【RADWIMPS】『10th ANNIVERSARY LI
VE TOUR FINAL RADWIMPSのはじまりは
じまり』2015年12月23日 at 幕張メッ
セ国際展示場4~6ホール

撮影:植本一子/取材:帆苅智之

 「トレモロ」のイントロと同時に、幕張メッセの天井にレーザー照明で彩られた星空が浮かび上がった時、隣にいた子が思わず“もう泣きそう”と声を上げたのが印象的だった。そんな何とも感動的な光景でスタートした本公演。光の演出は「透明人間18号」や「俺色スカイ」等、随所で見られたが、コンサートの本質はそこではなく、メンバー3人+サポートドラマーふたりが奏でるバンドの音であったこと。そして、この日、集まった3万超のオーディエンスがそのバンドの音を希求していることが何よりも頼もしかった。まるで楽器バトルのように桑原彰(Gu)と武田祐介(Ba)のソロパートが掛け合いを続けた「遠恋」、派手さこそないがジャジーなグルーブで聴かせる「π」、また、野田洋次郎(Vo&Gu)主演映画『トイレのピエタ』の主題歌で、“ライヴで歌うのは初めての大事な曲”と演奏された「ピクニック」がその代表格であっただろう。とりわけ「ピクニック」はバンドアレンジ自体が初披露だったこともあって、個々の音が丁寧に構築されていく様子、その音の粒のひとつひとつを聴き逃さんとする観客の緊張感すら伝わってくるような空気があった。後半、「おしゃかしゃま」から「いいんですか?」と続いて、「君と羊と青」「会心の一撃」での盛り上げ方はもはや定番と言って差し支えなく、こうしたライヴのかたちがあるという自体が、RADWIMPSの10年間の軌跡を雄弁に語っていたとも言える。さらなる10年が確実に見えた10周年の節目のライヴであった。

セットリスト

  1. トレモロ
  2. ます。
  3. 透明人間18号
  4. 億万笑者
  5. 遠恋
  6. ヒキコモリロリン
  7. もしも
  8. 俺色スカイ
  9. π
  10. G行為
  11. Tummy
  12. 有心論
  13. ピクニック
  14. 25コ目の染色体
  15. DADA
  16. おしゃかしゃま
  17. いいんですか?
  18. 君と羊と青
  19. 会心の一撃
  20. オーダーメイド
  21. <ENCORE>
  22. お風呂あがりの
  23. シザースタンド
  24. 05410-(ん)
  25. ふたりごと
RADWIMPS プロフィール

ラッドウィンプス:2001年結成、05年メジャーデビュー。ロック・ジャズ・ヒップホップから民族音楽まで縦横無尽に織り込まれ、“ジャンル”という既存の枠組にとらわれない音楽性と、恋愛から死生観まで、哲学的、時にロマンチックに描き出した歌詞で、思春期を過ごす世代を中心に大きな支持を受けている。また、16年夏公開のアニメ映画『君の名は。』の音楽全般を担当し、バンドサウンドのみならず劇伴音楽でも多彩な作曲性を発揮し、非常に高い評価を得た。RADWINPS オフィシャルHP
RADWINPS オフィシャルTwitter
RADWINPS オフィシャルFacebook
オフィシャルYouTube
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント