【さよなら、また今度ね】聴いた方そ
れぞれのときめきを見つけてほしい


取材:高良美咲

インパクトのある名前もさることながら、どきどきわくわくさせてくれるポップスを届けるさよなら、また今度ね。結成のきっかけは何だったのだろうか?
菅原
僕とベースのふたりでバンドをやっていたのですが、友達に“4人組でやったら?”と助言されたので、とにかく誰でもいいやと思い、高校の同級生だった渋谷と中学の同級生のギターを誘って4人にしました。後にベーシストとギタリストが脱退し、ギタリストの友人だった佐伯、対バンで知り合った菊地が加入し、現在の編成に至ります。
過去にはライヴの際にノルマ代を自分たちが支払ってお客さんは全員無料にしたり、遠方のファンにCDを原付で渡しに出かけるなど、とにかく自分たちの音楽を聴いてもらえるようにと、一風変わった活動も行なってきたという。
菊地
X JAPANはインディーズの頃、冷蔵庫をプレゼントなど音楽以外で話題になりそうな企画を考えたり、メディアに積極的に出ていたそうで、それは“いい音楽を作ってもまずは聴いてもらわなければ意味がない”という考えがあったからなのかなと。自分もそのようにフットワークの軽い人間になっていければいいなと思います。
“いろいろな音楽を聴き込み、やりたいことを溜め込んで、それを吐き出すことをバンドの目的としている”と語る彼ら。その音楽性は結成時からまったく変わらず楽曲の世界観を大事にしてるという。そんな楽曲をさらに際立たせているのが、多彩なシチュエーションの歌詞だ。
菅原
曲を作る際、まず作詞からやります。決められた曲の展開に縛られずに、自由に作詞するのがこだわりというか、個人的なコツです。その際には絶対布団に入って書きます。布団は個人的で唯一無二の思想を掻き立てられる空間だと考えているので、そこから生まれた言葉たちにしか愛着が持てません。
そして、ポップスがたくさん詰まった1stフルアルバム『P.Sメモリーカード』が完成。どのようなビジョンを持って制作に入ったのかをたずねてみた。
菅原
ポップスというのは実はマニアックなところを攻め尽くしたジャンルだと思っているので、それらの集大成にするという意図がありました。自分なりの、やっと言葉にできたマニアックな言葉集です。
では、今回の制作過程からはどんなものを得ることができ、どのような作品に仕上がったのか?
渋谷
みんながそれぞれ何を考えて曲に取り組んでいるか、どんな思いがあるのかを互いに認識でき、それを共有できたことにより強い一体感を得られました。最後の「かわいいくまさん」はメンバー全員で一緒に歌っていて、みんなのアルバムに対する思いがぎゅっと詰まっているので、すごくいいかたちになったと思います。
佐伯
最初で最後の1stフルアルバムにふさわしい内容になったと思います。このメンバー4人でバンドをやっている意味を詰め込めた気がします。アルバム全体を通して聴いてほしいです。ひとつの作品として、きっとたくさんのときめきが散りばめられていると思います。聴いた方それぞれのときめきを見つけてほしいです。
昨年『RO69JACK 2012』で優勝をして、初めて『ROCK IN JAPAN FES.2012』のステージに立ち、つい先日にも再び『ROCK IN JAPAN FES.2013』のステージに立った彼ら。バンドにとってどのような経験になったのだろうか?
菅原
去年の出演時間は15分で、今年は30分いただきました。去年までは“バンドは海賊だ! 15分しかない! 敵船を撃ち落としまくれ”と思っていましたが、今年は“30分あるし、敵船とかもうどうでもいいからただただバンドを楽しもう”という気分になれたので、結果お客さんからの反応も良かったし、“こんな感じなのかな”とひとつコツを掴んだような気がします。ただ、正解はないと思っているので、これからももがき苦しみながら楽しんでいこうと思います。
最後に、リスナーへの気持ちを語ってもらった。
佐伯
音楽は出会いだと思います。今まで我々を知らなかった方やバンド名だけを知っていた方もこれをひとつのきっかけとして、一度さよなら、また今度ねの音楽を聴いてみてほしいです。好きじゃなかったらごめんなさいだけど、もし少しでも好きだと思っていただけたら、その時はお互い嬉しいと思います。
『P.S.メモリーカード』
    • 『P.S.メモリーカード』
    • RDV-0010
    • 2013.09.18
    • 2000円
さよなら、また今度ね プロフィール

サヨナラ、マタコンドネ:菅原達也(Vo&Gu&Key)、菊地椋介(Gu)、佐伯香織(Ba)、渋谷悠(Dr)からなる4ピースバンド。2011年1月、千葉県で結成。精力的なライヴ活動と、宅録による作詞作曲活動に加えて、数多くのミュージックビデオをYouTubeにアップし、創作意欲を爆発させていた。12年末には『COUNTDOWN JAPAN 12/13』にも出演を果たし、13年1月、自身初の全国流通盤となる1stミニアルバム『菅原達也菊地椋介佐伯香織渋谷悠』をJACKMAN RECORDSからリリース。オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC

新着