全てのシンガー・ソングライターの鏡
、キャロル・キングの集大成的な傑作
ライヴ盤『リヴィング・ルーム・ツア
ー』

 キャロル・キングの名盤を紹介するのなら、『Tapestry / つづれおり』('71)を取り上げるというのが筋だろがッ! と怖い声が聞こえてきそうなのだが、なぜか『Living Room Tour』('05)を選ぶという。すいません。『Tapestry』のほうは万全を期して別の機会にと思います。そりゃもちろん、彼女の…という以上にポップス史上に残る名盤ですから。では、なぜこのライヴ盤を選んだのか。もともとは上がり症で人前で歌うのは大の苦手だったというキャロル。そのわりにはライヴ名作をいくつか残しているなと思ったのがきっかけでした。もっとも、本当は名盤『Tapestry / つづれおり』発売直後に行われた演奏会を記録した『The Carnegie Hall Concert』('96)を取り上げたかったのだが、これも念のためにiTunes Storeをチェックしたら、残念ながら取り扱われていなかった(最近このケースが多い)、トホホ。すっかり落胆してキャロル・キングのアルバム紹介を諦めようかと思っていたのだが、気を取り直してCD棚を眺めていたら、『Living Room Tour』('05)というベスト・ヒッツ・ライヴとも言うべきアルバムを持っているのを思い出し、久しぶりに聴いてみたらこれも名作であることを再確認したわけです。こちらのほうは、iTunes Storeでちゃんとラインナップされていることを確認いたしました、はい。

…といっても未練がましく『The Carnegie Hall Concert』はぜひ入手していただきたいアルバムであることは強調しておきたい。『Tapestry』がミリオンセラーを記録し、凱旋公演ともいうべきかたちで開催された同コンサートは、まだまだライヴ慣れしていないキャロル(それにしちゃ、堂々とした歌いっぷり)の初々しく、シンガーソングライター時代の到来を印象付ける生々しい瞬間をとらえた作品として実に感動的なのだ。ゲストでジェイムス・テイラーも出演し、「You've Got A Friend」をふたりでデュエットもする。そのジェイムス・テイラーと言えば、円熟の域に達したふたりが久々に顔を合わせ、かつてのヒット曲をたっぷり披露する『Live at the Troubadour CD+DVD』('10)も見事なライヴ作品なので、こちらも大お勧め盤…というわけで、のっけから長々と妙なイントロになってしまったのだが…。

キャリアに裏打ちされた存在感とシンガ
ーとしての変わらないナチュラルな佇ま

 このライヴアルバムのもととなるコンサートツアー『Living Room Tour』は2004年7月にスタートしている。キャロルは62歳だった。その2年前には初めて自身のレーベル、“ロッキングゲール(Rockinggale)”を立ち上げている。「いろんな音楽を作ってきたけれど、このぐらいの歳になってそろそろ会社の言いなりではなく、自分のやりたいものを自由に作りたくなった」という談話を、その発足時に彼女は残している。未だに作曲能力は枯れることなく、その気になればいい曲ぐらいいくらでも書くことはできるはずだが、一方で自分の半生を振り返るというか、いい意味で集大成的なものを作りたくなったのかもしれない。
 そこで、自身の自信作をたっぷり披露するライヴを計画するのだが、実に彼女らしい演出がなされている。現在ではこのコンサートの模様は“Welcome to My Living Room”のタイトルでDVDでも発売されているので視聴することができる(これも必見)が、ステージは実にシンプル。キャロルの家のリビングルームに見立てて作られたセットにはソファとコーヒーテーブルが置かれ、スタンドに柔らかな明かりが灯されているくらいで派手な照明はなし。傍らにはピアノが。そこに、サポートのギターやコーラス隊が加わる程度で、極めてシンプル。まさにタイトル通り、ゲストも、そしてオーディエンスもリビングルームに招かれ、リラックスしたムードの中で音楽、会話を楽しむという趣向である。このあたりの洗練されたセンスは、さすがニューヨーカー(今はどこに住んでいるのか知らないが)だなあと思わせられる。ちなみに、このコンサートは2008年の11月に日本でも実現しており、足を運ばれた方もいるかもしれない。
 そう、出身はニューヨーク、ブルックリンと100パーセント完璧なニューヨーカーである。そういう都会の女性が持つ屹然とした空気感というのが、若い時から現在に至るまで、キャロル・キングには備わっているような気がするのだが、どうだろう。そういうのが、DVDを観るとそこかしこに表れている。62歳なのだから、それなりに老けている。相応に肉も付いている。でも、美しい老け方というか、品位があるというか、愛らしい。チャーミングと言うべきなのだろうか。このライヴを観る限り、すっかり経験と実績を積み、上がり症なんてとっくに克服したに違いない。ステージではピアノを、またある時はサポートのギタリストたちと一緒にギターも弾き、舞台上を踊ったりもする。喋りもユーモアとウィットに富み、実に洒落ている。それでもピアノに向かっている時のキリッとした佇まいなどは、若い時と変わらないように思えてくる。歳を重ねていながらもキャロル・キングという人の本質は変わらないなあという印象を与える。何がそうさせるのか。
 シンガーとして、ソングライターとしての風情のようなものが崩れない。誇張がないというか、嘘がないというか。同世代の女性シンガーと比べても、彼女にはまるで俗っぽい雰囲気がないのだ。思うに、きっと彼女は“最新”であるとか“進化”といったこととは無縁なところで、作りたいもの、歌いたいものを送り出してきたのだ。だから、80年代のほとんどの時期、メインストリームの音楽シーンの要求とは全くソリが合わなかった。それでも、パーソナルな感情が歌われる彼女の音楽を求める空気は、一定周期で巡ってくる。そのたび、どこからともなくキャロル・キングの音楽が聞こえてくるのだ。そういう意味でいつも時代を超えてきたと言える。

希代のソングライターならではのエヴァ
ーグリーンな輝きを放つ名曲群

 では、CDの『Living Room Tour』のほうを聴いていくとしよう。アルバムは、全27曲(メドレー7曲を含む)をまとめたCD2枚組。2004年~2006年にかけて全米とオーストラリア、ニュージーランドで行なわれたツアーから選曲されている模様。CDセットリストは名盤『Tapestry / つづれおり』からの数曲は外すことのできない曲だが、意外にも『Color of Your Dreams』('93)からの選曲がいくつか。他は彼女のブリルビルディング=職業作曲家時代の言わばセルフカバー曲。特にCDだとディスク2に収録されている「Chains」などはビートルズが記念すべきデビュー作『Please Please Me』('63)でカバーしている曲として特筆に値する。ちなみに、ビートルズ版ではリード・ヴォーカルはジョージ・ハリスン(オリジナルはリトル・エヴァのバック・コーラスを担当していたクッキーズのためにキャロルが書き下ろした曲)。その時点でキャロルとジェリー・ゴフィンのソングライターカップルはすでにプロの作曲家チームとして活躍していたわけだ。キャロルはまだ20歳…。
 Disk 1の「Where You Lead I Will Follow」という曲では愛娘ルイーズ・ゴフィンとのデュエットが披露される。こういうのもファンには心温まるプレゼントかと思う。ルイーズ・ゴフィンはキャロルと最初の夫で同じ作詞作曲家コンビを組んでいたジェリー・ゴフィンとの間に生まれた娘で、本人もソロシンガーとして70年代末に2枚ほどなかなか秀逸なアルバムを残している。惜しいことに大きな成功を収めることはできず、しばらくブランクがあったが、現在も地道にシンガーとしての活動を続けているようだ。偉大な両親のもとに生まれたというプレッシャーは大変なものだと思うが、いいシンガーだけに、こうしたかたちで久しぶりに歌声を届けてくれたのは喜ばしい。
 いわゆる“歌手”とされる人のような、上手いシンガーとはキャロルは違う。それどころか、微妙に音程が揺れる時さえある。声もそこそこ枯れている。そういうマイナス要素があってもなお、結果として、キャロル・キングは実に優れたシンガーだと思う。もともと職業作曲家になる以前、十代の頃からキャロル・キングは歌手を目指していた。大学生の頃には友人である、あのポール・サイモンからデモテープの作り方を教わって、自作自演の作品をレコード会社に売り込んだりもしていた。才能を認められパラマウントをはじめ、いくつかの会社からシングルも出すものの、ヒットには結び付かず、歌手としては成功は掴めなかった。何が足りなかったのか、分からない。単純にポップス歌手としてはセクシーさが足りないというつまらない結果だったのかもしれない。それは単に時代とソリが合わなかっただけのことだ。スカートからジーンズへ、というふうにシンガーソングライターの時代を迎えるや、キャロル・キングは大衆の認めるシンガーとして迎えられるわけだ。
 そんな彼女の歌の上手さを伝えるものとして、『The Legendary Demos』('12)という未発表のデモ音源ばかりを集めた彼女のCDがある。自身のソロ作に収録されている「You've Got a Friend」のような有名曲のデモ音源もあるのだが、白眉と言えるのが、60年代前半に職業作曲家時代に他人に提供した曲を、レコード会社とアーティストに理解させるために、バンドと一緒にキャロルが歌ってみせたデモ音源である。エヴァリー・ブラザースに提供した「Crying in the Rain」、ライチャス・ブラザースに贈った「Just once in my life」、モンキーズのために書いた「So Goes Love」「Pleasant Valley Sunday」など、さすが自作曲だけに曲のニュアンスをよくとらえているし、ボビー・ヴィーが歌った「Take Good Care of My Baby」などは、これまたリトル・エヴァに歌わせて世界的なビッグヒットになった「The Loco-Motion」に通じるドゥーワップ風の極上のポップスで、雰囲気たっぷりに歌っていて、上手いと思う。CDそのものはマニア向けかもしれないが、歌、演奏の完成度は高く、一聴に値する。
 あえてドラムスを排したステージ構成は、キャロルの歌の質感を際立たせるのに成功しており、ことにピアノに向かって弾き語る曲では、素晴らしい説得力でハートに訴えかけてくる。サポートを務めるふたりのうち、ゲイリー・バー(アコースティックギター、ベース、ヴォーカル)は日本ではほとんど未知数の存在だが、カントリーミュージックの方面では実力派ソングライター、ミュージシャンとして知られている。彼が曲を提供したアーティストは相当な数になり、中にはかなりビッグネームも含まれる。もうひとりのルディ・ゲスもいいプレイを聴かせてくれるのだが、彼はエリック・クラプトンとブランフォード・マリサリスが参加したことでも話題を集めたキャロルの『City Streets』('89)でプロデュース兼ギタリストを務め、以降のキャロルの重要なパートナーだった。よほどセンスのいい人で、キャロルの良さを知り尽くした人だったのだろう、彼と組んでからの彼女のアルバムには凡庸な作品がひとつとしてないほどのものだった。それだけに、彼が2010年に57歳の若さで亡くなってしまったことは、非常に惜しまれる。
 とにかく構成の上手さを感じる2枚組だ。ディスク1の締めの7曲メドレーは、最後に「Will You Love Me Tomorrow」を持ってきて、観客と一緒にシングアウトする。ディスク2の後半「I Feel The Earth Move」から「Natural Woman」、「You've Got A Friend」といく流れはファンなら落涙必至の展開だろう。アンコールは「Locomotion」と、楽しく盛り上げてと、これまたニクい選曲。と、キャリアを総括するようなベストライヴと呼ぶに相応しい内容なのだが、歌に瑞々しさがあるからなのか、懐メロ感はまったくない。これは、考えてみればすごいことだ。彼女の代表曲の「You've Got A Friend」などは、それこそアレサ・フランクリンをはじめ、マライヤ・キャリーやセリーヌ・ディオンといった人にまでカバーされているけれど、一番心に響くバージョンはやはり作者であるキャロルのものをおいて他にない。
 彼女と比較的同世代の女性シンガー・ソングライターを探してみるとすると、瞬時に思い浮かぶのはジョニ・ミッチェル、ローラ・ニーロあたりだろうか。キャス・エリオット、ジャニス・イアン、カーリー・サイモン、ジャニス・ジョプリン、エミルー・ハリス、ジョーン・バエズ、それから掘り下げればいくらでも出てくるとは思うのだが、近い感じがするのは、先のふたりだろうか。ローラ・ニーロはすでに亡くなって久しい。ジョニ・ミッチェルも、今ではシンガーとしての仕事にはほとんど興味を失っているような気もする。キャロル自身もそれほど現役感を放っているわけでもない。旺盛なライヴツアーやレコーディングなどは望めないかもしれないが、それでも健康さえ維持できればこれからもシンガーを続けていくのではないだろうか。そう、無理のない範囲で。そういうスタンスを取れるのも彼女なればこそ。
 最後に、念押しのようになるけれど、この『Living Room Tour』の聴かれ方として、例えばかつて『Tapestry / つづれおり』をはじめとした一連のキャロルの代表作に心酔した方にとっては、なかなか素敵なアルバムと感じられるのではないだろうか。しばらく彼女のアルバムを聴いておらず、久しぶりにと思った時に、この『Living Room Tour』を選んでみたら、きっと感慨深いものが得られるのではないかと思うのだ。30~40年近い歳月を経て、こうしてキャロル自身が老いを迎えながら、自分の歌を鮮度を損なうことなく歌い継いでいることなど、時の流れを聴く側も自らに重ね合わせ、その重みを実感すると共に、老いさえも肯定的にとらえられそうな気がする。
 一方、初めてキャロル・キングの音楽を聴いてみようという方にも、この『Living Room Tour』を選択するのは悪くない。一般にはどうしても『Tapestry / つづれおり』のみリコメンドされることが多いため、彼女の職業作曲家時代の作品にまで耳を傾ける機会は得にくいものだからだ。本作にはそうした作品が数多く含まれているので、よりソングライター、キャロル・キングの全貌を俯瞰し、そのすごさを感じ取れるのではないかと思う。

著者:片山明

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

10コメント
  • 全てのシンガー・ソングライターの鏡、キャロル・キングの集大成的な傑作ライヴ盤『リヴィング・ルーム・ツアー』 - okmusic UP's⇒詳細: http://t.co/kbR4XjEPX7
  • 全てのシンガー・ソングライターの鏡、キャロル・キングの集大成的な傑作ライヴ盤『リヴィング・ルーム・ツアー』 - okmusic UP's⇒詳細: http://t.co/AY7DrfkS2c
  • 全てのシンガー・ソングライターの鏡、キャロル・キングの集大成的な傑作ライヴ盤『リヴィング・ルーム・ツアー』 - okmusic UP's⇒詳細: http://t.co/cBjVj3UerN
  • RT @OKMusicOfficial: 全てのシンガー・ソングライターの鏡、キャロル・キングの集大成的な傑作ライヴ盤『リヴィング・ルーム・ツアー』 http://t.co/qJACL5b3n8 #CaroleKing http://t.co/f7bexX7u10
  • Googleニュース検索:全てのシンガー・ソングライターの鏡、キャロル・キングの集大成的な傑作ライヴ盤『リヴィング・ルーム・ツアー』 - okmusic UP's http://t.co/JD4pCA7W3p #日本未発売 #未発売 #sougofollow #相互フォロー
  • Googleニュース検索:全てのシンガー・ソングライターの鏡、キャロル・キングの集大成的な傑作ライヴ盤『リヴィング・ルーム・ツアー』 - okmusic… http://t.co/3l689obDVc #非売品 #notforsale #sougofollow #相互フォロー
  • RT @OKMusicOfficial: 全てのシンガー・ソングライターの鏡、キャロル・キングの集大成的な傑作ライヴ盤『リヴィング・ルーム・ツアー』 http://t.co/qJACL5b3n8 #CaroleKing http://t.co/f7bexX7u10
  • 欲しくなって来た…(^_^;) 全てのシンガー・ソングライターの鏡、キャロル・キングの集大成的な傑作ライヴ盤『リヴィング・ルーム・ツアー』 - 音楽ニュース http://t.co/jXciQXVSqc
  • RT @OKMusicOfficial: 全てのシンガー・ソングライターの鏡、キャロル・キングの集大成的な傑作ライヴ盤『リヴィング・ルーム・ツアー』 http://t.co/qJACL5b3n8 #CaroleKing http://t.co/f7bexX7u10
  • 全てのシンガー・ソングライターの鏡、キャロル・キングの集大成的な傑作ライヴ盤『リヴィング・ルーム・ツアー』 http://t.co/qJACL5b3n8 #CaroleKing http://t.co/f7bexX7u10