Editor's Talk Session

Editor's Talk Session

【Editor's Talk Session】
今月のテーマ:
ライヴハウスから
離れてしまった人を
もう一回集めるために

人件費を抑えながらも
クオリティーを保てている

千々和
小嶋さんはコロナ禍以前からライヴ映像を撮ることはあったと思いますが、ライヴハウスに来られない人に向けての生配信ライヴの撮影は違いました?
小嶋
大きな会場で撮影をする時は、その場でスイッチングをしながらステージサイドなどに設置されているビジョンにライヴの映像を流しているので、生配信もそれと似たような感じです。ただ、配信ライヴはSNSですごく盛り上がるんですよ。普通のライヴ映像をアップしてもそんなに盛り上がっているイメージはないんですけど、おそらく生っていうことで直結しているからこそ、配信ライヴのほうが反響は大きいです。アーティストにとっても最初は自分で生配信をするのはハードルが高かったと思います。でも、今は機材もどんどんいいものが出てきたし、プロでなくても知識のある人が増えたので、2年前の状況とはすごく変わった印象がありますね。配信に対しての基本的な知識があるからこそ、今は余裕もできていろんなことをやろうとしているんんでしょうね。映像が止まってしまうことってTV放送だと絶対に許されないのですが、そこは配信では寛容というか。なので、“試しにやってみよう”ってところもあるので、新しいことにも挑戦できていると思います。
千々和
『生きづらい;あなたへ』ではカメラは何台入れているんですか?
小嶋
5台です。ものによっては6台回しているんですけど、配信自体が5台までしか使用できないシステムなので、6台目はのちのちの編集映像に使う用として回しています。
千々和
会場でもライヴを拝見しましたが、そのあとに改めて配信で観てもまた違った印象がありましたし、一曲の中でのスイッチングの数が多いから、集中力が途切れずにあっと言う間に観終わってしまうんですよね。でも、配信チケットが1,000円とお手頃で驚きました。
小嶋
そこは福島さんがうまくやりくりをしています。機材を借りてくるのもそうだし、ライヴ撮影に興味がある人を集めてくれて、その人たちに僕が呼んだスタッフが構図を教えながら配信をしているから、人件費を抑えながらもクオリティーを保てているのかなと。
千々和
それはすごくいい現場ですね。
小嶋
でも、いつも時間はないんでハラハラすることはあります(笑)。この前もカメラがうまく動かないとか、ライヴ中に1台だけ調子が悪くなったり。まだまだ課題はありますが、費用が一気に上がりかねないので現状維持しながら進めたいと思っています。バタバタはしているけど、みんな楽しそうにやっていますね。
福島
小嶋さんや、小嶋さんが呼んできてくれる方はその道のプロなので、本当に僕はおんぶに抱っこなんですよ(笑)。絶対にカッコ良く撮ってくれるから、出演する側としても変に意識せず、自然体でライヴができています。僕が配信スタッフとして呼んでいるのはセミプロくらいの方で、昔はMV撮影をしていたけど、今は普通に就職して働いている人もいます。小嶋さんが未経験でも大丈夫な環境を作ってくれているので、僕がカメラマンをやっている時もありますからね(笑)。
千々和
そうなんですか!? 自分たちの出番の前とか?
福島
はい。僕でいいんだったら…という感じで(笑)。
石田
映像関係で駆け出しの人にとっては嬉しい現場ですね。
福島
そうだと思います。そのセミプロの方は1公演だけ参加する予定だったけど、久しぶりの現場で楽しくなったのか、“ここまできたから全部やらせてください!”と言ってくれて嬉しかったです。
小嶋
僕が呼んでいる方はストレイテナーの撮影を長年していたりするので、知識をいっぱい持っていて、それを余すことなく教えてくれるから勉強になっている気がしますね。僕も毎回“なるほどなぁ”ということがありますし。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着