幅広いジャンルをカバーする
熟練シンガー、リタ・クーリッジ
初期の代表作『ナイス・フィーリン』

『Nice Feelin’』(’71)/Rita Coolidge

『Nice Feelin’』(’71)/Rita Coolidge

リタ・クーリッジと言えば、日本ではボズ・スキャッグスの「ウィ・アー・オール・アローン」のカバーヒットをはじめとしたポピュラーシンガーとして知られている。しかし、彼女はソロ歌手としてデビューする前後(60年代後半から70年代前半)にかけては、エリック・クラプトン、ジョージ・ハリソン、ジョー・コッカー、デラニー&ボニー、ジミ・ヘンドリックス、ボブ・ディラン、スティーブ・スティルス、グレアム・ナッシュらのレコーディングに参加するなど、ロック界で最も光り輝いていたセッションヴォーカリストであった。今回取り上げるのは、彼女のソロ第2作となる『ナイス・フィーリン』で、豪華なメンバーが参加した1stソロアルバム『リタ・クーリッジ』(’71)と3rdソロアルバム『ザ・レディース・ノット・フォー・セール』(’72)に挟まれているだけに存在は地味だが、本作はスワンプ系ロックを代表する傑作のひとつである。

幼少期からの音楽環境

リタ・クーリッジはアメリカ南部のテネシー州出身で、牧師と教師を兼任していた父親のもとで、幼少期から教会でゴスペルを歌っていた。ティーンエイジャーの頃、ナッシュビル(カントリー音楽のメッカとして知られる)からフロリダ州ジャクソンビル(のちにオールマン・ブラザーズ・バンドやレーナード・スキナードが誕生する町)へと引っ越している。そういった経緯もあって、彼女は若い頃からR&B、カントリー、ゴスペル、フォークなど、さまざまなアメリカの音楽を熟知していた。

フロリダ州立大学では音楽三昧の生活をおくり、卒業後に一家はテネシー州メンフィス(サザンソウルが盛ん)へ移住する。彼女の姉で同じくシンガーの道に進んだプリシラ・クーリッジが、オーティス・レディングのバックで知られるブッカー・Tと交際(のちに結婚する)していたこともあり、彼女は姉とともにセミプロの歌手としてメンフィスで活動するチャンスを得る。ほどなくして、当時の多くの若者がスターになる夢を追って西海岸に集まったように、彼女もまたロスアンジェルスへと向かう。

デラニー&ボニー&フレンズへの参加

ブッカー・Tはスタックスレコードのスタジオミュージシャンで、スタックスと契約した初の白人アーティストとなるデラニー&ボニーのアルバム『ホーム』(’69)に参加していたことから、リタは彼からボニー・ブラムレットのヴォーカルのすごさを知らされる。その後、デラニー&ボニーのふたりを紹介してもらい、彼女はフレンズの一員となる。ここから、彼女の怒涛の数年間がスタートするのである。

デラニー&ボニーは、『ホーム』に続いてスワンプロックのエッセンスが詰まった名作『オリジナル・デラニー&ボニー(原題:Accept No Substitute)』(’69)をリリースする。歌唱力を買われたリタもこのアルバムに参加、ここでアレンジャーを務めていた才人レオン・ラッセルと知り合うことで彼女の人生は大きく変わる。69年、デラニー&ボニーはジョージ・ハリスンの口利きで大所帯のグループ、フレンズを引き連れてイギリスツアーを行なう。すると、イギリスでは一挙にスワンプロック熱が高まっていく。ブリティッシュロッカーたちはデラニー&ボニーのようなサウンドを作るためにはフレンズのメンバーを使うしかないと考えたのか、彼らをバックに起用してレコーディングすることが一気に増えた。

エリック・クラプトンのソロ第1作『エリック・クラプトン』、デイブ・メイスンのソロ第1作『アローン・トゥゲザー』、ジョージ・ハリスンのソロ第1作『オール・シングス・マスト・パス』など(これら3作とも1970年のリリース)、どのアルバムもバックを務めるのは、カール・レイドル、ジム・ゴードン、ボビー・ウイットロック、ボビー・キーズ、ジム・プライス、ジム・ケルトナー、クラウディア・リニア、リタ・クーリッジらフレンズの主要メンバーたちだ。

ジョー・コッカーのツアーに参加

ブリティッシュロックの人気シンガー、ジョー・コッカーのプロデューサーを務めていたデニー・コーデルは、スワンプロックの仕掛け人であったレオンにジョー・コッカーのアメリカ公演のコーディネートを依頼する。するとレオンは、彼のオクラホマ人脈で構成されていたデラニー&ボニーのバックミュージシャンを根こそぎジョー・コッカーのバックメンに引き抜いてしまう。そして、レオンはコッカーの音楽監督に就任、2カ月に及ぶアメリカツアーをスタートさせることになり、70年にリリースされたのがライヴ盤『マッド・ドッグス&イングリッシュメン』である。リタはこのアルバムで、のちにカーペンターズが歌ってヒットする「スーパースター」(ボニー・ブラムレット作詞、レオン・ラッセル作曲)を披露している。余談であるが、レオン・ラッセルの代表曲の一つ「デルタ・レディ」はリタのことを歌った曲である。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着