Editor's Talk Session

Editor's Talk Session

【Editor's Talk Session】
今月のテーマ:
アーティスト性の変化と
レコード会社の在り方

結局、いいものを作りたい
というのは変わらない

岩田
コロナ禍によってもガラッと業界の考え方が変わったと思いますが、逆にコロナ禍になったことで気づけたことはありましたか?
松崎
全員同じ状況になり、みんなが大変でフラットな状態になったからこそ、どういうアクションを起こすのかが問われていると思いますね。自分が担当しているアーティストに関しては全アーティスト、オフェンシブに動けていると思います。メディアへ積極的に稼働したり、こだわったアニメーションMVをじっくり作ったり、そういう面では良かったかな? 悪かった面は…やっぱりライヴに行けないことが残念ですよね…。ライヴがない生活がこんなにつまらないものなのかと実感しています。夜はライヴを観て、打ち上げがあって、家に帰って余韻でひとりで飲み直す…そういう生活だったから、そこはかなり変化がありました。
今村
やっぱり一番はライヴの大切さですね。もう少ししたらライヴが復活してくると思うので、今の配信で立ち上がったものと両方で走りそうな感じがするから、より音楽業界は面白くなると思っています。
岩田
先ほど、レコード会社の在り方が変わってくるというお話がありましたが、音楽業界という大枠で見た時におふたりはどのようになっていくと思われますか?
今村
かなり変わると思いますね。すでに変わりつつあると感じます。アーティストとの関わり方がこんなに変わっているので、A&Rだけでなく、宣伝、販促、営業、それぞれがもっともっと変わっていくだろうと。アーティストのやりたいことが多岐にわたり始めているから、そこに順応するというか、そういうプロフェッショナルが出てきて、“やっぱりレコード会社って必要だね”となるんじゃないかな?
松崎
まさに今村さんが話してくれたことが全てだと思いますね。コロナ禍でライヴハウスやイベンター、ライヴ制作の方は本当に大変だと思うんです。レコード会社はアーカイブというかストリーミングとかがずっと動いていたりして、そういう意味で言うとまだ守られています。だからこそ、ライヴが復活した時に何を返せるかというのがすごく大事になってくると思いますね。ライヴはその反動でより盛り上がるのではないかと。抑えられていた熱量がその反動によって大爆発すると予測してます。
岩田
音楽関係者とアーティストがともに切磋琢磨しながら盛り上がっていくと。
松崎
絶対に盛り上がりますよね!
今村
盛り上がりますよ!
岩田
最後に『VIA』『IMALAB』それぞれ、これからどういった活動をされていくのか、将来的なビジョンを訊かせてください。
松崎
『VIA』は先ほども話しましたが、ずっと長くやっていくことが目標です。同じペースで走っているんだけど、いつの間にか2年、3年後に先頭集団にいる様な存在になりたいです。特別なことはやってないのにずっと同じペースで走っているからこそまとまりも出てきて、個性にもつながっていくのではないかなと。今はネットで顔出ししないアーティストの特集とかをされて一時的に注目されていますけど、そういう一過性ではなく、同じペースでコンスタントに作品をリリースし続けることが一番難しい。マラソンで言うところの優勝ではなく完走が目標です!
今村
素晴らしいです! 逆に『IMALAB』は今年で終わるんです。スタートした時に終わりを設けたんですね。もちろん、本当は長くやりたいんですよ。でも、今のこのスピード感に追いつくために、逆に期限を決めて、そこまでにみんなで結果を出そう!っていう。アウトプットしたクリエイティブがその結果だとして、僕の中でフジファブリックの「若者のすべて」という曲を志村正彦と一緒に作れたというのはやはりひとつの大きな指針になっていて…当時はまったく売れなかったんですけど(笑)、あの曲は残り続けているので、そういうものをちゃんと残し続けたいんです。結局、“いいものを作りたい”という想いは変わらないんで、それをみんなで作れたらいいなと思っています。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着