2018年6月24日 at 『LUNATIC FEST. 2018』

2018年6月24日 at 『LUNATIC FEST. 2018』

【ライヴレポート】
『LUNATIC FEST. 2018』
2018年6月24日 at 千葉・幕張メッセ

6月23日と24日の2日間にわたり幕張メッセにおいて開催された“史上最狂のロックフェス”第二弾『LUNATIC FEST. 2018』。計4万人越えの動員を記録し、今回も大成功となった。コラボあり、カバーありと盛り上がった初日同様、最終日もMOTHER STAGEとMOON STAGEにて11組のバンド/アーティストが熱演! 同フェスならではのスペシャルが満載の刺激的かつ感動的な一夜となったーー。

■ LUNACY ■

2018年6月24日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(LUNACY)

2018年6月24日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(LUNACY)

最終日となる2日目の幕を開けたのは、前日と同じくLUNACY。長いエクステを三つ編みにしたSUGIZO(Gu)や赤いウィッグの真矢(Dr)を筆頭に、通常のLUNA SEAとは趣の異なるムードと出で立ちでMOON STAGEに現れた5人は、“今日もとばしていこうぜ!”というRYUICHI(Vo)の号令からJ(Ba)の邪悪なベースフレーズを皮切りに「CHESS」を投下する。狂気に満ちたギターソロに加え、ジャンルを超えた経験で芝居心を培ってきたRYUICHIの多彩な表現力が、当時とは比べものにならないほど深い闇へとオーディエンスを惹き込む。さらに圧巻だったのが幻の未CD化曲「SUSPICIOUS」からの流れ。衝動的な演奏を高速で畳み掛けると、ステージに満ちるスモークの中でINORANの美しいアルペジオがダークにうねる「SEARCH FOR REASON」へとシームレスで曲をつなぐ。それぞれ無駄なアクションもなく、持ち場でじっと紡ぐ音は妖しく絡み合い、破滅の予感を醸した末に声量も感情も突き抜けたRYUICHIのシャウトが爆発。これほどマニアックな難曲を結成間もない段階で作り上げていた彼らのセンスに震撼する一方、それを今の彼らの豊かな力量によって完成形として目撃することのできる幸運に感謝せずにはいられなかった。
text by 清水素子

セットリスト

  1. 1. CHESS
  2. 2. SUSPICIOUS
  3. 3. SEARCH FOR REASON

■ THE ORAL CIGARETTES ■

2018年6月24日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(THE ORAL CIGARETTES)

2018年6月24日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(THE ORAL CIGARETTES)

LUNACYライヴ終了後、対向のMOTHER STAGEの幕を切って落としたのはTHE ORAL CIGARETTES。登場するなり“ずっと出たかったんです、このフェス! 俺らのこと、初めましての人たくさんいると思う。でも、今日出たかった想いを全部俺らの言葉に…あなたたちに伝えていくのでよろしくお願いします!”と叫んだ山中拓也(Vo&Gu)は、1曲目の「カンタンナコト」から“頭振るよ!”と場内を煽動。どこか捻れた癖のあるアッパーチューンを次々放ちながら、踊り狂う客席に“みなさん、あったかすぎ!”と礼を言う。一方で“今日初めて出会った人もこれから長い付き合いになるかもしれないので、よろしくお願いします!の意味を込めて”と贈った「トナリアウ」等、ストレートに心を動かす楽曲を併せ持つのも魅力的。そして、“俺ら普段、こことは別の畑でやってるんですけど、最初に聴いて育ったのがこっちの界隈なんです。だから、今いる場所に若干違和感を感じつつ、少しでも間を取れる音楽がやりたくて…やっとみなさんの場所に一歩踏み出せたような気がして、今日はほんとに嬉しいです”と涙ぐみながら率直に打ち明けた山中に場内からは大きな拍手が沸いた。誰かの夢が叶った瞬間を目撃できた感動が渦巻く中、自由に躍動する彼らのステージは感謝と喜びにあふれて、観る者の心をグッと掴んでみせた。
text by 清水素子

セットリスト

  1. 1. カンタンナコト
  2. 2. CATCH ME
  3. 3. トナリアウ
  4. 4. 容姿端麗な嘘
  5. 5. 狂乱 Hey Kids!!
  6. 6. BLACK MEMORY

■ OLDCODEX ■

2018年6月24日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(OLDCODEX)

2018年6月24日 at 『LUNATIC FEST. 2018』(OLDCODEX)

準備の整ったMOON STAGEには『LUNATIC FEST.』のトレードマークでもある髑髏のアートが。気合入れの声を轟かせて姿を現したOLDCODEXは一見、普通の5人組バンドだが、その正体はTa_2(Vo)曰く “ライヴペイントと音楽をドッキングさせた、ちょっと珍しいバンド”である。クリアーな声質で血管がぶち切れそうな凄まじいヴォーカルを放つTa_2と楽器陣が鳴らすラウドなミクスチャーロックをBGMに、ステージ上のキャンバスに赤く、白く、黒く、想いのままに色を塗り重ねていくYORKE.の役割は作詞者でありペインター。確かに異色な構成かもしれないが、自らが書き綴った言葉が音となって放たれる中で、その世界を視覚化しているだけと考えれば必然的なスタイルでもある。クライマックスでは彼らがピンチだった時にひとりの先輩が手を差し伸べてくれたことを語り、“今日はその人に書いてもらった曲を一緒にやってもいいですか!”とINORANを招聘。Ta_2と向き合って「HEAVEN」を演奏するINORANの背中にスプレーでペイントしたYORKE.は、さらに彼に寄り添ってシャウトし、髑髏のアートに“Thank you INORAN”と記して、文字通りアーティスティックに魅せてくれた。そして、最後は“テレビアニメ『Butlers』OPテーマ”と紹介して、パワフルに突き抜ける「Growth Arrow」をドロップ。偏見視されやすいシーンの住人であることをあえてさらした彼らの矜持に、結成当初のLUNA SEAと同じスピリッツを感じて胸が熱くなったのは筆者だけではないだろう。
text by 清水素子

セットリスト

  1. 1. Feed A
  2. 2. Driedup Youthful Fame
  3. 3. Deal with
  4. 4. Eyes in chase
  5. 5. HEAVEN(with INORAN)
  6. 6. Growth Arrow

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着