新規媒体登録申請

OKMusicは、あらゆるジャンルの音楽情報を集約し、ユーザー様と音楽の関係性をエンゲージすることをミッションにしております。

OKMusicを通じて、コンテンツの作り手の思いをより多くのユーザー様にお届けしたいと考えております。
是非、貴媒体の登録にご協力をお願い致します。

登録メリット

  • 音楽好きのユーザー様に貴媒体を露出できます。
  • 新規ユーザー獲得・PV獲得できます。
  • 他媒体で提供しているRSSをそのまま転用可能です。

媒体情報[*]必須項目

媒体アイコン

  • 媒体名
  • 紹介文
  • RSSフィード URL
  • Twitter URL
  • Facebook URL

会社情報[*]必須項目

  • 会社名
  • ご担当者名
  • ご担当者メールアドレス
  • その他ご質問

情報提供規約

第1条(記事提供規約)
  1. 記事提供規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社オーケーライフ(以下「弊社」といいます。)が運営するサイト「OKMusic」(以下「本件サイト」といいます。)に関して、第2条に定める方法により利用者登録を行った法人または個人(以下「利用者」といいます。)が、利用者の運営するサイト(以下「利用者サイト」といいます。)に掲載される記事のうち、本サイトにおける掲載を目的としてRSS形式で提供する記事(以下「本件記事」といいます。)の利用を弊社に許諾すること(以下「本件ライセンス」といいます。)について適用されます。
  2. 弊社は、本件ライセンスに基づき、本件サイトにおいて、本件記事を期間の制限なく自動公衆送信し、本件サイトを利用するユーザーに閲覧させること(以下「本件記事掲載」といいます。)ができます。このとき、弊社は、本記事について、提供元が利用者サイトであることが容易に判別できる表示をし、不適切な内容を発見した等、利用者からの正当な理由による削除依頼に対して適切に対応するものとします。
  3. 弊社は、本件記事を前項に定める範囲においてのみ利用できるものとし、利用者の事前の承諾なく、当該範囲を超えて、表示、編集、複製、改変、転載、配布ならびに出版、映像化、放送、演劇科の派生著作物の作成および利用を行わないものとします。
  4. 弊社は、本規約に明示的に定められる場合を除き、本件ライセンスを第三者に譲渡、貸与その他担保に供してはならないものとします。
第2条(ライセンス契約)
  1. 利用者が、本規約および弊社が別途定める「個人情報の取り扱いについて」を承諾のうえ、本件サイト上の利用者登録フォームに記載した内容を送信することによって、利用者登録の申込が行われたものとみなします。
  2. 弊社は、前項の記載内容に基づき利用者登録にかかる審査を行い、電子メールその他弊社が適当と判断する方法にて利用者に通知することにより、利用者登録を承諾するものとします。なお、利用者と弊社との間で締結される本件ライセンスに関する契約(以下「ライセンス契約」といいます。)は、弊社が利用者登録を承諾したときに、本規約および前項の記載内容により成立します。
  3. 弊社は、前項の審査において独自の基準で判断を行うことができるものとし、利用者が以下の各号のいずれかに該当すると判断した場合、利用者登録を承諾しないことがあるほか、ライセンス契約成立後に同様の判断をした場合には、ライセンス契約の全部または一部を解除することができるものとします。なお、利用者は弊社の判断について一切の異議を申し立てないものとします。
    1. 登録申込の際に記載する事項について、虚偽の事項が記載された場合。
    2. 本規約に違反するおそれがある場合。
    3. 過去に本規約その他弊社との間で締結する契約に違反した場合。
    4. 反社会的勢力との取引もしくはこれに類する行為をしたことがあり、または現に反社会的勢力に所属する場合。
    5. 前各号のほか、弊社が不適当と判断する場合。
  4. 利用者は、登録申込の際に記載した事項に変更があった場合(法人の合併による場合を含みます。)には、弊社に対し、弊社が別途指定する方法により、すみやかにその旨を届け出るものとし、弊社が必要とする場合には、当該変更の事実を証する書面を弊社に提出するものとします。利用者が本項に定める届出をしなかったことにより、本件記事掲載が中断されるなどの不利益を被った場合、弊社は一切の責任を負いません。
  5. 弊社は、利用者に対して、本件サイトへのアップロードまたは次条に定める通知により、本規約を随時変更することができます。このとき、ライセンス契約の条件は、変更後の規約が適用されます。
第3条(通知)
  1. 弊社から利用者への通知は、本件サイト上の表示、発行物および電子メールその他弊社が適当と判断する方法で行います。
  2. 弊社からの電子メールによる通知は、利用者が登録したメールアドレスあてに通知した時点で完了するものとします。利用者の未登録または誤登録による不到達、利用者が電子メールを確認しなかったこと、または通信状況の不具合による不到達について、弊社では一切の責任を負いません。
第4条(本件システム)
  1. 弊社は、本件サイトの運用および本件記事掲載を目的として弊社が開発したシステム(同システムの運用に必要なバックアップセンターサーバを含み、以下「本件システム」といいます。)について、その稼働状況を監視し、障害等の異常発生時に遠隔による修理、保守作業および利用者に対する報告を行うものとします。
  2. 弊社は、原則として、以下の各号の事由に該当する場合、事前に利用者に通知することにより、本件システムの全部または一部を停止することができるものとします。ただし、弊社が緊急のためやむを得ないと判断する場合は、この限りではありません。
    1. 天災地変などの不可抗力により、本件記事掲載が困難となった場合。
    2. 本件記事掲載の維持に不可欠な保守点検または各種調整を行う場合。
    3. 本件システムの突発的な故障等が発生した場合。
    4. 前各号のほか、本件サイトの運営上必要と弊社が判断する場合。
  3. 弊社は、本条に基づく本件システムの停止により利用者に発生した損害について、一切の責任を負わないものとします。
第5条(対価)
本件記事掲載および本件ライセンスの対価は、ともに無償とします。
第6条(権利等)
  1. 本件記事にかかる著作権その他知的財産権は、利用者または正当な権利を有する第三者に帰属し、利用者は弊社に対して、本件記事について、知的財産権を含む第三者の権利を侵害していないことを保証するものとします。
  2. 利用者または弊社が第三者から本件記事にかかる権利侵害に基づく請求または訴訟提起を受けた場合、利用者または弊社は相手方に対してただちにその旨を通知するものとします。このとき、利用者は、自己の責任および負担で当該請求等を解決し、かつ弊社を免責するものとします。
  3. 本件サイトに表示される商標、ロゴおよびサービスマーク(以下、あわせて「商標」といいます。)は、弊社または第三者の商標です。弊社は本規約によって利用者その他の第三者に対して何らの商標を譲渡または使用許諾するものではなく、利用者は本件サイト上の未登録商標について、商標登録の権利を行使してはなりません。
第7条(有効期間)
  1. ライセンス契約は、第2条第2項に定めるライセンス契約の成立日に発効し、1年間有効に存続します。ただし、期間満了日の1ヵ月前までにいずれの当事者も書面または弊社が別途指定する方法にて終了の意思表示をしない限り、ライセンス契約は、同一内容で1年間更新され、以後も同様とします。
  2. 前項の定めにかかわらず、利用者および弊社は、相手方に対して1ヵ月前までに通知することにより、ライセンス契約の全部または一部を終了させることができるものとします。
第8条(解除・廃止)
  1. 弊社は、利用者が以下の各号のいずれかに該当した場合、何らの通知、催告を要せず、ただちにライセンス契約の全部または一部を解除することができます。
    1. ライセンス契約に違反し、弊社が相当の期間を定めて催告したにもかかわらず、当該違反が是正されなかった場合。
    2. 差押、仮差押、仮処分、強制執行、競売の申立てがあり、または租税公課その他の滞納処分を受けた場合。
    3. 破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始または特定調停の申立てがあった場合。
    4. 利用者が振り出した手形または小切手が不渡りとなった場合。
    5. 営業停止処分または営業許可取消処分を受けた場合。
    6. 前各号のほか、弊社が、合理的な理由に基づき、利用者がライセンス契約の相手方としてふさわしくないと判断した場合。
  2. 弊社は、相当の期間を定めて利用者に通知することにより本件サイトおよび本件記事掲載の全部または一部を廃止することがあります。このとき、当該廃止に伴い、ライセンス契約の全部または一部が終了するものとします。
  3. 弊社は、前項に定める本件サイト、本件記事掲載の廃止およびライセンス契約の終了により利用者に発生した損害について、一切の責任を負わないものとします。
第9条(秘密保持)
  1. 利用者および弊社(以下、本条において「受領者」といいます。)は、事前に相手方(以下、本条において「開示者」といいます。)の書面による承諾を得ることなく、ライセンス契約に基づき、開示時に秘密である旨を明示または通知のうえ、開示者が開示した技術情報および営業情報(以下、あわせて「秘密情報」といいます。)を第三者に開示または漏洩してはならず、また、利用契約以外の目的に使用してはならないものとします。
  2. 前項の定めにもかかわらず、以下の各号のいずれかに該当する情報については、秘密情報の対象外とします。
    1. 開示時においてすでに公知となっているもの。
    2. 開示後において受領者の責に帰すべき事由なくして公知となったもの。
    3. 開示時において受領者がすでに保有していたもの。
    4. 正当な権利を有する第三者から秘密保持義務を負うことなく適法に入手したもの。
    5. 秘密情報を用いることなく受領者が独自に開発したもの。
  3. 本条第1項の定めにもかかわらず、法令に基づいて裁判所、政府その他行政機関から秘密情報の開示を求められた場合、受領者はただちにその旨を開示者に通知するものとし、そのうえで必要最小限度の範囲においてこれに応じることができるものとします。
  4. 受領者は、必要最小限度の範囲を超えて秘密情報を複写または複製してはならないものとします。
  5. ライセンス契約が終了した場合、または開示者が求めた場合、受領者は開示者に対してただちに秘密情報を返還または廃棄するものとします。なお、受領者は開示者に対して、秘密情報の廃棄後すみやかに廃棄証明書を提出するものとします。
  6. 本条に定める受領者の秘密保持義務は、ライセンス契約終了後3年間存続します。
第10条(免責・損害賠償)
  1. 利用者および弊社は、相手方当事者に対して、ライセンス契約の履行に関連して発生した通常の損害についてのみ賠償し、特別の損害および逸失利益については責任を負わないものとします。
  2. 本件サイトおよび本件記事掲載を通じて提供される情報について、弊社はその正確性、適用性、有用性を保証するものではなく、いかなる責任も負いません。
  3. 弊社は、利用者が本件記事掲載にあたり通信回線を通じて送受信する情報に関して、暗号化処理がなされている場合といえども、その安全性・秘匿性について完全な保証を行うものではありません。
第11条(権利義務の譲渡)
利用者および弊社は、ライセンス契約上の地位もしくはライセンス契約に基づく一切の権利または義務を第三者に譲渡し、または担保に供してはならないものとします。
第12条(準拠法・合意管轄)
本規約の解釈に関しては、日本法が適用され、利用者と弊社との間で本規約に関する訴訟が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
第13条(協議事項)
本規約に定めのない事項または本規約の解釈に関する疑義については、利用者と弊社との間で誠意をもって協議のうえ解決するものとします。

以上制定:平成29年 6月 28日

「記事提供規約」個人情報の取り扱いについて

株式会社オーケーライフ(以下「弊社」といいます。)は、「記事提供規約」に基づき、弊社が運営するサイト「OKMusic」(以下「本件サイト」といいます。)に、自己の運営するサイトに掲載する記事をRSSで提供し、掲載すること(以下「本件記事掲載」といいます。)を希望する者(以下、法人の代表者および担当者をあわせて「利用者」といいます。)から提供される氏名、メールアドレスなど(以下総称して「個人情報」といいます。)の取り扱いについて、以下の「個人情報の取り扱いについて」を定めています。弊社は、この「個人情報の取り扱いについて」に基づき個人情報を取り扱うものとし、利用者はこれに同意します。

1.個人情報保護管理責任者
弊社は、利用者からご提供いただく個人情報について、以下のとおり個人情報保護管理責任者を定め、この「個人情報の取り扱いについて」に従い、適正な取り扱いおよび保護に努めます。
[個人情報保護管理責任者]  株式会社オーケーライフ プライバシー保護委員会委員長
2.利用目的
利用者から提供される個人情報は、以下の目的でのみ取得・利用いたします。個人情報を利用者の同意なく利用目的以外に利用することはありません。
  • 本件記事掲載の実施
  • 本サイトに関するメールマガジンの配信
  • 本サイトに関するイベント・ニュースの案内
  • 本サイトに関する公募イベントの応募受付および実施
  • 本サイトに関する懸賞キャンペーン等の応募受付および当選者への商品提供
  • 本サイトに関連する広告の配信(第三者が広告主となる場合も含みます。)
  • 本サイト、本件記事掲載に関する問い合わせの際の本人確認および回答
  • 本サイト、本件記事掲載に関するアンケート収集
  • 本サイト、本件記事掲載の利用状況に関する統計分析および問題解決(統計的データとしての第三者への提供を含みます。)
3.預託
弊社は、個人情報の取り扱いの全部または一部を利用目的の範囲内で第三者に委託する場合があります。この場合、弊社の定める基準に基づき個人情報を適切に取り扱っていると認めた委託先を選定したうえ、適正な取り扱いを確保するための契約を締結し、委託先において個人情報の安全管理が図られるよう必要かつ適切な監督を行います。
4.第三者提供・開示
弊社は、利用者の同意がある場合または以下の各号の場合を除き、個人情報を第三者に開示または提供いたしません。
  1. 統計的なデータなど本人を識別することができない状態で開示・提供する場合
  2. 法令に基づく場合
  3. 人の生命、身体または財産の保護のために必要な場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
  4. 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要である場合であって本人の同意を得ることが困難であるとき
  5. 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
5.個人情報提供の任意性と提供しなかった場合に生じる結果について
個人情報をご提供いただくことは、利用者の任意です。ただし、必要とされる情報をご提供いただけなかった場合には、ご希望にお応えすることができない場合があります。
6.開示・訂正・追加・削除・利用停止・第三者提供の停止
弊社が保有する個人情報について、開示・訂正・追加・削除・利用停止・第三者提供の停止(以下、あわせて「開示請求」といいます。)をご希望される場合には、お申し出いただいた方が本人であることを確認したうえで、合理的な期間および範囲で対応します。
7.開示請求の受付方法・窓口
弊社が保有する個人情報に関する開示請求は、以下の方法で受け付けます。開示請求方法にご不明な点がある場合には、以下の受付窓口のお問い合わせフォームでお問い合わせください。
[お問い合わせフォームによるお申込み]
以下の受付窓口のお問い合わせフォームでお申込みください。弊社ご登録情報により本人であることを確認したうえで、書面の交付その他の方法により回答いたします。[受付窓口]
株式会社オーケーライフ 個人情報取扱窓口
okm_support@oklife.co.jp
8.セキュリティについて
本サイトで用いられるフォームは、個人情報保護のため、SSL(Secure Socket Layer)による暗号化通信に対応しています。ただし、ご利用の端末によっては、SSL(Secure Socket Layer)に対応していない場合がありますので、あらかじめご了承ください。
9.クッキー(Cookies)、端末の個体識別番号について
本サイトの運用および本件記事掲載の実施にあたり、アクセスされた利用者の端末に応じてクッキー(Cookies)または端末の個体識別番号を利用する場合がありますが、クッキー(Cookies)および端末の個体識別番号自体に個人情報は含まれておりません。
10.アクセスログについて
本サイトでは、アクセスされた利用者の情報をアクセスログという形で記録しています。アクセスログには、ドメイン名、IPアドレス等のほか、携帯端末の個体識別番号に関する情報などが含まれ、本サイトの保守管理や利用状況に関する統計分析、問題解決のために活用いたします。なお、個体識別番号に利用者を特定できる個人情報は含まれておりません。
11.未成年者の個人情報について
弊社では、未成年の利用者から個人情報を取得する可能性がある場合、事前に法定代理人(親権者など)の同意を得てご提供いただけるよう、未成年者の個人情報の取り扱いについて、特別の配慮を行います。
12.その他
個人情報の取り扱いに関する法令・ガイドライン等の改正・変更に伴い、弊社では、以上と異なる取り扱いをし、または以上の内容を変更する場合があります。

以上制定:平成29年 6月 28日