2022年8月8日 at 東京ガーデンシアター

2022年8月8日 at 東京ガーデンシアター

【超特急 ライヴレポート】
『BULLET TRAIN
10th Anniversary Tour 2022
Progress』8号車の日
2022年8月8日
at 東京ガーデンシアター

2022年8月8日 at 東京ガーデンシアター
2022年8月8日 at 東京ガーデンシアター
2022年8月8日 at 東京ガーデンシアター
2022年8月8日 at 東京ガーデンシアター
2022年8月8日 at 東京ガーデンシアター
2022年8月8日 at 東京ガーデンシアター
2022年8月8日 at 東京ガーデンシアター
2022年8月8日 at 東京ガーデンシアター
2022年8月8日 at 東京ガーデンシアター
2022年8月8日 at 東京ガーデンシアター
2022年8月8日 at 東京ガーデンシアター
2022年8月8日 at 東京ガーデンシアター
2022年8月8日 at 東京ガーデンシアター
2022年8月8日 at 東京ガーデンシアター
2022年8月8日 at 東京ガーデンシアター
2022年8月8日 at 東京ガーデンシアター
2022年8月8日 at 東京ガーデンシアター
2022年8月8日 at 東京ガーデンシアター
 今年の6月にデビュー10周年を迎えた超特急。『Progress』は約3年振りのホールツアーとなり、全国10都市で18公演が行なわれた。8月8日に開催された東京ガーデンシアターでのライヴは追加公演。超特急ファンの呼称である8号車にちなんだ“8月8日=8号車の日”に相応しい濃密な内容であった。

 オープニングムービーを経て、カイ、リョウガ、タクヤ、ユーキ、タカシが登場。「a kind of love」がスタートすると、会場は瞬く間に一体感で包まれた。そして、さわやかなムードを一気にハイテンションなものに切り替えたのが「激おこスティックファイナリアリティぷんぷんドリームわ~るど」。続いて「Secret Express」「SAY NO」「Beauty Spider」「Four Seasons」も届けられ、8号車やステージ上のメンバーたちの笑顔がどんどん輝いていく。楽曲の多彩な魅力を存分に体感できるオープニングであった。

 「Drive on week」「Summer love」「Kiss Me Baby」「キズナアルゴリズム」「浮つきWAVES」「CARNAVAL」が怒涛の勢いで駆け抜けるスペシャルメドレーを経て迎えたMCタイム。ステージセットのあちらこちらに隠れている11羽のウサギの位置がスクリーンに映し出されて、“そんなところにもウサギがいたんだ!”と8号車が沸いたりもした場面を経て突入したのは、謎のグループとしてこのツアーに毎回登場して各地を盛り上げていた5人組“ぴょん特急”によるライヴだった。披露されたのは「ウサギミック」など4曲。本来ならばダンサー4人による曲であるはずの「Добрый день」をヴォーカルのたかぴょん(気のせいだと思うが、タカシにどこか似ている…)が急遽ひとりで踊ることになるなど、キュートな観どころが満載のステージを繰り広げてくれた。

 タカシの歌とカイのラップがロマンチックな空間を作り上げた「Chill out@JP」を経て、ステージ全体を覆った紗幕。映像とリンクしたパフォーマンスでメンバーたちが遊園地のアトラクションを表現したコーナーは、華やかな遊び心で満ち溢れていた。そして、「超えてアバンチュール」を皮切りになだれ込んだ終盤はアツいナンバーの連続。エネルギッシュに鳴り響いた「BREAK OFF」、ハイテンションな5人が興奮の限界突破へと誘ってくれた「バッタマン」、客席内で掲げられたペンライトがものすごい勢いで揺れた「Don’t Stop 恋」。そして、“10年間の感謝と、これからの10年間への感謝を込めて”というリョウガの言葉が添えられて、本編ラストに届けられた「クレッシェンド」。超特急のこれまでの軌跡と、未来へ進む意志をじっくりと伝えてくれる曲であった。

 アンコールで「Burn!」と「走れ!!!!超特急」の披露後、手を振りながらステージをあとにしたメンバーたち。エンディングムービーが流れて終演を迎えたのかと思いきや、イメージカラーのスーツを着た5人が戻ってきた。そして、メンバーを代表して大切な発表をしたリョウガ。ツアーの初日に新メンバーオーディション『超特急募』が行なわれる旨がアナウンスされ、着々と進められていたメンバー選考が終了し、ついに新メンバーが決定したのだという。“新メンバーをこの場でみなさんに発表していきたいと思っております”という言葉を聞いて、8号車はドキドキしながらステージを見つめていた。

 バックヴォーカル・11号車シューヤ、メインダンサー・12号車マサヒロ、メインダンサー・13号車アロハ、メインダンサー・14号車ハル――4人が加入し、一気に9人編成になるというのは、おそらく多くの8号車にとって予想外だったに違いない。ステージに現れた新メンバーたちは、活動に懸ける強い気持ちを言葉にして伝えてくれた。

“僕は音楽番組でタカシくんのアツい想いを聞き、“タカシくんの隣で歌いたい、この人を支えたい”と思い、オーディションを受けました。そして今日、ここに立てることを本当に嬉しく思っています。今日までの超特急、10年間に感謝と敬意を持ち、東京ドームを目指して全力で走って行きます!”(シューヤ)

“このステージを楽しみにして来ました。これから9人でパフォーマンスをしていきますが、8号車のみなさまに勇気と元気をお届けできるように、全力でパフォーマンスをしていきます。温かい応援をよろしくお願いします!”(マサヒロ)

“僕は超特急に憧れて今の事務所に入りました。こんな夢のようなオーディションに参加できて、今こうしてメンバーになれたことが本当に嬉しいです。10年間で築き上げてきたこの空気感を大事にして、これから頑張っていきます。8号車のみなさま、スタッフのみなさん、メンバーのみなさん、よろしくお願いします!”(アロハ)

“初心を忘れずに、8号車のみなさまを含め、周りの方々に感謝をして…僕はまだ17歳ですが、“超特急というチームを引っ張っていくぞ!”という気持ちで、これからもっともっと頑張りたいです。ぜひ応援をよろしくお願いします!”(ハル)

 4人の挨拶に続いて、先輩5人も想いを語ってくれた。

“人の人生を左右させてしまうことって初めてだったので、押しつぶされそうになったりもしたんですけど、こうやって9人と同じ舞台に立てているということが本当に嬉しいです。ひとりひとりの個性が強いです。“負けたくない!”“俺はもっと強くなれる!”って思える新メンバーを選ばせていただきました”(タカシ)

“10年って本当に長かったけど、まだ諦めていないんですよ、夢。8号車のみんなと一緒にまだまだ目指すところがあるので。絶対に東京ドーム、日産スタジアムに立つ夢も叶えて、みなさんと進んで行きたいと思っています。5人の場所も大切にしながら、新しく入ったメンバーといっぱい最高の思い出を作っていけたらいいなと思っています”(ユーキ)

“この4名は最終オーディションで僕に感動を与えてくれました。審査員としてそれはどうなのかなと思うんですけど、泣きそうになってしまいました。“こいつらと一緒ならもっともっと夢の先に行けるんじゃないかな?”って心の底から思いました。4人の挨拶を聞いて分かると思うけど、めちゃめちゃいい子たちなんで、応援してあげてください”(タクヤ)

“この合格が正解だったのかは、今はまだ分かっていません。正解にしていくべきだと思っているし、正解にしていくためには今この瞬間を大事に積み重ねて、未来につなげていくことが大切だと思っています。まだ出会っていない8号車にも出会いたいけれど、今までかかわってくれた人たち、ここにいるみんなをまずは連れて行くべきだと思っています。信じてついてきてください”(カイ)

“この9人になることで今までの5人の超特急は“終わってしまう”という言い方をするとあれですけど、終わってしまいます。でも、超特急の歴史自体はどこまでも、いつまでも続いていきます。この9人、8号車の方々を合わせた俺たち超特急なら絶対に大丈夫です。これからもこの9人をよろしくお願いします!”(リョウガ)

 9人各々の言葉が、8号車の心を強く動かしているのが周囲の空気から伝わってきた。そして、“まだ一曲残っております。9人で初めて披露する曲。俺たち超特急ならどこまでも行けます。レールの先の先まで”とリョウガが言い、ステージ上の9人と会場にいる8号車たちが一緒に“僕たちが超特急です!”と言ったのを合図に「gr8est journey」がスタート。様々な新鮮なフォーメーション描きながら繰り広げられた9人のパフォーマンスは、超特急の新たな旅が始まったことを強く実感させてくれた。

 全曲を披露して、ステージを後にした9人の超特急。最後までステージに残っていたタカシが去り際に発した“まだまだ諦めへんからな!”という言葉が力強かった。そして、スクリーンに映し出された発表。10月12日にニューシングル「宇宙ドライブ」をリリース、9月にリリースイベントを開催、アリーナツアー『新世界 -NEW WORLD-』を12月24日に国立代々木競技場 第一体育館と12月25日に大阪城ホールで開催――新体制となった超特急は、全速力で走り続ける。今後の彼らの動きからも目を離せない。

撮影:米山三郎・笹森健一/取材:田中 大


セットリスト

  1. 01. a kind of love
  2. 02. 激おこスティックファイナリアリティぷんぷんドリームわ〜るど
  3. 03. SAY NO
  4. 04. Beasty Spider
  5. 05. Four Seasons
  6. 06. Drive on week
  7. 07. Summer love
  8. 08. Kiss Me Baby
  9. 09. キズナアルゴリズム
  10. 10. 浮つきWAVES
  11. 11. CALNAVAL
  12. 12. ウサギミック
  13. 13. Guilty
  14. 14. Добрый день
  15. 15. Full moon
  16. 16. Chill out@JP
  17. 17. 超えてアバンチュール
  18. 18. BREAK OFF
  19. 19. バッタマン
  20. 20. Don't Stop 恋
  21. 21. クレッシェンド
  22. <ENCORE1>
  23. 01. Burn!
  24. 02. 走れ!!!!超特急
  25. <ENCORE2>
  26. gr8est journey

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着