G-NEXT POWER PUSH !  BRADIO

G-NEXT POWER PUSH !  BRADIO

【INTERVIEW:BRADIO】
愛されたいから
ライヴをやっているし、
愛したいから
ライヴをやっている

G-NEXT POWER PUSH !  BRADIO
G-NEXT POWER PUSH !  真行寺貴秋(Vo)
G-NEXT POWER PUSH !  真行寺貴秋(Vo)
G-NEXT POWER PUSH !  真行寺貴秋(Vo)
G-NEXT POWER PUSH !  大山聡一(Gu&Vo)
G-NEXT POWER PUSH !  大山聡一(Gu&Vo)
G-NEXT POWER PUSH !  大山聡一(Gu&Vo)
G-NEXT POWER PUSH !  酒井亮輔(Ba&Vo)
G-NEXT POWER PUSH !  酒井亮輔(Ba&Vo)
G-NEXT POWER PUSH !  酒井亮輔(Ba&Vo)
G-NEXT POWER PUSH !  BRADIO
G-NEXT POWER PUSH !  BRADIO
G-NEXT POWER PUSH !  BRADIO
BRADIO × 大槻優衣・林なな(日本工学院専門学校 蒲田校コンサートイベント科)
BRADIO × 大槻優衣・林なな(日本工学院専門学校 蒲田校コンサートイベント科)
BRADIO
アルバム『YES』【初回限定盤】
アルバム『YES』【通常盤】
コラボ企画『G-NEXT』の第5回目は、メジャー1stフルアルバム『YES』をリリースしたばかりのBRADIO! パワフルなライヴをする彼らの原動力と、9月から始まるツアーに対する意気込みを語ってもらった。
日本工学院専門学校×GYAO!×OKMusic Presents
【G-NEXT POWER PUSH ! #5_INTERVIEW:BRADIO】
——まずは、この『YES』というアルバムをどのようなコンセプトで制作したのかということをお聞かせください。

真行寺:僕らはいつも制作過程を大事にするところがあって、その過程も踏まえてコンセプトが決まるんです。今年に入ってからメンバー脱退があった中で、やっぱりそれでも止まりたくないという想いが自分たちの音楽に対してあったことが原動力になったんだと思ってる。今までになかったようなグルーブっていうのも意識したし。制作の段階で “イエス!  よっしゃ!”って思える瞬間だったり、プレイだったり…タイトルを決める時も“どんな制作だったかな”“それがどんな時間だったのかな”って振り返っていく中で、いろいろ出てきたんですけどね。みんな、それに対しては良くも悪くもすごい顔に出るんで(笑)。

大山:あははは!

真行寺:(笑)。毎回“う~ん”って難を見せるところもあったりするんですけど。でも、この『YES』に関しては本当に3人がひとつになったというか、これまでの自分たちを表しているのはもう“YES”って言葉しかないよねって感じで決めました。“これぞBRADIOだ!”と思ってもらえたらという自信の表れも、この言葉には含まれていて。自分たちや聴いてもらった人たちの全てを全肯定できるようなアルバムができたと思います。
G-NEXT POWER PUSH !  真行寺貴秋(Vo)

G-NEXT POWER PUSH !  真行寺貴秋(Vo)

——この作品には今までとは違う意識やギアが切り替わった部分が、マインド的にも音楽的にもあるのではと思ったんですが。

酒井:やっぱり一番大きかったのはメンバーが変わったこと。それでも良い方向に行って、本当に迷いもなく、止まらずに活動ができました。もし、そこで止まっていたらこのアルバムも出せなかったくらいの出来事だったんですが、めちゃくちゃいいアルバムができたなぁっていうのはありますね。

真行寺:そうですね…(しばらく考えて)ワーナーさんはお金持ってるなーって。

全員:(爆笑)。

真行寺:でも、いよいよ自分たちでやってることに価値が出てくるんじゃないかなって感じはしました。

大山:もちろんバンドをやってるからにはライヴでお客さんと楽しみたいなっていうのはあるんだけど、その前に作品を作って、自分が作ったものを誰かが評価してくれて、その人数が多くなっていくことはものすごく嬉しいことなので。今回のこのアルバムに関しては自分たちの出し方が良かったというか、メジャー1stアルバムとしては良い作品ができたと思います。

——ライヴで大切にしていることは何かありますか?

真行寺:僕は“愛こそが全て”だと思っていて。例えば農家の人が野菜を育てる時、その野菜を愛して出荷して、それを消費者がまた愛してくれる。こういう作業を大事にしたいなと思った時期がありましたね。相手に求めるだけではなく、振り向かせたいのならまずは自分からって。ライヴはコミュニケーションだと思っています。

——9月からは『YES』を引っ提げて約3カ月にわたるツアーが始まりますね。

大山:昨日、ちょうどメンバーミーティングをしたんですよ。どういうコンセプトでやりたいとかアイデアを出し合ったので、ツアーの準備がやっと始まったという感じがしています。自分たちの中でもツアーの世界観が頭に浮かび始めているので、まずはめちゃくちゃ楽しめたらなって。公演数も多いし、各地で待っていただいているファンの方たちと久しぶりに会って、一緒に音楽ができることが楽しみです。
G-NEXT POWER PUSH !  大山聡一(Gu&Vo)

G-NEXT POWER PUSH !  大山聡一(Gu&Vo)

——たくさんのライヴハウスを回って、最終日はNHKホール。過去最大キャパとなりますが最終日だけホールにしたのは何か意図があってなのでしょうか?

真行寺:なんでホールにしようってなったんだっけ?

大山:彼はいつも“会場どこにしようか?”って決める時は基本的に話を聞いていない(笑)。

真行寺:髪の毛が邪魔で聞こえない(笑)。

大山:(笑)。前回、中野サンプラザホールでワンマンをしたんだけど、自分たちとしてはライヴハウスとホールのどっちが好きというのはあまりなくて。今回のツアーにおいては、“前回を超えてやりたいよね”という話があったくらいかな。で、そうなったような。

——(笑)。では、最後の質問なんですが、みなさんがライヴをするのは何のため、もしくは誰のためなんでしょうか?

酒井:う〜ん、難しい質問だなぁ…。ライヴの熱量を感じた時、お客さんとのコミュニケーションができた時とか、そういうプライスレスな時間はやっぱりやめられないからかな。音源に生の魂を乗せてぶつけたいから、共感したいから、ライヴをやるんだという気持ちはありますね。

真行寺:愛されたいからライヴをやってるし、愛したいからライヴをやってる。それがたまたま僕は音楽だっただけで、究極は音楽じゃなくてもいいわけです。でも、僕は音楽でひとつ、そういうことをやりたいと思っています。
G-NEXT POWER PUSH !  酒井亮輔(Ba&Vo)

G-NEXT POWER PUSH !  酒井亮輔(Ba&Vo)

撮影:村上大地/取材:林なな、大槻優衣
(日本工学院専門学校 蒲田校コンサート・イベント科)

アルバム『YES』2018年7月4日発売 WARNER MUSIC JAPAN
    • 【初回限定盤(DVD付)】
    • WPZL-31474〜5 ¥3,800(税抜)
    • 【通常盤】
    • WPCL-12896 ¥3,000(税抜)

『YES Release tour 2018~ORE to OMAE de BOOM BOOM BOOM~』

■対バン公演
9/08(土) 熊本・B.9 V1
w)UNCHAIN
9/09(日) 鹿児島・CAPARVO HALL
w)UNCHAIN
9/15(土) 京都・KYOTO MUSE
w)OKAMOTO'S
9/16(日) 鳥取・米子AZTiC laughs
w)OKAMOTO'S
9/22(土) 高知・X-pt.
w)Creepy Nuts
9/23(日) 兵庫・MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎
w)夜の本気ダンス
9/29(土) 岩手・CLUB CHANGE WAVE
w)感覚ピエロ
9/30(日) 福島・郡山 CLUB #9
w)感覚ピエロ
10/06(土) 静岡・LiveHouse 浜松 窓枠
w)UNISON SQUARE GARDEN
10/08(月) 石川・金沢EIGHT HALL
w)グッドモーニングアメリカ
10/13(土) 長野・CLUB JUNK BOX
w)BLUE ENCOUNT
10/14(日) 群馬・高崎club FLEEZ
w)BLUE ENCOUNT
■ワンマン公演
10/20(土) 広島・CLUB QUATTRO
10/21(日) 香川・高松MONSTER
10/27(土) 福岡・DRUM LOGOS
11/03(土) 新潟・ LOTS
11/04(日) 宮城・仙台darwin
11/10(土) 北海道・札幌ペニーレーン24
11/16(金) 愛知・DIAMOND HALL
11/18(日) 大阪・なんばHatch
11/22(木) 東京・NHKホール

【G-NEXT POWER PUSH !とは】

日本工学院専門学校、GYAO!、OKMusicが共同で次世代のネクストブレイクアーティストを毎月ピックアップしていくコラボレーション企画。新しい才能を発信していく。

■GYAO! G-NEXTページ
https://gyao.yahoo.co.jp/feature/music/g-next/
■日本工学院専門学校コンサート・イベント科
http://www.neec.ac.jp/department/music/concertevent/

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。