L→R 奥村眞也(Dr&Cho)、鴻池 遼(Vo&Gu)、雅景(Gu)、横山航大(Ba)

    L→R 奥村眞也(Dr&Cho)、鴻池 遼(Vo&Gu)、雅景(Gu)、横山航大(Ba)

    【ARCHAIC RAG STORE】今作は人と向
    き合いたい気持ちの表れかもしれない

    透明度の高いヴォーカル、緻密なバンドアンサンブルはより外に開かれた。2ndミニアルバム『EXPLODE』は、映画『任侠野郎』主題歌「LOVE SONG」を含む全6曲入り。今作は覚醒したポップ感に惹かれる良質作だ!
    取材:荒金良介

    前作ミニアルバム『After the Dawning』のリリース以降、変化したところは?

    鴻池
    昨年は初めて全国リリースの音源を出して、初めてラジオのパーソナリティをやったり、初めてツアーにも行ったりと初めて尽くしの1年で。メンバーも目の前のことに手一杯だったんですよ。それを経て、今年はバンドとしての一体感が生まれてきたなと思います。これから自分たちはどういう曲を作ればいいのか、それがこのアルバムでちょっと明確になりました。

    その見えてきた方向性とは?

    鴻池
    前作は対人ではなく、対自分に向けた曲が多かったなと。今作は対人…よりたくさんの人に聴いてもらえるように意識しました。

    そういう意識になったのは何かきっかけでもあったのですか?

    鴻池
    ボイトレの先生と話している時に“何のために曲を作ってるの?”と訊かれて、何も答えられなかったんですよ。で、“それはあなたが自分の悩みや葛藤を分かってほしいからじゃないの?”と言われて。じゃあ、今度は自分に共感してくれた人の背中を押せる曲を作ろうと。
    雅景
    今回、(鴻池)遼くんが新しい目線の曲を持ってきたから、自分たちのエゴを捨てつつ、自分たちのやりたいこともちゃんとやれてるアルバムになりました。

    雅景さんは何が変わりました?

    雅景
    僕は分かりやすいものやキャッチーなものに抵抗があって。でも、今回は分かりやすく速いとか、分かりやすいバラードとか、全部振り切ってるんですよ。最初、そういうアレンジで曲を作り始めた時に戸惑いましたね。“分かりやすさ=ダサい”と思っていたけど、他のメンバー3人は意外とそうでもなくて。自分の視野の狭さを感じて、考え方も変わりました。今回はバンドのことを考えた上で自分のプレイができましたね。
    奥村
    以前はライヴも独りよがりで、狂気的にやろうと考えていたけど、最近はライヴ全体を考えて、ひとつのショーを作りたくて。今回の作品を通して、バンド全体でひとつのものを作る感覚が芽生えました。なので、自分の音が全体でどういうふうに聴こえるのかを意識しました。
    横山
    確かに、ライヴの向き合い方は変わりましたね。ライヴハウスの店長に“一枚膜があるみたいだ”と言われたことがあっったんですけど、最初はその意味が分からなかったんですよ。で、このアルバムの曲を作ってる時に、対人でやることの意味が分かってきた。

    初対面で言うのもあれですが、みなさんわりとシャイですか?

    鴻池
    そうですねえ。“イエーイ!”って感じではないです(笑)。それがいいのかなって。
    全員
    はははは。
    鴻池
    人は好きだけど、怖い部分もあって。他人にいまいち突っ込んでいけないところがあるんですよ。そういう意味で今回は人と向き合いたいという気持ちの表れかもしれない。

    あぁ、なるほど。今作の曲作りで意識したことは?

    鴻池
    分かりやすいメロディー、キャッチーな曲を意識しました。ただ、演奏はより衝動的でアグレッシブになりましたね。そこはロックバンドでありたい気持ちが強いから。

    「プライマル」はキャッチーな歌メロがありながら、演奏も攻めてますものね。

    鴻池
    そうですね。これが最初にできた曲なんですよ。何か飛び抜けたものが欲しくて、今までやらなかった2ビートの曲を作ろうと。アレンジャーの西岡和也さんと一緒に曲を作る中で、より爆発的な展開にしてくれました。アルバム名ともリンクするし、この作品を象徴する一曲ですね。

    発想が極端ですね、いきなり2ビートって。

    鴻池
    はははは。基本的にロックなら何でも好きだから。

    例えばどの辺のバンドですか?

    鴻池
    Pay money To my Painとか好きです。

    えっ、本当ですか!?

    鴻池
    はい。海外だと、PARAMOREも好きですね。西岡さんはギタリストなので、「プライマル」と「LOVE SONG」の2曲に関してはもっとギターを押し出そうと。それでまたいい化学反応が生まれたかなと思います。
    奥村
    「プライマル」はずっと遼くんに2ビートをやりたいと言っていたから、やっときたかなと(笑)。次回作ではブレイクダウンも入れたい(笑)。
    全員
    はははは。

    ブレイクダウンはさておき(笑)、遼さんの歌声は個性的なので、どんな曲調でもバンドの軸がブレない感じはしますね。横山さんはどうですか?

    横山
    俺も2ビートは聴いたことなくて、最初は弾き方も分からなかったんですよ。それで、西岡さんにベースは歌の下ハモだと思えとアドバイスをもらって。新しい曲調だからこそ、新しいアプローチを考えなきゃいけないなと。「プライマル」は初めてピック弾きもしてるし、いろんなベースラインの動かし方にチャレンジしました。

    そして、「LOVE SONG」は映画『任侠野郎』主題歌で、今作の中でもっともキャッチーな楽曲ですね。

    鴻池
    歌詞はよりインパクトを持たせるために耳に付く言葉を選びつつ、もっと自分の持ち味である捻くれた人間性を出そうと。もっとドロドロというか、ヒリヒリしたところも歌にしたいなと思ったんです。サビは《愛 愛》と繰り返す言葉を使って、聴く人の耳に残るようにしましたね。最初はもっとロック色が強かったけど、西岡さんがこの曲が持つ歌謡性を引き出してくれました。だから、ギターも歌っているし、よりキャッチーに仕上がったかなと。

    「LOVE SONG」を含めて作品全体も歌も際立たせつつ、演奏も存在感があり、バランス感もいいですね。

    奥村
    メンバー同士で曲を理解しようという意識が強くなっていますからね。エゴのぶつかり合いではなく、今回は譲り合って、自然と曲がひとつの方向に向いたと思います。
    横山
    全曲に言えるけど、各パートが歌のメロディーやコード感に対して意味を持つように意識したんですよ。ベースだと歌に対して引っ込むんじゃなく、歌と同じ意味を持つベースプレイを心掛けたし、メンバーみんなそうなってるんじゃないかな?

    ロック度は上がる一方で、一聴してメロディーが耳に入ってくる楽曲ばかりです。

    鴻池
    あぁ、それは嬉しいですね。「Mahoroba」「秘密」も以前ならこね繰り回していたけど、素直にアプローチできたから。

    分かりました。では、今作のレコ発ツアーはどうなりそうですか?

    鴻池
    このアルバムで聴いてくれる人が増えると思うので、それを確かめに行きたいです。それぐらい、自分的にも一歩踏み出せた自信がありますからね。
    『EXPLODE』
      • 『EXPLODE』
      • POCS-1417
      • 2016.03.02
      • 1500円
    ARCHAIC RAG STORE プロフィール

    アルカイック・ラグ・ストア:元BLANKEY JET CITYの浅井健一プロデュースのもと活動していた前身バンドのメンバーだった鴻池 遼と横山航大、奥村眞也を中心に2013年3月に結成。14年2月に雅景が加入し、現在のメンバーとなる。平均年齢20歳という若さとは裏腹に卓越したテクニックを誇る4人。15年6月10日に初の全国流通盤ミニアルバム『After the Dawning』をリリース。16年3月、映画『任侠野郎』の主題歌「LOVE SONG」を収録したミニアルバム『EXPLODE』を発表する。ARCHAIC RAG STORE オフィシャルHP

    OKMusic編集部

    全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

    0コメント