L→R KEN、AI、YUKINARI

L→R KEN、AI、YUKINARI


取材:土内 昇

1stシングル「KISS」からコンスタントに作品をリリースし続け、3月に3rdシングルとなる「LIKE THAT」が発表された。まず、どんな作品にしようと制作に臨んだのだろうか?

「琉-UNITの魅力でもある“ダンスや躍動感、ブラックミュージックの持つ雰囲気をテーマにうまくできないか”ということで今回の方向性が決まり、制作に入りました」(Ken)
「ダンサブルな新曲を目指しました。音が派手な曲を作りたかった。なので、今までのシングル2曲と比べて、攻撃的な音だと思います。あと、アルバムに向けて選曲もしました」(YUKINARI)

表題曲「LIKE THAT」はライヴで盛り上がること必至のナンバー。そのテンション感は“この「感覚」を共鳴してみないか?”という一節にも表れている。

「やはり“感覚”を共鳴してほしいのです…。とてもアバウトな言い回しですが、この言葉がハマるかなと。歌も攻めの姿勢です!」(Ken)
「実は、最初は方向性が分からずでしたが、みんなで集まって、話してすぐ分かりました。今の琉-UNITを書いていけばつながるかなと。ライヴをイメージ、それも入っての“LIKE THAT”です。メインヴォーカルが今回はケンにぃさんということでも、メインヴォーカルを変えるなどは琉-UNITっていうグループの見せ方かと感じますね」(AI)
「パフォーマンス重視で、ビートと聴きやすいメロディーはかなり意識しましたね」(YUKINARI)

そんな「LIKE THAT」をはじめ、AIを単独フィーチャーした「GET OUT」、“BOY’S & GIRL’S TALK”というタイトル通り男女の恋愛観を題材にした「B.G TALK」、80’Sティストのラブソング「I LOVE YOU」という全4曲を収録し、聴き応えのある一枚に仕上がっている。

「まったく違う4曲が楽しめるのがいいと思いますね」(YUKINARI)
「4曲とも感じが違うので、その日に合った気分で聴いていただけたらいいなぁ~」(AI)

当然、それらの楽曲には琉-UNITとしてのさまざまなトライもあり、彼ら自身にとっても刺激的な作品になっていることもうかがえる。

「成長と発見が今作品でもありましたね。またひとつ琉-UNITとして歩を進められた、大事な作品が作れたと思います」(Ken)
琉-UNIT プロフィール

リュウユニット:沖縄出身のパフォーマンスユニット。2010年1月23日、『NewJap琉球Night』にてKENとYUKINARIが活動を再開、そのステージで客演だったAIが加わることに。ダンスのスキルはもちろんのこと、歌やラップ、圧倒的なライヴパフォーマンスで観客を魅了する。 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」