OLDCODEX Painter YORKE. 『WHY I P
AINT
~なぜボクがえをかくのか~』
- 第6回 drive / incubus -

なんだかはっきりしない空が続いているとさ、
気分まで憂鬱になってくるよね。

そんな時に限ってうまくいかない事が重なったりして、人生を振り返っちゃったり。アルコールにも頼ったりしてさ。
あの頃オレは少し自棄になっていて、若さに身を任せがちな生活をしてた。色んな事のせいにして、言い訳を見つける毎日に必死だったんだろうな。

あの日も雨が降っていて、すごく眠たいのに頭が妙にハッキリしていてカーテンを開けて部屋から急いで飛び出した。
"ハンドルを握るのはこの俺なんだ"って。
あの時、急に2年間を無駄にしていたようで焦って空回り。
でもとにかく雨の中を進むしかなかったんだ。

そしてぼくは今日も絵を描く。
街には素敵な音楽が溢れているから。
OLDCODEX プロフィール

オルドコデックス:2009年に結成。ラウド、ダンス、パンク等の様々な要素を取り込んだサウンド、それにインスパイアされながらアートワークを作り出すペインティングにより、観る者、聴く者の、五感を刺激する作品を打ち出している。TVアニメシリーズの主題歌を担当することも多く、『SERVAMP』『GOD EATER』『黒子のバスケ』『Free!』シリーズ等、タイアップは多岐にわたる。15年に初の日本武道館公演を行ない、16年6月に発売した4thアルバム『Fixed Engine』では、オリコンウィークリーチャート3位を記録。ライヴではYORKE.自らが制作に携わる巨大なセットという名のアートを背負い、その存在感を見せつけている。そして、バックドロップにも必ず手を加えるので、常に作り手の体温が感じられることも特徴のひとつ。国内を中心としつつ、アメリカ・台湾・中国・韓国・シンガポールでもライヴを敢行するなど、ワールドワイドな活動を行なっている。OLDCODEX オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。