【sukekiyo】『sukekiyo 二〇一五年
公演 「宙吊り娘と掃き溜めの詩」』
2015年12月2日 at 東京国際フォーラ
ム・ホールC

撮影:尾形隆夫/取材:清水素子

 ゆらめく光の中、眼前に広がるのは見てはいけない禁断の世界ーー。懐古趣味なCMから京(Vo)の朗読による詩が流れ、完全なる映画仕立てで幕開けたステージは、ロックバンドの概念を破る衝撃の連続だった。修道女のようなヴェールを纏って登場した京が、ストイックな出で立ちの下に素肌を垣間見せて究極のエロスを醸すと、舞台上の天蓋は紫煙のように漂う「foster mother」で真っ赤なサーカステントに、幻想にうねる「aftermath」で青い褥(しとね)へと変化。幽玄の世界を「hidden one」からの荒ぶるプレイが破壊すれば、京が振る鈴の音と舞踏家・工藤丈輝による人外なパフォーマンスが畏れをかき立て、狂気と退廃と悲愴に満ちた物語のめくるめく展開に、着席したままのオーディエンスは息を詰めるばかりだ。

 中でも驚くべきは、強烈な毒気を放つ世界観とダイナミックなバンドアクトとの見事な融合である。曲に没頭して時に舞台を這いずり、舞い踊る京はもちろん、楽器隊もピアノやヴィオリラなど多彩な楽器を用いて、物語を艶やかに紡ぎながら活き活きと躍動し、そのシルエットがステージに大写しになった「vandal」は圧巻。そんなリアルな衝動がクライマックスのボンテージ女性によるSMショウという劇場型演出の異端ぶりを、さらに際立たせてゆく。アンティークソファに腰掛けて倒錯の光景をジッと見つめ、自らも百合の花で柔肌を打ちつける京は、この日、映像と詩を交えて綴られた物語の当事者であり語り部。愛を求め、彷徨う少女が手に入れるのは偽物の愛か、それとも? 答えは4月の続編公演“桜肌、夢締め跡と優越の詩”で明らかにされるだろう。

セットリスト

  1. SESSION〜
  2. foster mother
  3. Aftermath
  4. hidden one
  5. scars like velvet
  6. 斑人間
  7. 烏有の空
  8. in all weathers
  9. Celeste
  10. Vandal
  11. the daemon's cutlery
  12. 耳ゾゾ
  13. Zephyr
  14. leather field
  15. 〜SESSION
DIR EN GREY プロフィール

ディル・アン・グレイ:カテゴライズ不能かつ不要なロックバンド。1997年の結成当時から全米デビューを果たした現在に至るまでの間、音楽的にも視覚的にも変化を重ねてきた一方で、徹底的に自分たちのロックを追求しようとする姿勢は変わっていない。いくつものトレンドが生まれては消え、消費されるだけの音楽が存在理由を失っていく中、彼らの創造するものがジャンルや国境の壁を超えながら共鳴を集めている理由は、まさにそこにある。DIR EN GREY オフィシャルHP
DIR EN GREY オフィシャルTwitter
DIR EN GREY オフィシャルFacebook
DIR EN GREY オフィシャルYouTube
Wikipedia

sukekiyo プロフィール

スケキヨ:DIR EN GREYの京(Vo)が、詩集、写真集、絵、イラストに続く新たなプロジェクトとして結成。他のメンバーは匠(Gu&Piano)、UTA(Gu)、YUCHI(Ba)、未架(Dr)。13年年末のシークレットライヴ2本を経て、14年元日、世界111カ国のiTunes Storeにて「aftermath」のミュージックビデオを配信し、本格始動を開始。sukekiyo オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント