OLDCODEX Painter YORKE.
『WHY I PAINT
~なぜボクがえをかくのか~』
- 第58回 Hard to Say / The Used -

日曜日。
オレはツアーの真っ最中。
2日目の公演を控えた昼に父親と会った。
体調が万全ではないから、ライヴを観たいけど会場まで行くのが厳しいと言ってた。
一緒にランチを取り、オレは会場へ。
「お前を待ってるヤツへ会いに行ってこい」
握手した父親の手はあったかく強かった。
9月から“they go, Where?”と掲げて始めた全国Tour。
ライヴハウスからホールへ会場を変え、Where?の答えを探しに行く。
舞台のセットは更にPaintingした欠片を繋ぎ合わせて大きな1でその存在感を増してる。
不思議だなあ。
制作した過程を思い出しながら、リハーサルの舞台で寝転がって見上げてみたり。
不思議だなあ。
照明のせいだけじゃないと思う。
大きなアートワークが意志を持ち始めて
今にも動き出しそう。

ショーが開演。
目の前にはOLDCODEX、それにYORKE.を待ってるみんな。
舞台に上がれば、オレはいつだってYORKE.だ。
この背中には色々なモノが乗っかってる。
それを感じながらキャンバスへ何度も挑み、
マイクを掴んでは叫んで、囁くように届ける。
ただ絵を描き歌うだけ。
前向きで力強い夜の後、母親から短い連絡が来た。
父親が倒れた。
心肺停止というショッキングな報告から、病院へ駆け付けた頃、なんとか命は繋がってた。
手足を拘束され、人工呼吸器とたくさんの管に繋がれた男。
オレはただ静かに彼の姿を目に焼き付けるように見てる。
「恐れるな。どんなにこわくても目を背けるな。」
子どもの頃のオレがそこにいて、父さんの声を聞いてた。

そしてオレは彼の冷たい親指を握り、次の舞台へ向かう。
YORKE.を待ってくれてるキミに会いに行く。
言葉では言い難い事実を受け入れても行かなきゃ。

YORKE. / October, 2017

OLDCODEX プロフィール

オルドコデックス:2009年に結成。ラウド、ダンス、パンク等の様々な要素を取り込んだサウンド、それにインスパイアされながらアートワークを作り出すペインティングにより、観る者、聴く者の、五感を刺激する作品を打ち出している。TVアニメシリーズの主題歌を担当することも多く、『SERVAMP』『GOD EATER』『黒子のバスケ』『Free!』シリーズ等、タイアップは多岐にわたる。15年に初の日本武道館公演を行ない、16年6月に発売した4thアルバム『Fixed Engine』では、オリコンウィークリーチャート3位を記録。ライヴではYORKE.自らが制作に携わる巨大なセットという名のアートを背負い、その存在感を見せつけている。そして、バックドロップにも必ず手を加えるので、常に作り手の体温が感じられることも特徴のひとつ。国内を中心としつつ、アメリカ・台湾・中国・韓国・シンガポールでもライヴを敢行するなど、ワールドワイドな活動を行なっている。OLDCODEX オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。