L→R マエジマハヤト(Ba)、うえのまりん(Dr)、イブキナリサワ(Vo&Gu)、スズキリョウヘイ(Gu)

L→R マエジマハヤト(Ba)、うえのまりん(Dr)、イブキナリサワ(Vo&Gu)、スズキリョウヘイ(Gu)

【Ulon インタビュー】
孤独に寄り添う言葉と音が
鮮やかに開花

僕らのとは気にせず、
自分の感性を大切に聴いてほしい

サウンドや音楽性の部分に関して、この4人で共有しているものはあるんですか?

イブキ
僕らはバラバラですよ。それぞれ自由にやってます。僕は嘘のない歌を追求するのだけは譲れないので、それ以外のところはひとりひとりの意思に任せちゃってますね。
マエジマ
“何やってもいい”って言ってくれています。
スズキ
尊重し合えていると思いますね。僕らはお互いの考え方を制約しないんです。

リスナーからはどういう反応をいただいています?

イブキ
いただいていない(笑)。
うえの
反応はあるとは思うんですけど、あまり気にしていないんです(笑)。
マエジマ
自分から感想を訊いたりはしないですね。自分たちは良いと思っているから。
イブキ
でも、感想ちょっと聞きたい…。
マエジマ
聞きたいの?
イブキ
うん。
マエジマ
じゃあ、今度訊こう (笑) 。

僕が先ほどから言っているようなことを感じているリスナーは少なからずいる気がします。

イブキ
なるほど。今、初めてリスナーと話をしてるのかもしれないです。

例えば「傷み」もリスナーがいろいろ感じる曲でしょうね。《笑わなくて良いよ 泣きじゃくっていいよ》とかすごく印象的な一節ですから。

イブキ
そうなんですね。いろんな聴き方があっていいと思っています。限定することなく、それぞれに解釈してもらえたらいいので。

どの曲も、理屈抜きで気持ち良い音になっていますからね。「言葉の海」のドラマチックな展開とかすごくカッコ良いじゃないですか。

マエジマ
この曲、いいですよね。
イブキ
歌詞を書いているうちに変わっていったリアルな気持ちもそのまま残せた曲だと思います。

「夏の魔物」も強力ですね。

マエジマ
これ、Arctic Monkeysみたいなのがやりたいって言っていたよね?
イブキ
うん。好きなのが出ちゃっています(笑)。

(笑)。「耳鳴り」は過去の記憶が反映されている曲?

マエジマ
ラグビー部の話?
イブキ
そう。僕、ラグビー部だったんですけど、部内でイジメられた時にひとりだけずっと僕を待って、一緒に帰ってくれる友達がいたんですよ。それって勇気のいることだと思うんです。“それがなかったら俺どうなってただろうな?”って思ったんですよね。自分もそういう人になりたいなって。

やはりそれぞれの曲に正直な想いが反映されているということですね。

イブキ
良くも悪くも正直でいたいんです。それしかできないんですよね。

そういう曲をメンバー全員で自由に肉づけしていって、最終的にチャーミングなものにできているのが今回のアルバムだと思います。

イブキ
“チャーミング”っていうのはめっちゃ嬉しい。
マエジマ
“チャーミング”って言われたの初めてだね?
イブキ
うん。
マエジマ
今度から自分たちのことを紹介する時に“チャーミングなバンドです”って言うことにします(笑)。

今作を作って感じた自分たちの姿、Ulon像みたいなのはあります?

イブキ
像ですか? リアルじゃないっていうか自分たちで自分たちを決めたくないので、そういうのはないですけど、レコーディングが楽しかったです。
スズキ
僕がギターがなかなか弾けなくてレコーディングが延びちゃったんです。
うえの
誰にも責められないのが、逆にプレッシャーになっていたみたいで。
スズキ
“俺を責めてくれ!”と(笑)。
マエジマ
次にレコーディングをする時は、4人それぞれの個性をもっと突き詰めていきたいですね。
イブキ
さらに突き詰めるとどうなるんだろう?
マエジマ
ね? どうなるか分からない。

お互いにバランスをとるのではなく、4人それぞれの個性を注ぎ込んだアルバムだと先ほどおっしゃっていましたが、その結果、良い作品を作れたのは今後にもがつなる手応えになりました?

スズキ
4人で一緒にいたいなっていう手応えにはなったと思います。

今作は幅広い人にUlonを知ってもらえるきっかけにもなるんじゃないでしょうか?

スズキ
僕自身もイブちゃんが作ったUlonの曲を聴いて救われてるんです。でも、人それぞれ感じることは違うと思うので、それぞれの感じ方でいいと思ってます。“自分を大切してほしい”っていうイブちゃんの気持ちが、Ulonの曲には結構含まれていると思うので、Ulonの音楽は、僕らことは気にせずに自分の感性を大切にして、好きに聴いてほしいです。

取材:田中 大

アルバム『ReBirth』2021年4月28日発売 U-Ray Records
    • URAY-0001
    • ¥2,200(税込)
Ulon プロフィール

ウロン:東京在住、やさしすぎる日本語オルタナティブロックバンド。近年の音楽シーンには稀有な、ハスキーヴォイスで語りかけるイブキナリサワの圧倒的な声が魅力のひとつ。日本の歌謡曲からパンク、オルタナ、シューゲイザーと、世界各国のさまざまな音楽に影響を受け、飾らない人間性で“嘘のない言葉と歌”を表現している。Ulon オフィシャルHP

「耳鳴り」MV

「生きる意味なんて」MV

「世界の終わり」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着