重厚な
アフリカンジャズロックを聴かせる
ジンジャー・ベイカーズ・
エアフォースのデビューライヴ盤
『ジンジャー・ベイカーズ・
エアフォース』

『Ginger Baker’s Air Force』(’70)/Ginger Baker’s Air Force

『Ginger Baker’s Air Force』(’70)/Ginger Baker’s Air Force

ブラインド・フェイス解散後、ジンジャー・ベイカーがリーダーとなって、エリック・クラプトン以外のブラインド・フェイスのメンバーに、グレアム・ボンド、デニー・レイン、クリス・ウッド(トラフィック)らを加えた10人編成のジャズロックグループがジンジャー・ベイカーズ・エアフォースである。今回取り上げるアルバートホールでのライヴ盤『ジンジャー・ベイカーズ・エアフォース(以下、GBA)』は彼らのデビュー盤であり、LPでは2枚組でリリースされた。クリームの「トード(邦題:いやな奴)」やブラインド・フェイスの「ドゥ・ホワッツ・ユー・ライク」の新解釈カバーも含め、ライヴならではの白熱した演奏が収められている。当時の花形だったギターではなく、ホーンセクションのインタープレイを聴かせるのがこのグループの特徴である。

スーパーグループ、クリーム

エリック・クラプトン、ジャック・ブルース、ジンジャー・ベイカーの3人によって66年に結成されたクリームは、ブルースとベイカーふたりの確執によりその活動は3年弱しか続かなかった。しかし、彼らがロックを急激に進化させた革命的なグループであったことは間違いない。卓越した3人の力量は、この後のロックの“即興を軸にした楽器演奏中心”という方向性を示唆し、ジェフ・ベック・グループ、レッド・ツェッペリン、グレイトフル・デッド、オールマン・ブラザーズらに、その演奏スタイルは受け継がれていく。

グレアム・ボンドの功績

GBAにも参加したグレアム・ボンドはアレクシス・コーナーやジョン・メイオールと並んで、ブリティッシュロック界で活躍する多くのアーティストを育てた教師のような存在である。エリック・クラプトン、ジャック・ブルース、ジンジャー・ベイカーをはじめ、コロシアムのディック・ヘクストール・スミス、ジョン・ハイズマン、フリートウッド・マックのピーター・グリーン、ストーンズの面々、ロッド・スチュワート、レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジらはこの3人の師匠のもとで修行し、それぞれの音楽を見出していくことになるのだ。

3人の中で最も若いグレアム・ボンドは、自身がリーダーを務めるグレアム・ボンド・オーガニゼーションを率いてR&Bやジャズを演奏していた。1963年に結成されたこのグループにはボンドの他、ジャック・ブルース、ジンジャー・ベイカー、ディック・ヘクストール・スミス(コロシアム)、ジョン・マクラフリン(マハヴィシュヌ・オーケストラ)という凄腕のメンバーたちが在籍していた。彼らは皆、ボンドのもとで腕を磨き、後にクリームやコロシアムといったロック史に残るグループで活躍する。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着