【RADWIMPS】『RADWIMPS 絶体延命ツ
アー』2011年4月29日 at さいたまス
ーパーアリーナ

撮影:古渓一道/取材:ジャガー

 聴く度にカーッと胸の奥の方が熱くなり、速度を上げてドクンドクンと脈を打つ。自分が今ここにいることの確証を得られたような安心感に包まれ、聴き応えのあったアルバム『絶体絶命』。二年という歳月を経て誕生した同作は、比類のないRADWIMPSの音楽性をさらに研ぎ澄ました傑作だ。どう足掻いても“自分はひとり”ということに変わりはなく、どの曲からも孤独は見え隠れする。しかし、そこに対して不安は感じない。孤独の先に無限に広がる、もっと自由な世界が見えるから。切っても切り離させない“生と死”の下、慈しみ合う美しさがひとつひとつの音、ひとつひとつの言霊にしっかりと宿っていた。
 そんなアルバムを携えて4月から始まったツアーは、開演から息をするのも惜しむほどの高い完成度を誇っていた。素晴らしい楽曲を最高の状態で演出する美しい映像や照明の数々、熱気が充満したフロアで感じる空気、この瞬間にしか味わえないという贅沢な気持ちに浸りながらも、一瞬たりとも気を抜けないという心地良い緊張感。ライヴ特有の独特の空気感の中、かき鳴らされる音に素直に反応していくオーデェンス。イントロが鳴らされるや否や歓喜の声が上がった「DUGOUT」は、想像を優に超える肉厚なサウンドで迫り来れば、野田洋次郎(Vo&Gu)のハートウォーミングな歌声が冴え渡った「透明人間18号」はただ聴き惚れてしまう。楽曲に落とし込まれた熱量がひしひしと伝わってくるのと同じく、バンドがすごく良好な状態であることが分かったライヴだった。

セットリスト

  1. 現在ツアー中のため、セットリストの公表を控えさせていただきます。
RADWIMPS プロフィール

ラッドウィンプス:2001年結成、05年メジャーデビュー。ロック・ジャズ・ヒップホップから民族音楽まで縦横無尽に織り込まれ、“ジャンル”という既存の枠組にとらわれない音楽性と、恋愛から死生観まで、哲学的、時にロマンチックに描き出した歌詞で、思春期を過ごす世代を中心に大きな支持を受けている。また、16年夏公開のアニメ映画『君の名は。』の音楽全般を担当し、バンドサウンドのみならず劇伴音楽でも多彩な作曲性を発揮し、非常に高い評価を得た。RADWINPS オフィシャルHP
RADWINPS オフィシャルTwitter
RADWINPS オフィシャルFacebook
オフィシャルYouTube
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着