【RADWIMPS】『「RADWIMPS GRAND PR
IX 2014 実況生中継」会心の一撃編』
2014年3月8日 at 横浜アリーナ

撮影:古渓一道/取材:田山雄士

 “ただいま! ヤバい、超楽しいな。やっぱり違うんですよ、地元の横浜でやるのは。あ、手も治ったよ。カメハメ波はもう撃たない(笑)”。

 そんな野田洋次郎(Vo&Gu)のMCからも伝わる通り、この日のRADWIMPSは絶好調! アリーナならではの演出や照明で楽しませつつ、序盤からとびっきりの高揚感で会場が包まれる。「DARMA GRAND PRIX」では山口智史(Dr&Cho)と武田祐介(Ba&Cho)による鋼のように強靭なビートが渦巻く中、桑原彰(Gu&Cho)のカッティングが軽快に交わり、野田のヴォーカルも起伏に富んだメロディーの波に乗って駆け抜けていく。一方、「Tummy」「パーフェクトベイビー」といったナンバーは観客の大きな手拍子にも支えられ、ピースフルなムードで好対照に聴かせる。また、スキル面では各メンバーがさまざな楽器をプレイするなど全員がマルチプレイヤーになってきていて、4人で演奏するという強い意志がバンドを急激に進化させていたのは特筆すべき点だろう。中盤以降はキラーチューンが目白押し。イントロのスクラッチノイズで沸いた「実況中継」は“神 vs 仏”の掛け合いをはじめ、そのエキセントリックさに本当にゾクゾクさせられた。

 友達との絆、この島国が抱える憂鬱、ラブ&ピースの本質…目の覚めるようなタフな演奏で、その後もたくさんの気付きをくれた4人。最後に深々と頭を下げた彼らに対し、オーディエンスは盛大な拍手と“ありがとう!”の声を返す。ポジティブなエネルギーの交感が、圧倒的で感動的なライヴの成功を物語っていた。

セットリスト

  1. 現在ツアー中のため、セットリストの公表を控えさせていただきます。
RADWIMPS プロフィール

ラッドウィンプス:2001年結成、05年メジャーデビュー。ロック・ジャズ・ヒップホップから民族音楽まで縦横無尽に織り込まれ、“ジャンル”という既存の枠組にとらわれない音楽性と、恋愛から死生観まで、哲学的、時にロマンチックに描き出した歌詞で、思春期を過ごす世代を中心に大きな支持を受けている。また、16年夏公開のアニメ映画『君の名は。』の音楽全般を担当し、バンドサウンドのみならず劇伴音楽でも多彩な作曲性を発揮し、非常に高い評価を得た。RADWINPS オフィシャルHP
RADWINPS オフィシャルTwitter
RADWINPS オフィシャルFacebook
オフィシャルYouTube
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着