Editor's Talk Session

Editor's Talk Session

【Editor's Talk Session】
今月のテーマ:
コロナに立ち向かう
東西ライヴハウスの想い

BARKS、OKMusic、Pop'n'Roll、全日本歌謡情報センターという媒体が連携する雑誌として立ち上がったmusic UP’s だからこそ、さまざなテーマを掲げて、各編集部員がトークセッションを繰り広げる本企画。第七回目も特別編! 新型コロナウィルスの影響で窮地に立たされている中、クラウドファンディングを実施し、現状を打破するため日々経営存続へ向けた対策に取り組むライヴハウス2店舗に、今の想いを語ってもらった。
座談会参加者
    • ■烏丸哲也
    • ミュージシャン、『GiGS』副編集長、『YOUNG GUITER』編集長、BARKS編集長を経て、現JMN統括編集長。髪の毛を失った代わりに諸行無常の徳を得る。喘息持ち。
    • ■広瀬弘行
    • 京都・都雅都雅店長。調理師、整備士、電機屋、カラオケ屋、トラック野郎、バンドマン等々多彩な職種を経て現在都雅都雅に至る。離婚歴3回! BENZとFenderとワンパンマン好き。
    • ■森本真一郎
    • 下北沢MOSAiC店長を経て、2020年より有限会社ミュージアムコーポレーション取締役に就任。ライヴハウスとリハーサルスタジオを運営する傍ら、次世代アーティストが集う下北沢のサーキットフェス『KNOCKOUT FES』を主催。1978年10月7日生まれ、B型、兵庫県出身、関西育ち。
    • ■石田博嗣
    • 大阪での音楽雑誌等の編集者を経て、music UP’s&OKMusicに関わるように。編集長だったり、ライターだったり、営業だったり、猫好きだったり…いろいろ。
    • ■千々和 香苗
    • 学生の頃からライヴハウスで自主企画を行なったり、実費でフリーマガジンを制作するなど手探りに活動し、現在はmusic UP’s&OKMusicにて奮闘中。マイブームは韓国ドラマ。
    • ■岩田知大
    • 音楽雑誌の編集者、アニソンイベントの制作、アイドルの運営補佐、転職サイトの制作を経て、music UP’s&OKMusicの編集者として活躍中。元バンドマンでアニメ好き。

今年の12月までは
利益のことは考えてられない

石田
このコロナ禍の中、前々回は自粛要請が発令されて苦境にあるライヴハウスの方に参加してもらい、前回はライヴハウスを支援しているアーティストに登場してもらったのですが、今回はコロナに立ち向かっている東西のライヴハウスの方に現状をうかがいたく、おふたりに参加していただいたのですが、自粛要請が出てから2カ月ほど経った今 の状況はどんなものですか?
森本
通常営業はずっとできていないですね。3月は半分ほどライヴがなくなり、4月と5月はまったくで、6月もほぼ全滅な感じです。
広瀬
京都は3月後半が全部なくなって、非常事態宣言が発令されるまでは4月も少し営業していました。発令後は5月末日まで完全休業ということでしたが、ミュージシャンから“演奏がしたい!”という声があがっていたので、無料配信のために会場を貸しながら細々と営業をしていましたね。京都は6月1日から全面解禁となったので、その6月1日からは客席を設置して、お客さんは25人などの人数制限をしつつ営業しています。
石田
都雅都雅のキャパは50人〜200人ということなので、25人は少ないですよね。
広瀬
収益になるということはありませんね。しかし、今年の12月までは利益のことは考えてられないと思ってるんですよ。営業しても赤字が出るだろうけども、開けないわけにもいかないのでね。ライヴハウス自体が怖いところと思われてしまってるから、人が少なくても開け続けることで、ライヴハウスをもっと認知してもらえたらいいかなと思っています。私もいい歳なので、職業を変えることもできないですし、これしかやっていけないと思うと、もう一度ライヴハウスのイメージを築き直していくべきかなと。
石田
動くことは大事ですよね。ライヴハウスが動くことでアーティストの意識も高まるでしょうし。
広瀬
そうですね。あと、自粛中の間もみんな“STAY HOME”ということで自宅から配信をしてみたり、車の中からも配信してて、音楽を観せる場所がそういうシステムに取って代わられちゃう危険性も感じてたりするんですよ。“もうそれでいいじゃない”ってMVなどの映像を流しておけば、みんな喜んでくれるんじゃないかってことで落ち着いてしまう気がして。そうなるとライヴハウス自体が必要なくなってしまうので、人と人とが触れ合う場所という意味でもライヴハウスは辛抱しながらやっていかないとあかんかなと思ってます。
森本
下北沢にあるライヴハウスは配信などを結構頑張ってやっていますね。MOSAiCもYouTubeチャンネルがあるんですけど、クオリティーを気にするスタッフが多いのであんまり前のめりにやれてないんですが(笑)。個人的にも配信は大事だと思ってますね。でも、大きくお金が動くものではないので、お客さんを制限してでも生のライヴを早くやりたいという気持ちのほうが強いです。6月もほとんどのイベントがなくなっていますが、6月20日以降はできそうなライヴは10人でも入れて、ライヴハウスが動き出しているということを伝えていきたいと考えているところです。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着