OLDCODEX Painter YORKE. 『WHY I P
AINT
~なぜボクがえをかくのか~』
- 第49回 My Kingdom / Echo & the
Bunnymen -

新しい1年の幕開け。
相変わらずオレはスタートが遅い。
2017年へのカウントダウンを部屋で迎える時、ソファに座り慌ててTVをつけた。


普段ほとんど見ずに部屋のオブジェの様な大きな黒いモニターが新年への7秒前を伝えてる。


新しい年を迎え、iPhoneがいつもより振動してる。
“Happy New Year!”
それぞれの1年を迎えてる友達や家族からお祝いのメッセージが届く。
TVを消して、ひとつひとつのメッセージを見ながら相手との関係を考えたりした。
なんだか新しい感情が芽生えたりして、自分自身の変化を感じたりした。
1杯のアルコールをグラスに注いで、部屋ではエコー&ザ・バニーメンが歌ってる。


この2年間、思い出すと本当にいろいろな事があった。
良い事も悪い事も半分づつくらいだなあと思う。
ただ、起きてしまった全ての事は自分のこれからが強く試される事だとも感じてる。
いっその事、全部に感謝しちゃおう。
この「WHY I PAINT」もSeason5にたどり着いた。
編集長のミオさんは、タイミングよく現れてはタイミングの良い話で帰っていく。
いつだってアーティストだという自覚をくれる人だ。


このコラムと絵が、キミの日常にどれだけ入り込めているかな。
38回のハッピーニューイヤーが少なく感じるか、多いと感じるのか。
それもまた自分次第。
ようやく1年のはじまりを意識できる様になったオレはまだまだ。そう、まだまだ。
ハッピーニューイヤー!

YORKE. / january, 2017

OLDCODEX プロフィール

オルドコデックス:2009年に結成。ラウド、ダンス、パンク等の様々な要素を取り込んだサウンド、それにインスパイアされながらアートワークを作り出すペインティングにより、観る者、聴く者の、五感を刺激する作品を打ち出している。TVアニメシリーズの主題歌を担当することも多く、『SERVAMP』『GOD EATER』『黒子のバスケ』『Free!』シリーズ等、タイアップは多岐にわたる。15年に初の日本武道館公演を行ない、16年6月に発売した4thアルバム『Fixed Engine』では、オリコンウィークリーチャート3位を記録。ライヴではYORKE.自らが制作に携わる巨大なセットという名のアートを背負い、その存在感を見せつけている。そして、バックドロップにも必ず手を加えるので、常に作り手の体温が感じられることも特徴のひとつ。国内を中心としつつ、アメリカ・台湾・中国・韓国・シンガポールでもライヴを敢行するなど、ワールドワイドな活動を行なっている。OLDCODEX オフィシャルHP

シングル「Scribble, and Beyond」2016年11月30日発売 Lantis
    • 【初回限定盤(DVD付)】
    • LACM-34538 ¥1,800(税抜)
    • 【通常盤】
    • LACM-14538 ¥1,300(税抜)
    • 【アニメ盤】
    • LACM-14539 ¥1,200(税抜)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着