今まで行ったことのない場所や、学祭などでもライヴがやれたらいいなと思います。“Victoryといえばライヴ!”と言っていただけるようにライヴに重きを置いて活動していきたいです。

今作のリリース、ライヴはVictoryにとって最高のスタートになりそうですね。

AYAKI
楽しい嬉しいだけじゃなく不安ももちろんあるし、直さなきゃいけない部分もたくさんありますが、応援や協力をしてくださる方々に感謝して、頑張っていきたいと思います!
MAYUKO
まだまだスタートしたばかりの私たちですが、これからもVictoryの個性をたくさん出しながらこの“ポンコツ精神”でがむしゃらに頑張っていきます!!
『KGSD』
    • 『KGSD』
    • RCSP-0044
    • 2014.01.22
    • 1890円
がんばれ!Victory プロフィール

ガンバレ!ビクトリー:2007年に小学校の同級生同士で結成。コンテスト、フェスの出演、精力的なライヴ活動によって徐々に注目を集め、14年1月に初の全国流通盤となるミニアルバム『KGSD』をリリース。その後、高校を卒業しメンバー全員で上京するも、同年7月に行なわれた単独イベント時に企画に失敗し、“Victory”から“がんばれ!Victory”に改名。15年5月にシングル「全力!スタート/夢のつづき」でメジャーデビュー。“絶対生音主義”を掲げた本格的なロックサウンド、10代女子のリアルな気持ちを反映させた歌詞によって幅広い人気を集める。がんばれ!Victory オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。