『グレイテスト ビーナス』/GO-BANG'S

『グレイテスト ビーナス』/GO-BANG'S

GO-BANG'Sの
『グレイテスト ビーナス』は
ガールズバンドのひとつの到達点

アルバム『グレイテスト ビーナス』

 そんな『グレイテスト ビーナス』ではあるが、GO-BANG'Sの音楽性を示すには十分すぎる、さすがの力作である。まず、何と言っても、森若香織(Vo&Gu)のコンポーズ能力の高さを堪能できる。後にシングルカットされたM1「無敵のビーナス」、バンド最大のヒットナンバーのM2「あいにきて I・NEED・YOU!」は言うまでもないだろうが、M3「アイスクリームマン」、M4「Sha・la・la」、M8「グルーピーベイビー」、M9「人生は絵の具のパック」、M10「間接キッスに御用心」と、収録曲はこれでもかというくらいにキャッチーなメロディーを持つ楽曲ばかり。彼女独特のボイスパフォーマンスと相俟って、聴く人の耳をこじ開けて入ってくるようなイメージだ。

 そればかりだと甘すぎるというか、食傷気味になるのは必至だと思われるが、ややダウナーなM6「Don't worry boy」や、キャッチーではあるもののマイナー調のM7「荒野のエピローグ」と変化球も交えているほか、斉藤光子(Dr)作M5「8月のDiary」、谷島美砂(Ba)作M11「チヨリスタの星」という、斉藤、谷島両名がそれぞれメインヴォーカルを担当する楽曲を収録することで、きちんとアルバムとしての抑揚を出している辺りも聴きどころだろう。

 また、アレンジャー・白井良明、サポートミュージシャン・朝本浩文の参加によって、ソウル、カントリー&ウエスタン、R&R、スカ、パンクと、サウンドはバラエティー豊かで、景気のいい感じに仕上がっているものの、基本はあくまでもギター、ベース、ドラムの3ピースで構成されている点は聴き逃せない。もともとはロック大好き少女たちなのだ。じっくり聴くとシンプルかつベーシックなロックであることが分かって味わい深い。個人的には生真面目にグルーブを作っているベースラインが気に入っている。注目して聴いてみてほしい。
 最注目はやはり歌詞ではなかろうか。高名な社会評論家が「ここから日本社会における女性主導が始まった」とか言いそうな、奔放な女性像が描かれている。《きみに彼女がいることも チェックしてあるけど まぁいいじゃん これくらいなら ナイショにしちゃえば 気づかないよ》(M2「あいにきて I・NEED・YOU!」)。《最後の手段で近づいて 今夜だけでも 愛されたい》《スポットライトから ルームライトに切り替えて あなたを照らしてみたいグルーピー》(M8「グルーピーベイビー」)辺りは世が世なら「まあ、何てはしたない」とお母様方からお叱りを受けそうな内容だが、こうはっきり言い切る潔さを湛えたいし、その表現力の豊かさはお見事だと思う。

 M3「アイスクリームマン」の《きみと私がゆっくりとけていく 早くしないと ドロドロになるから》は巧い比喩表現だし、M10「間接キッスに御用心」の《一番 嫌いなあのこと 関節キッスしちゃったみたいなの》《彼のくちびる共有して 関節キッスしちゃったみたいなの》《世界中のだれかとだれかが 間接キッスの輪を広げていく》は大発明とも言える見事な世界観の構築だ。現在、作詞家としても活動している森若香織の若き日の非凡さを確認できる好テキストである。ヒット作にはついて回ることだろうが、この『グレイテスト ビーナス』は中古CDショップに出回っていることが少なくない。本作はシーンの頂点を極めたガールズバンドのポテンシャルを知るうえでの好材料でもあるので、見かけたら即買いでも損はないと思う。ぜひレスキューを願う。
 さて、GO-BANG'Sは前述の通り、94年に解散したが、2013年にベストアルバム『スペシャル GO-BANG'S』発売し、森若香織のソロユニットとして復活した。そして、今年2015年3月3日に20年ぶりとなるオリジナルアルバム『FAIRY BRAIN』をリリースしたばかりだ。いち早く聴かせてもらったが、キャッチーのメロディー、森若香織のヴォイスパフォーマンスは健在で、GO-BANG'Sらしいアルバムに仕上がっている。『グレイテスト ビーナス』を彷彿させるカントリーなナンバーの他、サイケデリックやジャングルビートなどバラエティー豊かなサウンドも特徴で、これもまたロック大好きなGO-BANG'Sらしい。ビジュアル面は──当時はガーリーなショートカットだった髪がロングになり、さすがに妖艶に変貌したものの、“アーティスト・森若香織”は健在のようだ。ツアーの情報は未入手だが、GO-BANG'Sとしてのライヴアクトも全国の“ゴーバニスト”は期待しているだろう。新作を聴きつつ吉報を待ちたい。

著者:帆苅竜太郎

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。