サカナクションの
『GO TO THE FUTURE』で示された、
これまでになかった
混ぜ合わせを試みる音楽的実験

『GO TO THE FUTURE』('07)/サカナクション

『GO TO THE FUTURE』('07)/サカナクション

3月30日、サカナクションのニューアルバム『アダプト』がリリースされた。本作はコンセプトアルバムであって、昨年から続く一連の音楽プロジェクトのひとつ。単に新作を発表するとか、ツアーをやるということではなく、その全体にある種、壮大な意味を持たせているのは、何ともサカナクションらしいところだ。当コラムではそんな“サカナクションらしさ”を、デビュー作『GO TO THE FUTURE』から探ってみた。今になって思えば、この『GO TO THE FUTURE』というタイトルも示唆的で、これすらも“らしい”印象だ。

“マジョリティの中のマイノリティ”

筆者自身、ここまでとりわけ熱心にサカナクションを聴いてきた者ではないが、常に傍らでその音楽には触れているような気がしている。なぜだろうと考えたら、自分が就寝前に見るTVニュースが大体TBS系『NEWS23』だからだと気づく。あと、SoftBankのCMでも「新宝島」や「忘れられないの」を聴いていた記憶もはっきりあるし、ちょっと前だと思うがTOYOTA“ヤリスクロス”のCMもサカナクションだったことを思い出す(あれはCM用の書き下ろしの新曲だった模様)。意識せずとも耳にする機会の多いサカナクションである。その他にも彼らの楽曲はドラマ主題歌、バラエティ番組のテーマ曲、映画主題歌にも起用されている(「新宝島」はCMより先に映画『バクマン。』の主題歌だった)。サカナクションは間違いなく2010年代の邦楽を代表するバンドのひとつだろう。

とすれば、こうしてその楽曲が巷に溢れているのも当然のことかと思いつつ、サカナクション関連のネットの記事をあれこれ見ていると、件の『NEWS23』の関連で、山口一郎(Vo&Gu)の発言に興味深いものを見つけた。以下、ちょいと引用させていただく。

[マジョリティでいることってすごく大変だけど、マジョリティの中のマイノリティでいることっていうのは、できるんじゃないかなっていう][クラスの中の20人にイイネと言われるものを作るのは、ちょっと自分にはできないけれど、クラスの中の1人か2人に深く刺さる音楽を作ることはできそうというかんじです。でもそれが全国になれば、マジョリティになるじゃないですか]。

上記の通り、すでに彼らの楽曲の多くにタイアップが付き、自分のような者でも何気なく耳にする機会もあるわけで、サカナクションの音楽は一般的にはもはやマイノリティではないとは思うのだが、この発言にはなるほどと思わせられるところではある。マジョリティとマイノリティ。その絶妙なバランスは確実にこのバンドにはあるように思う。また、同じ記事の中で彼はこんなことも言っていた。

[新しい感情を発明するには、混ざり合わないものを混ぜ合わせた「良い違和感」がないと、人にひっかからないと思うんですよ。僕はそういった感情と感情の交ざり方みたいなものを音楽で作れたらいいなと思っています。喜怒哀楽以外の新しい感情を発明するのがテーマです。]

混ざり合わないものを混ぜ合わせる。これも確かにサカナクションの音楽から感じるものではなかろうか。[マジョリティの中のマイノリティ]もそれに含まれているように思う。

…そんなわけで、以下、その観点からサカナクションの楽曲を眺めてみたい。その際の音源は何にしようかと考えると、チャート初登場1位を記録した6thアルバム『sakanaction』(2013年)がセルフタイトル作だけあって自他ともに認める傑作だろうし、これが適切なように思えるが、ここはあえてデビューアルバム『GO TO THE FUTURE』をチョイスさせてもらうこととした。それは“デビューアルバムにはそのアーティストの全てがある”という当コラムで多用している仮説に基づいてのものだが、結成からあまり時間が経っていない時のほうがそのバンドのコンセプト、音楽性、方向性といったものがより露わになっているのではないかとも考えたからだ。正直に言えば、冒頭で述べた通り、筆者自身が熱心にサカナクションを聴いてきていないからでもある。一からこのバンドのことを考察しようとすると、やはり最初からなぞるしかないのである。その辺もお含みいただければ幸いである。

(ここまでの[]は『NEWS23』公式noteより引用)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着