L→R 河むらたろう(Dr)、さえぽう(Vo&Gu)、るみなす(Gu)、みんちゅ(Ba)

L→R 河むらたろう(Dr)、さえぽう(Vo&Gu)、るみなす(Gu)、みんちゅ(Ba)

【AOAZA インタビュー】
“バンド”にとらわれない
自由な音作り

さえぽうの視点が変わったから
乗せてくる音も変わってきた

そうして生まれた楽曲をメンバーでアレンジしていく…ということですね。

さえぽう
もうひとりアレンジャーに入ってもらってます。レコーディングが終わったあと、アレンジャーの手によって曲が変えられるんです(笑)。そこにどんどん自分たちの率直な意見を出していくので、マスタリングが終わると全然違う曲になっていて。だからこそ、ちゃんと私の世界観も残るし、みんなのアイディアがさらに入るので、より良くなるんです。それが自分たちの楽しみにもなっています。
たろう
2019年にいくつかオーディションでグランプリを獲れたこともあって、2020年はいろんな機会に恵まれて制作環境がこれまでとガラッと変わったんです。EPのタイトル通りに変化した年だったし、僕らの身に起こったことがそのままこの作品になっていますね。
みんちゅ
昨年はリモートでのやりとりが多く、メンバー間でしゃべる時間が圧倒的に増えたから、各々のやりたいこともはっきり分かったし、それを実行に移すこともできたんです。
さえぽう
もともと持っているものを制約なしに自由に表現していった結果、変化が生まれた作品になった気がしてます。“AOAZAらしい”にとらわれなくても、私が歌えばAOAZAになる。だったら、何をやってもいいって思うんです。
るみなす
今回からさえぽうが打ち込みでデモを作るようになったんです。自粛期間で時間が取れた分、みんないろんな機材を触るようになったことも変化に影響してる気がしています。

先ほど風景描写に長けていると申しましたが、それらは全て感情表現をさらに印象深くするための景色という印象がありました。

さえぽう
感情には景色があると思っていて。“悲しい”というひと言であっても、夕焼けがフィットする悲しさと、部屋の隅っこで泣いている悲しさはまったく別ものだと思うんです。そういうところまで表現したくて、風景描写を取り入れたいんですよね。「2nd value」は違う価値観を持った人の存在をポジティブに受け止める心境を、走るペースに合わせたBPMに乗せました。

違う価値観を尊重できるととても風通しが良くなりますよね。それこそ“自由”という概念にもつながってきます。

さえぽう
自粛期間中に人と会わなくなったことで、距離の近い人たちともっと深く話すようになったんです。そしたら“この人はこういうバックグラウンドがあるからこういう考えを持つようになったんだ”と気づくことが多かったんですよね。「2nd value」のMVも田舎で撮影したかったんですけど、宮城県北部生まれの私が考える田舎と都会育ちのたろうが想像する田舎の景色が全然違ってて(笑)。生きている環境によって価値観は変わってくることを実感しました。“違う部分も好きだよ!”と思えたのは大きな気づきであり、変化でもありましたね。
みんちゅ
今回からさえぽうの書く歌詞に三人称の視点が加わるようになって、俯瞰した視点を持っているからこそ奥行きがすごく出て、空間が大きくなった気がするんです。さえぽうの視点が変わったからこそ、そこに乗せてくる音も変わってきたんだろうなと思います。

CDのみに収録されている「HomeComing(Paradigm Shift ver.)」と「WanderVogel(Stripped)」はかなり大胆なアレンジですね。トラックメイカーのリミックス的な前者とグランドピアノを用いた後者、共通しているのは曲の世界の奥行きが広くなっているということではないかと。

さえぽう
「WanderVogel(Stripped)」は以前から協力してもらっているピアニストさんとアレンジを詰めていったんですけど、やっぱりグランドピアノっていいですよね。弦が伸縮する音、フェルトをはじく音、ペダルの音…温かいようで冷たさも感じさせる音が聴こえてくるなって。弾き方によってまったく違う表情を見せるところが、「WanderVogel」の世界観が持つ山脈、広い湖、寒い季節のような厳しい自然のイメージとすごく合っていると思うんです。“過酷な中でももっと自由に羽ばたいていいんだよ”というメッセージをより極端に表現できたと思ってます。

リスクを伴うからこそ素晴らしい経験ができるのは世の常でもありますしね。

さえぽう
そうですね。今作を通して変化というものをポジティブにとらえてもらえたらなと思います。

そうして変化を重ね、新しい旅に出るAOAZAはどんな未来を目指しているのでしょう?

さえぽう
最終目標は世界征服!(笑) 海外の大きなフェスに出たいし、世界を揺るがすような音楽を鳴らしたいです。あとは、映画やゲームの制作にかかわってみたい!
るみなす
私たちは音楽以外にも好きなものがたくさんあるから、音楽だけにとらわれないクリエイター集団でありたくて。それがAOAZAにとっての“世界征服”ですね。
たろう
中心にあるのはAOAZAというグループであることを大切にして、いろんなことに挑戦していきたいというか。
みんちゅ
AOAZAが表現したいことができるなら、僕らはバンドでなくてもいいとも思っているんです。今後も制約を持たず、自分たちの表現したいことを自由に追い求めたいです。

取材:沖さやこ

EP『Paradigm Shift』2021年4月21日発売 atom company
    • ATNY-0001
    • ¥1,650(税込)
AOAZA プロフィール

アオアザ:2018年結成。エレクトロを意識したサウンドに独特な歌詞、それを彩る声、予測不能なフレージングやサンプリングで他とは一線を画した世界観を繰り広げる。全作品のイラスト・デザインは全てさえぽう(Vo&Gu)が担い、あらゆる角度からクリエイターとしての実力を発揮。21年4月、配信限定でリリースされた1st EP『Paradigm Shift』をCDリリースする。AOAZA オフィシャルTwitter

「Wintry」MV

「2nd value」MV

「WonderVogel」(Demo ver.)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着