【連載】
OLDCODEX Painter YORKE.
『WHY I PAINT
~なぜボクがえをかくのか~』
- 第59回 ガソリンの揺れかた
/ BLANKEY JET CITY -

新曲の制作。
2018年最初のリリースへ向け、動き出してる。
オレは歌詞を書いてメロディの中に世界を創り出す。
たくさんの人の熱量が足されていく感じで
その世界はもっともっと深い場所へ加速する。
ガソリンの揺れ方を感じながら、
オレはスタジオを出て次の目的地へ車を走らせる。
昔、バイクでよく通った道を走って
懐かしさでウィンドウを全開にする。
今夜は風が強いなあ。
時々マフラーに足を当ててよく火傷してたなあ。
BLANKEYの曲を車のスピーカーから流して、
いま走ってる道と昔のバイクにまたがる自分を
重ねてみた。

何をそんなに焦ってるんだ?
そんなに急いで何処へ向かってるんだ?
細く美しいワイヤーが切れてることを知ってても
クラッチを踏んでギアをあげてる。
その先の交差点でお前は大きなクラッシュに巻き込まれる。
鉄の塊。結局は鉄の塊。
でもオレは子どもの頃からそんな鉄の塊も
ガソリンの匂いも大好きだ。
父親が乗ってた大きなキャンピングカーみたいな
シャンパンゴールドの車の操縦をしてみたかった。
煙草の火を点けるための鉄の棒、
「これはなんだろう?」って指を押し当てて
大火傷したっけ。

そんな時すぐに駆けつけて必死で冷やしてくれた
女の人はもういない。
おかげでこの指はまだ動いてる
鉄の塊に人間の意識みたいなモノが注入されて
とんでもないスピードを創り出した。
きっとその人たちも火傷を負ったに違いない。
“揺らしてるだけ 自分の命 揺らしてるだけ”

あの夜想像した小さな世界がたくさんの人間の意識が
注入されてひとつの曲を生み出した。
次はその曲に合わせた顔。カバーのアートワーク。
さあ。次の場所へ出かけよう。

YORKE. / November, 2017

OLDCODEX プロフィール

オルドコデックス:2009年に結成。ラウド、ダンス、パンク等の様々な要素を取り込んだサウンド、それにインスパイアされながらアートワークを作り出すペインティングにより、観る者、聴く者の、五感を刺激する作品を打ち出している。TVアニメシリーズの主題歌を担当することも多く、『SERVAMP』『GOD EATER』『黒子のバスケ』『Free!』シリーズ等、タイアップは多岐にわたる。15年に初の日本武道館公演を行ない、16年6月に発売した4thアルバム『Fixed Engine』では、オリコンウィークリーチャート3位を記録。ライヴではYORKE.自らが制作に携わる巨大なセットという名のアートを背負い、その存在感を見せつけている。そして、バックドロップにも必ず手を加えるので、常に作り手の体温が感じられることも特徴のひとつ。国内を中心としつつ、アメリカ・台湾・中国・韓国・シンガポールでもライヴを敢行するなど、ワールドワイドな活動を行なっている。OLDCODEX オフィシャルHP

【ART BOOK『WHY I PAINT 〜なぜボクがえをかくのか〜』第3弾 申込み受付中!】
YORKE.の人物像が垣間見れるエピソードや、ゆかりのある街での撮り下ろし写真などファン必見の内容が盛りだくさん。お申込みは11月30日(水)23時59分まで受付中!
お申込み・詳細はこちら→http://store.okmusic.jp/

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着