Tsubasa Shimada(PRIZMAX) presents『Wet Crate』

Tsubasa Shimada(PRIZMAX) presents『Wet Crate』

Tsubasa Shimada(PRIZMAX)
presents『Wet Crate』
- 第35回 Joe Sample -

PRIZMAXのパフォーマーでありながらDJとしても活躍する島田翼が、長年集め続けた珠玉のレコードコレクションの中からお気に入りを紹介する、偏ったエゴ満載の連載企画。この機会にぜひ、ループミュージックの世界観に浸ってみてはいかがでしょうか?

島田翼です。
僕は平成8年生まれですから、生きているなかで元号が変わることははじめてでありまして、時代の変化を体感する貴重なゴールデンウィークです。

我々PRIZMAXは平成の終わりに大きな変化を迎え、滑り込むように一枚のアルバムを世界に向けてドロップしました。いまや音楽は波形情報となって世界中を飛び回り、どこの国の、誰が耳にしているか、それは令和何年のことなのか、僕には想像することしかできません。

それはレコードも同じです。いま僕が中古で買ったレコードが、ひとつ前はどこの、どんな人が所持していたものなのか、ではふたつ前は…そしてその人はこの音楽とどんなエピソードがあったのか、どんな出会いをしたのか。
引っ越しで止む無く手放されたレコードなのかな。もしかしたらコレクションしすぎて誰かに怒られた結果勝手に売り飛ばされたものなのかな。など。音楽は旅をします。
家のレコードコレクションを整理しているとひとつひとつの盤を手に取りながらそんなことを考えています。

このJoe Sampleのレコードは僕が昨年末に横浜のディスクユニオンで棚の奥の奥から引っ張り出してきたものです。音楽に詳しくなくても、いろんな思い出や過去のことを想像しながら、ゆっくり針を落とす時間を設けてみると、なんだか音楽の情報だけでなく、そのレコードの声までが聴こえるような気がするんです。
Tsubasa Shimada(PRIZMAX) プロフィール

シマダツバサ:幼少の頃よりダンサーとしてのキャリアを積み、高校生の時にニューヨークへ単身短期留学に発つ。現在はダンス&ヴォーカルユニット、PRIZMAXのパフォーマーとしてステージに立つかたわら、DJや写真などのカルチャーに没頭する。縦横無尽にさまざまな音楽体験を経た中で、現在はダンスミュージックに着地し、ミニマルな繰り返しの中で独自のグルーヴを紡ぎ出すDJプレイで空間を彩る。ハウスミュージックの疾走感と共に、芸能界屈指のDJ/レコード・ディガーを目指し音の旅を続ける。PRIZMAX オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。