『COMPLEX』は
平成元年だったからこそ成し得た
吉川晃司と布袋寅泰による
奇跡のコラボレーション

『COMPLEX』(’89)/COMPLEX

『COMPLEX』(’89)/COMPLEX

シングル「BE MY BABY」の発表からちょうど30年目となる今年4月。デビュー30周年記念作品として、COMPLEX唯一のベストアルバムである『COMPLEX BEST』の高音質リイシュー盤が発売された。平成元年に我々の前へ姿を現したユニットが平成最後の年のベスト盤をリリースされるわけで、そう考えると隔世の感を禁じ得ないが、この機会であるからして、当時このユニットに抱いていた個人的な思いも含めて、アルバム『COMPLEX』のことを記しておこうと思う。

アフターBOØWYの大本命

パッと咲いてパッと散る。COMPLEXはその活動において日本の美意識を体現したユニットだったように思う。1988年12月10日に結成されて、1990年11月8日に無期限活動休止(実質的解散)。発表したシングル(1stシングル「BE MY BABY」、2nd「1990」)とアルバム(1stアルバム『COMPLEX』、2nd『ROMANTIC 1990』)は全てチャート1位を記録。最初の全国ツアーは、日本武道館3デイズ、大阪城ホール2デイズ、横浜アリーナ3デイズ等を含む35都市全42公演で、20都市全33公演という2度目の全国ツアーを挟んで、ラストコンサートは東京ドーム。わずか2年間という短い活動期間ながら、確実に日本ロックシーンの頂点に昇り詰め、適当に延命することなく活動停止した。傍目からも破格と言える大成功を収めながら、潔いまでの去り方を見せたユニットは、おそらくCOMPLEXの他にいない。“伝説的”という形容はよく見聞きされるが、彼らの快進撃を知らない人たちへ伝えたくなるという意味では、これほどに伝説的なバンドもいないであろう。

メンバーにとって、もしかするとファンにとっても、この言い方をされるのは好ましいことではないのだろうけれど、それを承知で書くと、COMPLEXがデビューいきなりブレイクしたのは、1988年のBOØWYの解散とは無縁ではない。個人的にはそこから地続きになっていたのではないかとすら思う。言うまでもなく、BOØWYは日本ロックシーンにおける最重要バンドのひとつ。BOØWYがいなかったら現在のシーンは今とは違ったものになっていたであろうし、その意味ではBOØWYというバンドは歴史の分水嶺を担ったバンドだったとも言える。

そのBOØWYは1988年4月、東京ドームでの『LAST GIGS』でその活動を終了しているが、実際には1987年12月の渋谷公会堂公演での解散宣言でバンドは終わっている。メンバーが『LAST GIGS』を指して“少し早い再結成、同窓会のようなものだった”と言っていたというのは有名な話だ。BOØWYのGIGの多くはホールクラスであった。『CASE OF BOØWY』等でのアリーナ公演もあったものの、最後のツアーであった『DR.FEELMAN'S PSYCHOPATHIC HEARTS CLUB BAND TOUR』にしてもその多くは地方都市でのホール公演。アルバム『BEAT EMOTION』(1986年)と『PSYCHOPATH』(1987年)とで連続チャート1位奪取したあとのことなので、今なら最低でもアリーナツアーを組むところであろう。時代が早かったと言えばそこまでだが、要するにBOØWY解散の辺りの時期は、需要に見合った供給がなされていた状況ではなかったのである。解散宣言をした渋谷公会堂のチケットを100万円出してダフ屋で買った人がいたとか、『LAST GIGS』で用意された10万枚のチケットが10分で売り切れたばかりか、購入者が殺到したために電話回線がパンクしたこととかが、その事実が供給不足だったことの何よりの証左であろう。

氷室京介の『FLOWERS for ALGERNON』(1988年9月)、布袋寅泰(Gu)の『GUITARHYTHM』(1988年10月)と、BOØWY解散の約半年後、図らずも2カ月連続で発表された元メンバーのソロはいずれも素晴らしい作品であったし、バンドが消失した空白を埋めたことは間違いない。しかし、ソロはソロ。誤解を恐れずに言えば、それぞれのソロ作品が連発されたことで、あのヴォーカルとあのギターとが合わさった時に確実にあった何か──バンドの妙味みたいなものがそこにないことが逆に浮き彫りになった感はあったと思う。少なくとも筆者にはあった。これはこれで十分なんだけれども、十分であるがゆえに各々が合わさった時の化学反応を期待してしまう気持ち。今でもそれが強欲であったことは承知だけれども、何しろ直前までBOØWYの熱狂を体験していたのだから、我がことながら無理もなかったと思う。その何か微妙に満たされない空気を、これ以上ない衝撃で埋めてくれたのがCOMPLEX結成の報道であった。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着