Editor's Talk Session

Editor's Talk Session

【Editor's Talk Session】
今月のテーマ:
大きな目標を掲げたふたりの
シンガーソングライターの決断

音楽に関するさまざなテーマを掲げて、編集部員がトークセッションを繰り広げる本企画。第21回目のゲストは、フリーで活動するシンガーソングライターの下舘夏希Yukka。活動歴も拠点も異なるふたりだが、数カ月後にワンマンライヴを控えている。コロナ禍で予定していた路上ライヴを中止し、他のアプローチを選択した下舘と、今年から関東での路上ライヴも始めたYukka、それぞれの決断と葛藤を語ってもらった。
【座談会参加者】
    • ■下舘夏希
    • 2015年よりシンガーソングライターとして本格始動。21年1月に『ダテシモの挑戦』と銘打ち、渋谷CLUB QUATTROでのワンマン公演の開催とCD累計1,500枚完売を目標とした企画を始動。
    • ■Yukka
    • 2020年より活動開始した、関西在住のシンガーソングライター。21年にワンマンライヴ3公演を企画し、関東にも毎月遠征しながらライヴハウスや路上ライヴで精力的に 活動している。
    • ■石田博嗣
    • 大阪での音楽雑誌等の編集者を経て、music UP's&OKMusicに関わるように。編集長だったり、ライターだったり、営業だったり、猫好きだったり…いろいろ。
    • ■千々和香苗
    • 学生の頃からライヴハウスで自主企画を行ない、実費でフリーマガジンを制作するなど手探りに活動し、現在はmusic UP's&OKMusicにて奮闘中。
    • ■岩田知大
    • 音楽雑誌の編集、アニソンイベントの制作、アイドルの運営補佐、転職サイトの制作を経て、music UP's&OKMusicの編集者へ。元バンドマンでアニメ好きの大阪人。

7年半を使って売れていないなら、
想像を越えることをしなきゃいけない

千々和
コロナ禍となって、どのアーティストも思うように音楽活動ができない状況の中、ワンマンライヴの実現に向けて活動をしているシンガーソングライターのおふたりに参加していただきました。下舘夏希さんは2022年1月26日(水)に自身最大規模の渋谷CLUB QUATTROにて、Yukkaさんは2021年10月23日(土)に新横浜LiTにて関東で初めてのワンマンを予定していますが、まずはコロナ禍以前と今とでは活動にどんな変化がありますか?
下舘
もともとは芸能関係の事務所に所属していたので、シンガーソングライターと並行してタレント活動もしていました。少しだけですが、テレビやラジオへ出演させてもらったり、主催ライヴやワンマンライヴを行なっていて、対バンなどのブッキングイベントも1カ月に10本ほど出演していたんです。でも、コロナ禍に入ってから自分の中で考えることがあり、7年半お世話になった事務所を退所して、フリーの道を選びました。
千々和
退所理由は何だったのでしょうか?
下舘
2019年の時点で渋谷CLUB QUATTROでバンドを率いたワンマンライヴを計画をしていたのですが、コロナ禍になって会場が時短になったり、メンバーのスケジュール調整も難しくなったりと、いろいろリスクが高くなってしまったので、それは弾き語りでやることに切り替えたんですね。そんなワンマンの準備と併せて、『CD 1,500枚完売チャレンジ企画』も実施していて、路上ライヴをやろうと思っていたのですが、路上ライヴは事故に巻き込まれる可能性があるから危険ということで事務所的にNGで…でも、1,500枚も売るには路上ライヴができないとキツいじゃないですか。そういったことを踏まえて、自分の目標を叶えるために事務所を円満退所し、2021年に入ってから約7年振りに路上ライヴも再開しました。
千々和
渋谷CLUB QUATTRO公演をやろうと決めた理由は?
下舘
大きい事務所に7年半いたけど、それでも売れていなかったんです。オーディションを受けさせてもらえたり、いいお仕事をいただけても結局は実力不足だったので、“このまま同じことをしていてもダメだ”と思って決めました。ぶっ飛んでいることをしないと、人の心は動かせないなと。
石田
フットワーク軽く動くには、やはりフリーじゃないとね。それに目標を持って動いていたら、自分の意識も高まるし。
下舘
はい。今の自分の動員数で考えると200~300のキャパを目指すのが通常なんですけど、普通のことをしていてもダメだし、もう段階を踏んでる場合じゃなくて。7年半を使って売れてないんだったら、みんなの想像を越えることをしなきゃいけないと思ったんです。
石田
それで事務所を辞めて、いざ路上に出て頑張るぞ!というところで緊急事態宣言が発令されたんよね。
下舘
そうなんです…。マスクをしていても感染するリスクがあるので、その責任を考えて私は路上ライヴを中止しているんですけど、Yukkaさんは今も路上ライヴを精力的にされているじゃないですか。だから、今回の座談会は難しい組み合わせだなと思ったんです。私の意見が100パーセント正しいということはないし、100人いたら100人の正しさが絶対にあると思うんですよね。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着