Editor's Talk Session

Editor's Talk Session

【Editor's Talk Session】
今月のテーマ:
アーティスト性の変化と
レコード会社の在り方

音楽に関するさまざなテーマを掲げて、編集部員がトークセッションを繰り広げる本企画。第17回目のゲストは、トイズファクトリー(以下、トイズ)で新規レーベル『VIA』を発起したチーフプロデューサーの松崎 崇氏とユニバーサル ミュージック合同会社 / EMI Records(以下、EMI)のチーフプロデューサーであり、実験的プロジェクト『IMALAB』主宰の今村圭介氏。時代を先読み、新たな挑戦を続けるふたりにアーティスト性の変化であり、レーベルの意味、コロナ禍を経た音楽業界の未来などを語ってもらった。
【座談会参加者】
    • ■松崎 崇
    • トイズファクトリーのA&Rディレクター。担当アーティストはEve、マカロニえんぴつ、りりあ。、羽生まゐご、WON、HOWL BE QUIET。2020年11月にトイズファクトリー内レーベル『VIA』を立ち上げた。
    • ■今村圭介
    • ユニバーサル ミュージック合同会社 / EMI Recordsチーフプロデューサー兼『IMALAB』主宰。「何年も何十年も一緒に音楽でドキドキできる新人アーティストを探しています!」
    • ■石田博嗣
    • 大阪での音楽雑誌等の編集者を経て、music UP’s&OKMusicに関わるように。編集長だったり、ライターだったり、営業だったり、猫好きだったり…いろいろ。
    • ■千々和香苗
    • 学生の頃からライヴハウスで自主企画を行ない、実費でフリーマガジンを制作するなど手探りに活動し、現在はmusic UP’s&OKMusicにて奮闘中。
    • ■岩田知大
    • 音楽雑誌の編集、アニソンイベントの制作、アイドルの運営補佐、転職サイトの制作を経て、music UP’s&OKMusicの編集者へ。元バンドマンでアニメ好きの大阪人。

世の中が求める
アーティスト像が変わってきた

岩田
新型コロナウイルスが流行する前から音楽配信、ストリーミングが少しずつ広まっていましたが、その中で松崎さんは『VIA』という新規レーベルを立ち上げられ、今村さんは新人アーティスト発掘の実験的プロジェクト『IMALAB』をスタートさせました。まずはそれぞれ発足の経緯を教えてください。
松崎
トイズで3年前から働いていますが、BUMP OF CHICKEN、ゆず、Mr.Childrenなどビッグネームのアーティストもいて、もともとブランディングが素晴らしいレーベルだと思っていました。僕は数字を見るのが好きなので、社内の全体収支をリサーチするとどのアーティストもパッケージは強いのですが、ストリーミングや配信が強いアーティストがそこまでいなくて。そこでサブスクリプションに特化したアーティストを集めたレーベルを作りたいと考えました。
今村
それはいつ頃だったんですか?
松崎
昨年の5月くらいの話です。ちょうどコロナ禍で悶々と考えていたタイミングでしたかね。
岩田
『IMALAB』はどのタイミングから考え出したんですか?
今村
昨年くらいから新人アーティストがチャートの上位に突然出てくるようになったじゃないですか。どこか世の中が求めるアーティスト像が変わってきた感覚があって。今までのような“アルバムを出してツアーをやる”流れと違う…そもそもコロナ禍でライヴできないじゃん!ってのもありますけど。新人アーティストとかかわる中でも、“TikTokでどうやってバズるんですか?”とか“Spotifyのプレイリストはどうやって入れるんですか?”とか訊かれるようになって、A&Rが求められていることが変わってきているとも感じていたんです。でも、音楽はいいものを作らなきゃいけないわけで、“何年も何十年も一緒に音楽でドキドキできる新人アーティストを探しています”とTwitterでつぶやいたら、ブワーってそのツイートが伸びたんですよ。あれは、ニトリの駐車場でつぶやいたんですけど(笑)。
全員
(笑)。
今村
このつぶやきが350万インプレッションくらいになって。それって、僕と同じように悶々としていた人がいたということですよね。アーティストからも“音源聴いてください!”というリプライが1,000件近くあって、クリエイターやスタッフ志望の方からも“一緒にやりたいです!”と300件近くきたんですよ。だからその想いをかたちにしたいと考えたんです。すぐにクリエイターコミュニティーとして『IMALAB』を作って、現在150人近くの方に参加いただいています。
松崎
僕はリアルタイムであのつぶやきを見てましたよ。一方的にフォローさせてもらっているので。
今村
えっ! ありがとうございます。
松崎
今村さんは業界有名人ですし、レーベルも違うので、一緒にお仕事したいと思ってもなかなか接点がないから一方的にフォローさせてもらっていました。
今村
ありがたいです。『IMALAB』はそんな経緯でスタートしたこともあり、『VIA』がディストリビューターのThe Orchardさんとしっかりサブスクのかたちを作ったところとかさすがだなと思っていたこともあって、ぜひ松崎さんと話したかったんですよね。
松崎
いやぁ、嬉しいですね。メディアに話す時にも他のレーベルと何がどう違うのか具体的に話ができたほうが面白いと思ったのと、やるならCDを出していない人がいいと思ったんです。いろんな条件が整った時、トイズなんだけどディストリビューターが違うみたいなのがいいなと。それでThe Orchardさんと自然とつながっていきました。
今村
めちゃめちゃいい! 今までと完全に違うレーベルをいわゆるメジャーレーベルでデジタル特化型としてスタートさせたのがすごいなと思いました。
石田
でも、今村さんもEMIに所属しながら『IMALAB』を発足したわけですからね。
千々和
今村さんのTwitterを見た時、とにかく熱意を感じました。私がフォローしているバンドマンも結構返信していて、今村さんの今までのご経験も全部合わさっての投稿とはいえ、“SNSでも熱意を伝えることができるんだ”と。
今村
びっくりしました。フォロワーが倍くらい増えましたからね。『IMALAB』は熱量があった分、みんなが自主的に動いてくれるんですよ。いろんなプロジェクトが立ち上がって、どんどん新人アーティストの情報も入ってきて、毎週水曜日にプレイリストを更新したり、3月31日から設立されたレーベル『balami』も僕が運営しているわけじゃなくて、誰かがやりたいと言ったところから始まったんです。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着