愛すべき飲んだくれR&Rバンド、
フェイセズの魅力が詰まった
『馬の耳に念仏』

愛すべき鍵盤プレイヤー、イアン・マクレガン。早すぎるその死を悼んで、彼がかつて参加していたフェイセズの代表作『馬の耳に念仏』を取り上げる。ジャケットからライヴ盤と勘違いされがちだけど、もちろんスタジオ・アルバムだ。

なんだか、いつも以上に物故者が多かったように思える今年(14年)のロック界。中でも12月3日、脳卒中の合併症で亡くなったイアン・マクレガンの訃報は世界中にいる多くのロック・ファンをより一層、悲しませたんじゃないか。69歳だった。
イアン・マクレガンと言えば、ブリティッシュロックを代表するバンド、スモール・フェイセズ/フェイセズのキーボード奏者、あるいはローリング・ストーンズのサポートメンバーとしてその名を知られているが、フェイセズ解散後、多くのセッションに参加してきたから、フェイセズやストーンズのファンではないというリスナーもどこかでマクレガンが奏でるゴキゲンなフレーズを耳にしているかもしれない。
セッションに参加してきたバンド/アーティストはボブ・ディラン、ブルース・スプリングスティーン、ストレイ・キャッツ、ポール・ウェラー、ジョン・メイヤーなどなど、実に幅広い。ベテランのみならず、声が掛かれば、どんな新人でも知る人ぞ知るアーティストでも演奏できる機会があるなら喜んで駆けつける――そんなイメージがある。フェイセズ解散後、マクレガンはセックス・ピストルズを抜けたグレン・マトロックが新たに結成したリッチ・キッズのデビューアルバム『Ghosts of Princes in Towers』とアルバムリリース後のツアーに(たぶんスモール・フェイセズの大ファンだったマトロックに乞われ)参加しているが、それがストーンズとほぼ同じ時期というところが面白い(ちなみにマトロックはそれから32年後、再結成したフェイセズにベーシストとして参加した。嬉しかったにちがいない)。マクレガンの死後、かつての盟友のみならず、共演を含め、彼と何らかの関わりがあった少なくない数のミュージシャンが哀悼の意を表した。きっと彼はロックンロールにゴキゲンな鍵盤のフレーズを加える腕前に加え、誰からも愛されるキャラクターの持ち主だったと言える。
看板シンガーを失ったスモール・フェイセズがジェフ・ベック・グループにいたロッド・スチュアート(Vo)とロン・ウッド(Gu)を迎え入れ、フェイセズとして再出発したのはご存知の通りだが、ふたりが加入するにあたっては、ロッドがフェイセズ加入前に作ったソロアルバムにマクレガンが参加していたこともきっと決め手のひとつになったにちがいない。
今回、取り上げる『馬の耳に念仏』はフェイセズが71年にリリースした3作目のアルバム。フェイセズと言えば、やはりこれだろう。全英6位を記録したフェイセズ最大のヒット曲「ステイ・ウィズ・ミー」も収録されている。もちろん、多くの人が知っているヒット曲という意味で、その「ステイ・ウィズ・ミー」ばかりが取り上げられるのは仕方ない。しかし、「ステイ・ウィズ・ミー」だけがフェイセズではない。それはロン・ウッドが奏でるヘヴィなリフにマクレガンのエレピが絡むオープニングの「ジュディズ・ファーム」以下、佳曲が並んだこのアルバムが雄弁に物語っている。
ロッドによるシャウトが痛快すぎるその「ジュディズ・ファーム(Miss Judy’s Farm)」「ひどいもんだよ(Too Bad)」といったロック・ナンバーに加え、ソウルフルなバラードの「ラヴ・リヴズ・ヒア」、そしてスモール・フェイセズ時代から“もうひとりのソングライター”としてバンドを支えてきたロニー・レイン(Ba&Vo)が自らリラックスした歌声で歌うハートウォーミングな「ユアー・ソー・ルード」など、曲のバランスもいい。チャック・ベリーの「メンフィス、テネシー」のカバーも気が利いている。もちろん、ラストを締め括る「ザッツ・オール・ユー・ニード」でロン・ウッドが唸らせるスライドギターも聴きどころだが、やはり今回はギターとキーボードのコンビネーションに耳を傾けたい。こういうアンサンブルを聴かせるバンド、案外、他にはいないかもしれない。
ロッドがソロシンガーとして成功してしまったため、バンドはぎくしゃくしてしまい、ロニー・レインの脱退、日本人ベーシスト=山内テツの加入を経て、フェイセズはとうとう解散してしまうが、ちっちゃいことは気にしない(実はそうでもないんだけど)、彼らが印象付けた“飲んだくれロックンロール・バンド”というイメージにジョージア・サテライツ、ブラック・クロウズ、リプレイスメンツ、ガンズ&ローゼズ、ジェットら、多くのバンドが憧れた。今でもきっとロックンロールを志すミュージシャンにとって、フェイセズはひとつのロールモデルになっているにちがいない。
全英2位、および全米6位を記録したこのアルバムは、そんな彼らが一番輝いていた瞬間を記録したものとして、未だに多くのロックファンから愛されている。彼らがどんなふうに愛されたバンドだったかを物語るジャケットもいい。

著者:山口智男

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。