【DIR EN GREY】『TOUR14 PSYCHONNE
CT -mode of "GAUZE"?』2014年8月30
日 at 新木場STUDIO COAST

撮影:今井 卓/取材:金澤隆志

 “今日はちょっと面白かったよ”。終演後、メンバー全員がステージを去りひとりだけ残った京(Vo)は、笑みを浮かべながらポツリと言った。彼がこういったトーンでオーディエンスに語りかけるのはあまり見た記憶がない。

 1999年のアルバム『GAUZE』に伴う初のメジャーツアー。その続編が15年の時を経て再開。今、なぜ『GAUZE』なのか? 2014年のDIR EN GREYが『GAUZE』の楽曲を再現するさまを目にして感じた“違和感”は、このツアーの目的が懐古趣味の探訪ではなく、“過去との対峙”にあることを感じた。

 『GAUZE』の楽曲はバンドが近年の作品やステージで描く、重心を低めに取った音像とは大きくかけ離れている。楽曲のアプローチが違えば、プレイやステージングも変わってくる。彼らは一度は肉体を離れた15年前の幻影を今一度自らに憑依させることで、現在の彼らに融合、進化を遂げようとしたのではないか? それは『GAUZE』 楽曲の狭間で「輪郭」が、あるいはアンコールで「SUSTAIN THE UNTRUTH」や新曲が披露された際、一層強く感じられた。「蜜と唾」が新旧の2バージョンでプレイされたのも、進化過程を示すという意味で同じかもしれない。

 間もなく発売されるアルバムについての“期待を絶対に裏切らないから”という京の去り際の言葉は、本ツアーの出来とも無縁ではない。筆者はこのファイナル公演を体感したことで、アルバム『ARCHE』の全貌どころか片鱗さえも想像できなくなった。できるとすれば、それは“過去と現在と未来を結ぶもの”ということだけだ。

セットリスト

  1. GAUZE -mode of adam-
  2. ゆらめき
  3. MASK
  4. Cage
  5. 蒼い月
  6. 輪郭
  7. アクロの丘
  8. mazohyst of decadence
  9. 蜜と唾
  10. 304号室、白死の桜
  11. raison detre
  12. Schweinの椅子
  13. 蜜と唾
  14. <ENCORE>
  15. 予感
  16. 新曲
  17. SUSTAIN THE UNTRUTH
  18. 羅刹国
  19. 激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇
DIR EN GREY プロフィール

ディル・アン・グレイ:カテゴライズ不能かつ不要なロックバンド。1997年の結成当時から全米デビューを果たした現在に至るまでの間、音楽的にも視覚的にも変化を重ねてきた一方で、徹底的に自分たちのロックを追求しようとする姿勢は変わっていない。いくつものトレンドが生まれては消え、消費されるだけの音楽が存在理由を失っていく中、彼らの創造するものがジャンルや国境の壁を超えながら共鳴を集めている理由は、まさにそこにある。DIR EN GREY オフィシャルHP
DIR EN GREY オフィシャルTwitter
DIR EN GREY オフィシャルFacebook
DIR EN GREY オフィシャルYouTube
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント