Editor's Talk Session

Editor's Talk Session

【Editor's Talk Session】
今月のテーマ:
コロナに立ち向かう
東西ライヴハウスの想い

新しい経営の仕方など
施策を考えなくてはいけない

石田
クラウドファンディングには期間がありますが、終了後はどんなことをやっていきたいと思っていますか?
広瀬
クラウドファンディングは個人的にするつもりがなかったことなので、いろんなところに還元していきたいなと思っています。店の経営に関しては助成金やいろんなところからほぼ利息のない状態でお金を借りられたので、年内はなんとか持つだろうと。そして、ちゃんと立て直した時には今まで以上にみんなが楽しんでもらえることを、人と人とのやさしさを分かってもらえるような接客ができればいいかなと思います。
烏丸
ドリンクを渡している時も笑顔が増えるということですね(笑)。
広瀬
今までだったら温かいドリンクがないかって訊かれた時、“ありません”って断ったこともあったけど、しっかり用意したいと思います!(笑)
森本
あははは。当店もいきなり潰れるということはないんですけど、やれる範囲で生ライヴにこだわりながらやっていきたいと思います。安心して来てもらえる環境をいち早く整えて発信していけたらと。
石田
話は少し変わりますが、例えばライヴハウスでバーのような経営を始める店舗などもありますが、目先を変えた営業を考えたりは?
広瀬
実は6月から昼営業をしてるんですよ。私がもともと調理師だったこともあり、昼飯を作って食べに来てもらおうかなと。そんな感じで近所の方たちもうるさいだけの店じゃなくて、美味しいものも食べれる場所と思ってもらえると、ライヴハウスへの視野も広がっていくのかなと思ってますね。
森本
当店はバー営業などできていないんですが、やりたいという気持ちはありますね。ただ、上の階のお店がお好み焼き屋さんでランチをやってるんですが、昼間は人通りが少ない街なんでなかなか売れないと聞きまして…。だから、やり方をしっかり考えないと。
千々和
確かにMOSAiCの周りは住宅街じゃないから大変ですよね。
烏丸
ライヴハウス経営が厳しいことに変わりはありませんが、おふたりの話を聞いて、信念や笑顔は失われていないことがとても嬉しいです。
千々和
クラウドファンディングってどこかカッコ悪く見えるというイメージが少しあったのですが、最近その概念が自然と崩れていきました。ライヴハウスを潰さないというのは大前提にあるとしても、店舗ごとでやり方は違うし、使いようでいいものになっていくんだと思えましたね。
岩田
私も千々和さんと同じように、どこかマイナスなイメージがありましたが、ライヴハウスのみなさんからコメントを集めているとポジティブな言葉や感謝の想いがたくさんあって、使う側も参加する側もポジティブなツールなんだと、おふたりの話も聞いて感じられました。
■music UP's
https://www.music-ups.jp
※本記事は6/20発行号にも掲載予定

■BARKS
https://www.barks.jp

■ライブハウス都雅都雅 オフィシャルHP
http://togatoga.jp/

■下北沢MOSAiC オフィシャルHP
http://mu-seum.co.jp

■OKMusic企画『Supporting Live House's Activity ~ライヴハウスの施策を紹介!~』
https://okmusic.jp/news/385974

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着