JUJUが確かな歌唱力で示した
邦楽カバーアルバムの
大傑作『Request』

『Request』(’10)/JUJU

『Request』(’10)/JUJU

6月からスタートしたJUJUの全国ツアー『-15th ANNIVERSARY- JUJU HALL TOUR 2019 「YOUR REQUEST」』が、“JUJUの日”でもある10月10日(木)・東京国際フォーラム・ホールA公演でフィナーレを迎えるとあって、今週はJUJUの作品を紹介。今回のツアータイトルにもある通り、ファンの要望に応えて様々なカバー曲を披露してきた彼女なので、取り上げるのはやはり『Request』だ。

カバーは傍目ほどには簡単ではない

アーティストはなぜカバーをするのか? そこに名曲があるからだ…と、勢いに任せて思わず言いたくなるが、多分これは半分正解で半分間違い。その楽曲が好きだから自身も歌ったり演奏したりしたいというカバーはあるにはある。隠れた名曲に陽の目を…という気持ちからなされるカバーもこれに分類されるだろう。個人的にはそれが大半と思いたいところだが、それだけじゃない。ここでWikipediaから引用させてもらう。その“カバー”のページに、その概要としてこんな説明がある。[洋の東西、場所を問わず、時間を越えてある楽曲が複数の歌手に共有される現象である。動機としては、カバーしようとする歌手がその楽曲を純粋に好んで歌うため・持ち歌不足を補うため・他人への提供楽曲をファンや音楽会社の要望で録音を行うため・有名な曲をカバーすることで宣伝効果が得られるため、等々がある]([]はWikipediaからの引用)。なかなかシニカルなWikipediaである。皮肉めいて聞こえるが、ある程度、正鵠を射ているような気はする。そこにいい楽曲があるからと言って簡単にカバーできるものじゃないことは読者の皆さんもよくお分かりだろう。さっき言った半分間違いとはそういうことでもある。

外部の意向で行なわれるカバー、つまり当人の意思ではないカバーもおそらく確実にあって、歌ったり演奏したりしている人たちが本心ではやりたくなかったカバーというのも過去にはあったと思われる。乗り気ではないままでやるカバーはちょっと考えてもかなり切ない。素人のカラオケやコピーバンドであれば自己満足で十分だろうが、それが表に出るプロの演者の場合、カバーには必ず原曲が存在しているので、良くも悪くもそのオリジナルとの差異がはっきりと示される。それがそれほど乗り気でなく世の中に出ることになったら……考えるだけでもちょっと怖い。

というか、そんなふうに考えると、プロの世界ではカバーなど軽々にできるものでない──そんな気もしてきた。カバーは自作自演以上にそのアーティストのセンスと力量が問われる。原曲が名曲で誰もが知る楽曲であればなおさらである。そのカバーを聴いた人が“元も聴いてみたくなった”ならまだしも、“これは原曲の方がいい”という意見が大半を占めたら、その企画は台なしであろう。どんな臨み方にせよ、実はカバーとは、プロのアーティストにとっては、結構ハードルが高い代物と考えられる。少なくとも単に“やりたかったから”という乗りだけで簡単にできるものではないのではない。

邦楽シーンに欠かせないカバー作品

カバーは日本の音楽シーンにおいて、しばしば脚光を浴びてきた。古くは、尾崎紀世彦による全曲洋楽カバーのアルバム『尾崎紀世彦ファースト・アルバム』(1971年)や、吉田拓郎のアルバム『ぷらいべえと』(1977年)があるし、もっと遡れば、1960年代には“リバイバルブーム”というものが起こり、当時の流行歌手がそれ以前のヒット曲を歌ってヒットさせたことがあったそうだ。1980年代以降も、RCサクセションの『COVERS』(1988年)を始め、他アーティストへの提供楽曲を作者がカバーする“セルフカバー”を含めて、名立たるアーティストたちが様々な作品を世に出してきた。2000年頃からは複数のアーティストが特定のアーティストへのリスペクトを示す“コンピレーションアルバム”の制作も盛んになって、そこでも数多くのカバー曲が披露されている。ヒット作品も多いが、記憶に新しいところでは、德永英明(※註:「英」の草冠は四画のもの)の『VOCALIST』シリーズ(2005~2010年)がその代表格であろう。聴く人をリラックスさせると言われる“1/fゆらぎ”の歌声を持つとされる德永がその美声で、女性ボーカル曲だけを歌うという話題性も相俟って、ロングセールスを記録。現在のところ、『VOCALIST 4』まで制作されている。

2000年以降に限って言うならば、德永がカバー作品でも知られる男性アーティストの雄とすると、女性アーティストの代表格と言えばJUJUであろう。彼女はここまでオリジナル作品としてフル7枚、ミニ2枚のアルバムをリリースしているが、それとは別に4枚のカバーアルバムと3枚のジャズアルバムを発表している。また、デビューシングルからそのカップリングで洋邦問わず多くのカバー曲を収録している上、2000年の「Hello, Again 〜昔からある場所〜」以降は、しばしば表題作でもカバー曲を披露。さらに、2008年からはカバー曲中心…というよりも、ほとんどカバー曲で構成されたコンサート『JUJU苑』を開催しており、今もレコ発ツアーとは別路線の彼女の名物ライブとなってる。音源に話を戻せば、彼女のオリジナルアルバムは4th『YOU』(2011年)と7th『I』(2018年)とでチャート1位を記録しているのだが、JUJU最初のアルバム1位はカバーアルバムの第1弾である『Request』で、オリジナルに先駆けてカバーで初の栄冠を獲得。しかも、『Request』は女性アーティスト史上初の2週連続1位となった。事ここに至っては、JUJUのことを“カバーの女王”と呼んでも異論は少なかろう。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着