『BOLERO』から感じる
反抗・反逆の姿勢は
Mr.Childrenが
ロックであることに他ならない

『BOLERO』('97)/Mr.Children

『BOLERO』('97)/Mr.Children

5月11日、Mr.Childrenのベストアルバム『Mr.Children 2011 - 2015』『Mr.Children 2015 - 2021 & NOW』がリリースされた。先週辺りから(もっと前から!?)テレビ、ラジオの音楽番組のみならず、バラエティー番組でも“ミスチル”の名前とその代表曲を耳にするようになってきていて、巷はちょっとした祭り状態ではある。それに便乗して同コラムでもMr.Childrenの過去作を取り上げることとした。最大セールスを記録した『Atomic Heart』は以前に取り上げているので、今回は6thアルバム『BOLERO』でいこう。

日本を代表するモンスターバンド

5年前に4thアルバム『Atomic Heart』を取り上げた時もそんなようなことを書いたが、Mr.Children(以下ミスチル)は日本で最も説明の要らないバンドのひとつ。ここまでの25年間はもちろんのこと、向こう25年間もそれを約束された存在と言っても過言ではなかろう。それは過去音源のチャートリアクションを見ても明白で、シングルは1994年の5th「innocent world」から現在に至るまでの楽曲がほぼ1位を記録(2楽曲が2位)。アルバムも同様で、その『Atomic Heart』(1994年)から2020年の20th『SOUNDTRACKS』までそのほとんどが1位を獲得している(この間、2000年の9th『Q』だけが2位)。さらに特筆すべきは、いずれもプラチナ、ミリオンが当たり前で、1990年代にはダブル、ミリオンもあったし、業界全体としてフィジカルの出今も国内屈指のアーティストであることはまったく揺るぎがない。加えて、CDの総売上枚数が歴代3位という記録もあるし、日本ゴールドディスク大賞での各賞受賞を始めとした受賞歴に至っては、本当に枚挙に暇がないほどである。

“説明の要らないバンド”と言いながらまたも説明を加えてしまったのは、その偉大さを示すには客観的な数字を用いるのが分かりやすいからだ。逆に言えば、どうしてミスチルがこうした記録を残すに至っているのか? それを客観的に示すのは難しい。まぁ、頭の悪い言い方をすれば、それはその楽曲群が優秀だから…ということにはなるのだけれど、その優秀さがどんなふうに大衆に支持されているのかはなかなか説明がつかない。いや、“琴線を刺激する旋律が…”とか言うことはできるし、専門的に言えば、コード進行がどうの、サビでの転調や溜めがどうの、桜井和寿(Vo)の声の周波数がどうの…いろいろと言えば言えるのだろうが、芯を喰った答えを導き出すのは難しいと思う。

昨年、ミスチルと同世代の某アーティストがこんなことを言っていた。“昔、○○さんと“売れる法則が分かっちゃったよね”なんて会話をしたことがあるんだけど、今になってみると、アレはなんだったんだろうと思うよ。“あの法則って一体どんなだっけ?”って(苦笑)”。詳しくは言わないけれど、その某アーティストも上記の“○○さん”もそれなり…に、いや、相当に“売れた”方々であるのだが、そんな人たちにしても大衆に支持される方法は分からないのである。こちらが安易に語ることは軽々な想像でしかない。“売れる”には人智を超えた何かがあるのだろう。それこそ時代は大きく関係しているだろうし、タイアップなどのバックアップ体制もあるはずで、間違いなく“売れる法則”などは存在しない。そう考えると、上記のように記録を残し続けているミスチルのすごさが際立つと思う。よく彼らのようなバンドを“モンスターバンド”などと形容する。改めて“モンスター”という言葉の意味を調べてみると、怪物や化け物のほか、巨大なもの、圧倒的な存在感や影響力をもつ人や物、あるいは、常人ばなれした能力を持つ人物…といった場合にも用いられることを確認した。まさしく、である。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着