キャンプと音楽とクラフトビールに酔
いしれる『麦ノ秋音楽祭2024 #Harve
st』MONKEY MAJIK、坂本美雨×関口シ
ンゴ×U-zhaan、Caravanら第2弾出演
者を発表

5月11日(土)・12日(日)にCOEDOクラフトビール醸造所(埼玉県東松山市)で開催される『麦ノ秋音楽祭2024 #Harvest』の第2弾出演アーティストが発表となった。
5月11日(土)に、宮城県在住の4ピースハイブリッドロック・バンド MONKEY MAJIKが初参戦。前回、キャンプエリアでの焚火ライブにシークレット出演し話題を集めたCaravanが登場。そして、第1回目の麦ノ秋音楽祭からこのフェスを盛り上げているFLYING KIDS浜崎貴司も出演。
5月12日(日)は、昨年5月の麦ノ秋音楽祭で初共演した藤原さくら優河が新たなプロジェクト・Jane Jadeとして麦ノ秋にカムバック。地元・川越出身のタブラ奏者U-zhaanが、今回は坂本美雨・関口シンゴと共に出演。圧倒的なボーカル力で人々を魅了する元KalafinaのHikaruがソロシンガーとして初参戦。ROCK'A'TRENCH・山森大輔ASIAN KUNG-FU GENERATION・伊地知潔らによるName the Night。そして、ヴァイオリニストNAOTO率いる弦楽四重奏とロックボーカリストが共演するROCKIN’ QUARTETのボーカリストが発表され、歴代のボーカリスト6名全員の出演が決定。大木伸夫ACIDMAN)、ホリエアツシストレイテナー)、山田将司THE BACK HORN)、村松拓Nothing's Carved In Stone)、TOSHI-LOW(BRAHMAN / OAU)、内澤崇仁(androp)が麦ノ秋音楽祭に集結する。
都心からのアクセスも良く、自然に囲まれたコエドブルワリーでキャンプと音楽、そしてクラフトビールを楽しめる『麦ノ秋音楽祭』。会場の特色はみんなで育てる広大な麦畑があること。年に2回開催され、秋(#Seeds)に来場者と共に大麦の種を撒き、春(#Harvest)には黄金の麦畑を眺めながらみんなで乾杯。さらに、収穫した麦の一部を使って醸造した限定ビールも飲むことができる。
『麦ノ秋音楽祭2024 #Harvest』の入場券は1月27日(土)10:00よりイープラスにて一般発売開始。キャンプチケットやキャンプブランドDODとのコラボレーションによる手ぶらでキャンプ、場外駐車場チケットも同時発売となる。また、今回から中学生〜19歳のチケットが大幅にディスカウントされ、1日券が2,000円、2日通し券が4,000円となった。小学生以下は保護者同伴で無料。こども連れのファミリー層も参加しやすいフェスとなっている。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着