L→R カイ、リョウガ、タクヤ、ユーキ、タカシ

L→R カイ、リョウガ、タクヤ、ユーキ、タカシ

【超特急 インタビュー】
超特急がニッポンの夏を元気に!
Viva! Samba!!

“超特急の妹分”として華麗に変身したBULLET PINKでは、LINE MUSICのウィークリーチャートで1位を獲得するなど、シーンに旋風を巻き起こした超特急。待望の新作「CARNAVAL」は驚きのサンバ曲で、リオのカーニバルを思わせる賑やかなサウンドとビジュアルは必聴&必見だ。無条件に元気が湧くナンバーで、2021年の夏を乗り切ってほしい。

バカみたいに騒いで元気になれる、
これぞ超特急!な曲にしたかった

この春は“超特急の妹分”という名目でBULLET PINKとしての活動をしていたのもあり、今回の「CARNAVAL」が超特急としては2021年の初リリースになりますね。

タクヤ
僕個人のイメージとしては通常のシングルには並ばない、ちょっと別枠なイメージなんですよ。嬉しいことにBULLET PINKが思った以上にバズって、この流れを止めないためにも、さらに面白い企画をやろうというところから始まったんで、どちらかと言うとBULLET PINKの延長線上みたいなイメージ。
リョウガ
BULLET PINKでハードルがすごく上がっていたんで、“これ以上どうすればいいんだ!?”って思っていたら、サンバというまったく違う角度からのテーマが来て。ビジュアルもBULLET PINK以上の派手さというか衝撃があって、うまく前回のイメージを上書きできた気がします。

確かにド派手なサンバ曲ですし、普通はこんなカーニバル衣装でアーティスト写真は撮りませんよね。

ユーキ
でも、僕的には“次のシングルを出すんだったら、バカみたいに騒いで元気になれる曲にしたい”と思ってたんです。今、ステージでコントをする『コント×超特急』もやっているんですけど、4月の公演でモーニング娘。さんの「恋愛レボリューション21」を披露していて。あの楽曲って不景気の時にバズった曲じゃないですか。今って当時と状況が似ている気がするから、スタッフにも“とにかく明るくて日本を元気にできる、それが超特急だ!っていうはっちゃけた曲を出したいです”と伝えていたんです。こういう時期だからこそ、逆の方向に行きたいという想いがすごくあったんですよね。
タクヤ
実現したじゃん!
ユーキ
そう。曲のキャッチフレーズも“超特急がニッポンを元気にします”になっているし、そこは嬉しかったです。ただ、こんな曲になるとは思ってなかった(笑)。
カイ
曲をもらった時、正直言って“すごいうるさい曲だな”って純粋に思った(笑)。でも、7月に出すから季節的にはぴったりだし、自分たちまでアツくなって“夏を乗り越えよう!”という気持ちになれる曲ですよね。

ホイッスルの音色も賑やかだし、タカシさんは歌うにあたりサンバの勉強とかされたりしました?

タカシ
サンバの勉強は…してないです(笑)。それよりもノリかなって。あとは、ポルトガル語が散りばめられつつもベースは日本語の歌詞なので、僕の好きな歌謡曲テイストを織り交ぜると、和洋ミックスみたいな感じになって面白いんじゃないかと。サウンドがかなり派手だから、逆に自分が担当しているAメロやサビは落ち着いて歌いました。
タクヤ
ポルトガル語の落ちサビは、なんか笑っちゃうんですよ。
リョウガ
渋いおじさんみたいに歌うんだよね。“Eu te quero〜”って。

えっ、甘くていい感じじゃないですか。日本語で言うと“君が欲しい”“君を愛してる”と愛を囁く重要な場面ですし、タカシさんも気合が入っているのでは?

タカシ
そうですね。間奏の盛り上がりから急に落ち着くパートで、しかも3行しかないから、特に大事にした印象があります。
タクヤ
ただ、その直前の“Ola!”っていう煽りを“リョウガ!”に歌い替えて、リョウガが歌い始めたら面白いってレコーディング中に盛り上がってたから、もうリョウガの声で脳内再生されちゃうんですよ! 
リョウガ
もしかしたらライヴであるかもしれないよね。
タカシ
ライヴで曲が浸透したら、あり得るかもしれないですね。リョウガに始まり、あとは日替わりでどんどん別のメンバーが歌っていくっていう。
カイ
身体にアントニオ・バンデラスを降ろして、情熱的なゾロを憑依させないと!

タカシさんのメロウな歌に対し、ダンサー陣が振りきれたテンションでかけ声やラップを入れているという、そのギャップがまたいいですよね。

リョウガ
確かに。かけ声は号車順に全員が全箇所を録って、あとから割り振られたという流れなんですが、これまで10年ぶんの経験があるから意外と苦戦せずにできました。
タクヤ
うん。楽しかったです。
ユーキ
Bメロのラップも嬉しかったですね。ラップで自分の声がちゃんと聴こえるっていうのが新鮮だった。
カイ
あと、やっぱり落ちサビは心を込めて歌いましたね。感情を作ってAメロの《Bonito》から歌って…まぁ、全然使われませんでしたけど。
リョウガ
そう言えばレコーディングの時に歌ってたよね。何で歌ってたの? そこはタカシのパートって決まってるから!

それくらい歌いたくなる曲だったと(笑)。

カイ
そうですね(笑)。簡単にメロディーが入ってくる曲で、ラップとかもあってすごく歌いやすいなぁと思ったんで、ぜひ歌ってほしいです。カラオケとかで急に一発目に歌って引かれてほしい。
リョウガ
引かれんのかい!(笑)
L→R カイ、リョウガ、タクヤ、ユーキ、タカシ
カイ
リョウガ
タクヤ
ユーキ
タカシ
配信シングル「CARNAVAL」

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着